無農薬玄米等の美味しいお米を販売。農家おすすめの美味しいお米を産地直送で販売/通販する産直お米通販のお店。美味しい玄米のお米通販、有機栽培米のお米通販ならここ!
 
例)玄米 発芽玄米 無洗米 もち米 雑穀米 米粉 真空パック
ようこそ、ゲストさん

メンバー・ログイン S
- トップページ - はじめての方へ - よくある質問(FAQ)
美味しいお米をみつけよう
農場だより一覧

gensenmaiをフォローしましょう 農場だよりをFacebookで配信中 
内山ライスフィールド カモ 仕事中。
2017年 6月 25日
仕事中
仕事中
稲は順調に生育して来ています。
カモもそれに合わせるように大きくなっています。

今回カラスにやられないように見守って来たので
今年は大丈夫の様です。

時折丘に上がって一休みです。
内山ライスフィールドの農場だよりへ
中谷農事組合法人 年間予約のプレゼント用のぶどうー順調です!
2017年 6月 25日

コウノトリ、野生復帰に取り組んではや12年、今年も当地から野生のコウノトリが巣立って野生のコウノトリが全国に100となりました。コウノトリ舞い降りるコシヒカリ年間予約のお客様プレゼント用のフジミノリ、今年も順調です!
中谷農事組合法人の農場だよりへ
木村農園 この白い塊は何だ…?
2017年 6月 24日
答えはカエルの卵です
答えはカエルの卵です
田んぼの畦を歩いていると、白い塊があるので、近寄ってみると、アオガエルの卵を含んだ泡に塊でした。
モリアオガエルかシュレーゲルアオガエルの卵だと思います。
木村農園の農場だよりへ
天然ミネラルライス・小さな竹美人 今日も植えてます
2017年 6月 23日
植え付け途中
植え付け途中
ヒノヒカリの植え付けが、半分ほど終わりました
今日は風が強く、植え付け環境としてはあまり
良く無かったです
後の補修が大変でした
天然ミネラルライス・小さな竹美人の農場だよりへ
かわなべ農園 殿様ガエル
2017年 6月 23日
タニシを従えて?
タニシを従えて?
大きな殿様ガエルに会いました、ジャンボタニシを従えて?いる様です( ^)o(^ )
 先日のトランプ大統領のパリ協定離脱、(おいおい何考えているのか?と言いたくなります!)色々な難しい問題があるとは思いますが、地球温暖化による干ばつ、ス−パ−台風などの豪雨災害、etc,自然は人間に対して大きなしっぺ返しをやろうと身構えているように思えてなりません( *´艸`)毎日田んぼに出て、最前線の現場で働く者からすれば、肌で感じる切実な思いです。今年はカラ梅雨、雨が何日も降り続いたかと思うと、ある日から晴天ばかり続き、(雨季と乾季のある熱帯地方か?と思ってしまいます)農作物は悲鳴を上げています。なんとか全世界で仲良く手をつなぎながら対策をうってほしいものです!”(-””-)”
かわなべ農園の農場だよりへ
東町自然有機農法 時間指定枠の変更について
2017年 6月 19日

本日より発送を依頼しておりますヤマト運輸で時間指定枠の変更がありました。
以下の2点です。

(1)12時〜14時の配達が廃止
(2)20時〜21時の枠が廃止 → 19時〜21時を新設
ご迷惑をおかけいたしますが何卒ご理解いただきたく存じます。

今後とも東町自然有機農法をよろしくお願い致します。

東町自然有機農法 沖野谷
東町自然有機農法の農場だよりへ
いのファーム 荷物の重量上限の変更のお知らせ
2017年 6月 18日

5月下旬にヤマト運輸より、
配達ドライバーの労働環境の改善のため、
荷物の重量の上限について、
30kgの発送が廃止となるとの通達がございました。

つきましては、以下の事項を改定させて頂きます。

6月18日発送分より ヤマト運輸(クロネコ)さんが、集荷荷物の重量について、上限を30kgとしていましたが今後25kgに変更するとの連絡を頂き苦慮している所です。
今まで30kgで発送していましたが25kgに変更しなければなりません。

【1】荷物重量の上限の変更 ------------------

荷物一箱の重量の上限が25kgまで、となります。


【2】特価の大袋のキロ数の変更 ------------------

30kg入りの販売を終了し、
新しく25kg入りの袋での販売を開始いたします。

※本日中に、重量区分の改定および、
 大袋のキロ数変更の作業をさせていただきます。

ご愛顧頂いております皆様には、
ご負担をお掛けし誠に恐れ入りますが、
何卒ご理解の上、ご了承賜りますようお願い申し上げます。
いのファームの農場だよりへ
佐渡・矢田農園 始まりました!トンボの羽化
2017年 6月 16日

低温注意報が連日出ている佐渡です!

寒いし、稲の様子もちょっとおもしろくありません。

こんな調子なので

平年より数日遅めの トンボの羽化が始まりました!

しかしながら、衝撃の事実が・・・・
ヤゴが田んぼに少ないのです!

理由を考えましたが

どうやら、新しく導入した除草機かも。

水を少なめにして

田んぼの表面を隙間無くかき混ぜる構造なので

もしかすると、ヤゴちゃん達をやっつけてしまったかもしれません。

まさかの事態に、ちょっとショックを感じてしまいましたが

来年は、水を多めにして、除草機を回そうかと今からノートに書いておきます。

もう数日観察してみます

肝心なお米ですが、予約数量を調整しております。
佐渡・矢田農園の農場だよりへ
(有)内山農産 荷物の重量上限の変更のお知らせ
2017年 6月 12日

平素はご愛顧賜りまして誠にありがとうございます。

5月下旬にヤマト運輸より、
配達ドライバーの労働環境の改善のため、
荷物の重量の上限について、
30kgの発送が廃止となるとの通達がございました。

つきましては、以下の事項を改定させて頂きます。

【1】荷物重量の上限の変更 ------------------

荷物一箱の重量の上限が25kgまで、となります。

今後は、25kgごとに送料がかかります。

また、商品によっては25kg以下であっても
複数の箱での発送となる場合は、
箱数に応じて送料をご負担頂きます。

【2】特価の大袋のキロ数の変更 ------------------

30kg入りの販売を終了し、
新しく25kg入りの袋での販売を開始いたします。

※本日中に、重量区分の改定および、
 大袋のキロ数変更の作業をさせていただきます。

ご愛顧頂いております皆様には、
ご負担をお掛けし誠に恐れ入りますが、
何卒ご理解の上、ご了承賜りますようお願い申し上げます。
(有)内山農産の農場だよりへ
おいらの田んぼ 2回目の除草作業をしています。
2017年 6月 11日

いつもは一人でやるのですが、ことしは息子に手伝ってもらってます。歳をとっても口では負けないけれど、さすがに田んぼの中を押して歩くのは年々しんどい。ということでちょっと太めの息子のダイエットもかねてやってもらっています。きょうはお天気も良くて絶好の除草機日和り。おかげて快適に終えることができました(^o^) 
ところで、手で取っているこの田んぼ。どこにイネがあるのかわからないほど草が生えています。除草剤を使っているのにこんなに草が生えています。管理が悪いのかそれとも長年薬を使っているせいないのか、薬が効かなくなっているのです(T_T)
おいらの田んぼの農場だよりへ
エコファーム高橋  除草開始です。
2017年 6月 11日

田植え終了してから2週間が過ぎました。
生育は順調ですが、やはり草も出てきました。

今年は手強そうなので田植え機の植え付け部分を除草機に取り換えて
作業開始!
綺麗に取れますが、すぐにまた草は出てくるので・・・負けずに
作業したいと思います。

除草作業も圃場管理も頑張ります!
エコファーム高橋の農場だよりへ
わたなべふぁーむ アイガモ待機中
2017年 6月 10日
アイガモ
アイガモ
田んぼに入れる予定のアイガモ君たちはビニールハウスの中で待機中です。
彼らもイネももう少し大きくなったら勤務開始です。
わたなべふぁーむの農場だよりへ
辻農産 順調に育ってます。辻農産のお米
2017年 6月 10日

今年も天候に恵まれ例年通り、5月上旬に田植えが終了しました。先日、東海地方も梅雨入りとなり、田んぼの水入れも『一休み』といきたいところだったのですが、ちょっと問題が発生してしまいました。何が問題だったかというとタニシがお米の苗を食い荒らしている事が分かり、食い荒らされた場所にまた、苗を植える作業(手苗)をする事になった事でした。大変な作業でしたが根気よく手苗をして、なんとか現状回復できました。自然相手の仕事は何が起こるか予想も付きませんが、田んぼのパトロールを毎日、欠かさず行っていた為、最小限に被害で済みました。
辻農産の農場だよりへ
電気農場 電気農場日記 2017年6月8日
2017年 6月 8日
田んぼの除草作業開始
田んぼの除草作業開始
田植えが終わった途端に天候が悪くなって、なんだか6月は雨。けっこう寒いです。

やきもきしながら天候の回復を待ち、日が差したらすぐに野菜の定植と豆・雑穀畑の耕起をしました。
今年は春先ずっと寒かったせいか、野菜の生育も遅れ気味です。
先に定植したスナップエンドウやズッキーニはやっと小さな実を付けはじめました。
と、ズッキーニをよく眺めてみると、緑のズッキーニを植えたはずの株のいくつかに黄色い実が・・・・あれ?植え間違えた?種を間違えた?自家採種なので、もしかしたら交雑してしまった?

雑穀も早く種まきしてしまいたいのだけれど、畑を耕した段階でタイムアップ。
再び雨に濡れる日々。
そうなると今度は有機田の機械除草。雨でも支障ありません。
先に田植えした圃場はもう10日以上経っているので、田面には雑草の芽がたくさん生えています。
そこを除草機でガンガンかき回していくのはちょっと痛快。
今日は一日冷たい雨。雨に震えながら一日中除草機の植えで震えていました。
明日はまた晴れるみたい。雑穀の種まき、出来るといいなあ。
電気農場の農場だよりへ
宇佐のどん百姓 苗も順調に育っています。
2017年 6月 6日
お遊びの空中スイカが大きくぶら下がるか楽しみです。
お遊びの空中スイカが大きくぶら下がるか楽しみです。
あと、2週間後には早い圃場で田植えができそうです。
息抜きで植えたスイカがそろそろ食べごろになり、毎日、巻きヒゲが枯れるのを今か今かと待っています。
宇佐のどん百姓の農場だよりへ
有限会社ばんば すくすくと育っています。(^o^)
2017年 6月 6日
4月下旬に植えた稲はすくすくと育っています。
4月下旬に植えた稲はすくすくと育っています。
田植えも終わり、育苗ハウスの片付けをおこなっております。
4月下旬に植えた稲は、好天に恵まれすくすくと育っています。秋まで順調に育って欲しいです。
有限会社ばんばの農場だよりへ
万宝院ファーム わらび採り
2017年 6月 4日
小国町わらび採り
小国町わらび採り
先日は隣町の小国町へわらび採りへ行ってきました。

わらびはおひたしにすると絶品です。素朴な田舎の味は最高です。

毎年4,5月はこしらぶら、タラの芽、ぜんまい、こごみ、わらび等、多くの種類の山菜が採れ、自然の豊かさに感謝です。
天童市から引っ越して来られた方は、飯豊町へ移住する前は、この時期になると毎朝3時に起床し、飯豊へ山菜採りに来ていたとのこと。
飯豊町、小国町は県内でも山菜採りで有名なんですね。

それにしても飯豊町は昨日も今日も寒くて最低気温は一桁台!!

昨日早朝に東京から夜行バスで米沢に着くと、雨と寒さで薄着のまま帰省してしまったことを後悔。。。

寒さと暑さがはっきりした気候が美味しい農作物を育むんだと飯豊の天からの恵みに感謝です。それにしても寒すぎです。。都会育ちのもやしっ子にはなかなかこたえます!
万宝院ファームの農場だよりへ
フォレストファーム 田植えが終わりました。
2017年 6月 2日

無事、田植えが終わりました。

田植えと、1回目の除草作業はセット作業です。

除草作業をしていたら、今シーズン初のトンボを発見。

この田んぼの除草作業中、私の周りを飛び回ってくれたフレンドリーなトンボたちでした。

稔良い秋を迎えられますように。
フォレストファームの農場だよりへ
自作農家の米屋 佐々木米穀店 小さなお客様
2017年 5月 30日
トラクターと小鳥たち
トラクターと小鳥たち
いよいよ春の繁忙期もクライマックス直前となりました。
昨日から最後の田植えに向けた代かき作業を行っております。
春の日差しが注ぐ中作業をしていると、トラクターの周りに小さなお客様がたくさん応援に来てくれました!

農薬や化学肥料を最小限に抑えることにより、田んぼやその周辺には幼い頃に夢中になって捕まえたザリガニやどじょうをはじめ、たくさんの生き物たちが暮らしております。
そんな生き物たちを求め、鳥たちが集まって来ます。
田植えが終わり落ち着いた頃には、蛍が見られることも!

田んぼ周囲の生態系は、私たちにとって小さな癒しとなっております。
自作農家の米屋 佐々木米穀店の農場だよりへ
佐藤農場 「籾付き雪中保存米」の出荷が可能になりました
2017年 5月 25日
籾付き雪中保存米
籾付き雪中保存米
籾付き雪中保存米が検査から戻り、何時でも出荷が可能です。
検査結果は、もちろん全て1等米!
お米屋さんから購入するお米は、殆どのお米がブレンドされています。
魚沼産コシヒカリ同士のブレンドでも、1等米から3等米までがブレンドされてしまいます。
また、新潟県は都内のお米販売店を毎年抜き取りで買い取り、DNA検査を実施しています。
その結果、県外産のコシヒカリや他品種のお米がブレンドされている事の判明しています。あまりにも含有量の多い販売店は新潟県が刑事告発をしています。
私が販売するお米は私が作ったお米だけを直接販売していますので、お米屋やお店で購入することはできません。
「残留農薬ゼロ」「安心・安全」だけでなく、私が作った美味しくて新鮮なお米をどうぞご賞味下さい。
佐藤農場の農場だよりへ
信州茅野米沢ファーム 苗 順調です!!
2017年 5月 5日

苗間が茶色から緑色に変わりました。
苗自体も全体的に出揃い、田植えまでもう一息です。
信州茅野米沢ファームの農場だよりへ
白井農園 田植が終わりました。
2017年 5月 1日
田植の様子
田植の様子
4月26日から田植をしていましたが、今日でほぼ終了しました。息子の友人が手伝いに来てくれて、若いからパワーがあって、苗運びから苗出し、肥料補給まで、運転手を待たせずというか、休みを与えずに作業効率をアップさせてくれたので、予定より早く終わりました。
無事終わって、嬉しいです。片づけて、今度は、ハウスのトマトやキュウリの管理を頑張ります。
白井農園の農場だよりへ
田中ファーム 順調です
2017年 4月 27日

稲穂の力

21日に芽出し完了後
露地に並べた“あきたこまち”

寒さにも負けず、
すくすくと生育しております。
田中ファームの農場だよりへ
しまさき農園 苗代に苗並べ
2017年 4月 26日

種籾の温湯処理(お湯で殺菌)→温度をかけて芽出し→苗並べと、ここまできました。
苗半作という言葉がある通り、コメ作りにおいて苗を育てるのは一番神経を使います。
1枚1枚並べるのでもちろん体力も使います。
路地のプール育苗なので霜対策や高温対策も必要ですが、丈夫な苗に育ってくれる事を祈ります。
しまさき農園の農場だよりへ
ささき農園 《ひとめぼれ》順調に育っています
2017年 4月 22日
4月13日の種まきから10日目です
4月13日の種まきから10日目です
種まきから10日目です。順調に育っています。毎年思います。こんな小さな命からたくさんの実(米)がなぜできるんだろうかと。今年も私たちの命を支えてくれます。感謝です。
ささき農園の農場だよりへ
百笑のたなか 平成29年度種まき
2017年 4月 21日
平成29年産種まき始まりました
平成29年産種まき始まりました
 やっと冬の寒さから解放されました。
桜も散り農繁期がの時期になりました。

私達の孫も新1年生になりカバンが重いと嘆きながら
元気に4キロの通学に奮闘しています。

4月も下旬になりそろそろ田植えの準備段階です。
先日種まきも終わりすくすくと育っています。

5月のGWには田植えが始まり本格的に忙しくなって来ます。

収穫は9月の上旬くらいです。

お楽しみしていてください。

今年は新たな挑戦をしています。



元気と安心”ひょうごの食”

兵庫県は兵庫産の農林水産物及びこれらを主原料として
製造された加工品の内、安全・安心で個性・特徴が
ある食品を「兵庫県認証食品」として認証しています。

そこでより安全な素材を提供していきます。

[ひょうご推奨ブランド]に認証に申請しています。
百笑のたなかの農場だよりへ
木津みずほ生産組合 播種作業が始まりました
2017年 4月 14日

当組合も6日から播種作業が始まりました。

1日で約4000枚播種し、2日間加温室に入れて出芽させてからハウスに並べます。
一旦播種した苗箱を加温室に入れることで、均等に出芽させることができます。

この工程を4回行いますので、全部で約16000枚ほど播種をします。

播種作業を行うと、いよいよ春だなという気持ちになります。
皆さまに美味しいお米を届けられるように、米づくりの土台となる、苗づくりをしっかりと行いたいと思います。
木津みずほ生産組合の農場だよりへ
マルヘイ農園 いよいよ米作り開始!
2017年 4月 12日
種の芽出し
種の芽出し
4月に入りましたが米沢はまだまだ寒く、お花見はしばらくお預けのようです。
さて、今年度も米作りが始まりました。まずは、温湯処理(殺虫剤、殺菌剤等未使用)をした種もみを水に着けています。この後、保温器に入れ芽を出します。
マルヘイ農園の農場だよりへ
ボンブ(ウ)ガルテン 「春はあけぼの」ばかりでなく夕方も
2017年 4月 10日

 おとといは急な風のために中断してしまった育苗ハウスのビニール掛け作業でしたが、今日は絶好の日和となりました。通常、一日のうちで風の無いのは早朝のみ。この時間帯だけが、ビニールを被せるには最適のひと時です。

 他の作業も交えながらのことだったので、すべてが終わったのは夕方近くなった頃でした。満月かなと思ったら、どうやら十四夜のようです。月を見ながらぼんやりとたたずんでいると、こころがおだやかになってきて、春はあけぼの、だけではないなーと思ってしまうのでした。街で毎日を暮らす人は、春の夕暮れをどんなふうに感じていらっしゃうのでしょうか。きっと、人それぞれでしょうね。

 ビニールハウスも準備が整い、いよいよお米作りが本格化します。
ボンブ(ウ)ガルテンの農場だよりへ
加賀農園 旬の筍
2017年 4月 9日

ようやく、こちらも桜が満開になり筍の出荷も始まりました!
加賀農園の農場だよりへ
アグリファーム相馬 うぐいすの初鳴きが聴けました。
2017年 4月 7日
種籾の浸漬中です。
種籾の浸漬中です。
 裏の里山でうぐいすの初鳴きが聴こえました。昨年より2日遅いようです。 忙しくなりそうです。
アグリファーム相馬の農場だよりへ
ファーム佐藤 種まき終了しました
2017年 4月 3日
種まきの様子
種まきの様子
今年もお手伝いが来てくれてにぎやかに種まきが終了しました。元気に育ってくれることを祈ってます。
ファーム佐藤の農場だよりへ
上伊那農民組合 伊那市の「おみやげ推奨品」
2017年 3月 31日

おかげさまで、白毛餅が伊那市観光協会の「おみやげ推奨品」に認定されました。
伊那市発祥のこの古代もち米。全国にますます発進していきたいと思います。
上伊那農民組合の農場だよりへ
米ハウス 平成28年産有機コシヒカリの食味検査値アップします
2017年 3月 23日

平成28年の食味値検査、今年初めに届いていたのですが、改めてアップします
食味値の見方は以下を参考にしてください。

<食味測定値の見方>

●食味値
 食味値は、赤外線分析器でアミローズ、タンパク質、水分、脂肪の酸化度を測定し、食味方程式により値を算出します。実際に食べて判定する官能検査を基本としており、官能検査の判定と同様の結果が数値で表されます。

 85以上 極上米
 80〜85 良質米
 75〜80 やや良
 70〜75 普通米
 65〜70 やや劣
 65以下 劣る米

●水分(米の中の水分含有率)
標準値 14%〜16% (水分が多すぎると保存性が悪くなる)

●タンパク(米の中のタンパク質含有率)
 数値が低いほどふっくらと炊きあがり「おいしい」とされています。
 7.0%以下    ふっくら米(優良米)
 7.1〜7.9%  普通米
 8.0%以上    劣る米

●アミロース(米の中のアミロース含有率)
アミロースとは?・米の中のデンプンに含まれる粘りを構成する成分
 数値が低いほど粘りが強いことを表す
 17〜19%   粘りが強い(優良米)
 19〜20%   粘りがある(普通米)
 20〜21%   劣る米

●脂肪酸度
数値が高いほど酸化(古米化)が進んでいるとされています。
 10以下  良質米
 10〜20 普通
 20    酸化米(古米)
米ハウスの農場だよりへ
黒川農場 春祭り
2017年 3月 22日

五穀豊穣を祈願しての春祭り。今年も豊作の年にしてください。美味しいお米もお願いします。
黒川農場の農場だよりへ
岡野農園 春の始まりは。。。とまとから
2017年 3月 16日

岡野農園では春の訪れをつげる作業、
トマトの定植ベットを作る作業を行いました。

晴れの日は、田んぼで畔塗作業や起耕作業を進めますので天気の悪い日を利用してハウス内で作業を行います。
ぬか、牡蠣殻、ギョカスなどの有機肥料を散布して写真の年代物の耕耘機で耕し鍬でベットを作ります。
一日がかりの肉体労働作業になります。
このトマトのベットを作ると毎年春が来たのを実感します。ここからが岡野農園の春の農繁期がはじまります!
田植え野菜の定植と進めて行き、毎年気が付くと6月と
言った感じです。。。今年も農繁期頑張ります。
岡野農園の農場だよりへ
小出農場 スノーキャンドル
2017年 2月 19日
スノーキャンドル
スノーキャンドル
昨日は妙高市のイベントでスノーキャンドル開催されました。

普段、雪で暗くなる妙高を少しでも明るくしようというイベントです。

雪の灯籠にロウソクを灯して明るく致しました。

各、家々でオリジナルの灯籠作り楽しみました。
小出農場の農場だよりへ
鈴木農園 さいの神
2017年 1月 17日
燃え上がるさいの神
燃え上がるさいの神
今年もさいの神を1月15日に作りました。
竹で骨組みを作り豆殻などを積み上げわらとばで巻いて仕上げます。今年もはざ架け有機古代黒もちのわらを使いました。五穀豊穣と無病息災を願って力強く燃え上がりました。
火が一段落したら持ち寄ったするめを焼いて楽しみます。
今年も無事秋を迎えられますように!
追伸:昨年暮れにもち加工所を新装しました、ご注文お待ちしております。
鈴木農園の農場だよりへ
万願寺あきたこまち生産組合 ダイヤモンドダスト
2017年 1月 16日
久しぶりのダイヤモンド
久しぶりのダイヤモンド
朝の気温が氷点下13℃となった昨日、降り積もる雪空から久しぶりの青空が広がり、ダイヤモンドダストが舞い上がりました。
春の苗を作るパイプハウスも雪がくっつき、トンネルみたいになっています。
降り積もる雪が、春の田んぼの貴重な水となります。
除雪は大変ですが、春をめざして頑張りたいと思います。
万願寺あきたこまち生産組合の農場だよりへ
朝日農友農場 値下げしました!ヒカリ新世紀と同価格帯です。
2017年 1月 10日

「あきさかり」の販売価格を、「ヒカリ新世紀」と同じ価格帯に致しました。お求めやすいお徳用価格です。
朝日農友農場の農場だよりへ
こだわり農家 孫作 JAS有機コシヒカリ 完売のお知らせ 【通常販売分】
2017年 1月 7日

明けましておめでとうございます。
本年もどうぞ宜しくお願い致します。

新年早々では御座いますが、ご予約のお客様分を除き、JAS有機コシヒカリの在庫が残り僅かとなりましたので完売とさせて頂きました。

とても有難いことに、当農場をご利用頂いているお客様が年々増えており、生産が追い付かない状態です。

より多くの方に召し上がって頂きたいという気持ちはあるものの、「味と質」を落とすわけにはいきませんので、ご理解いただければ幸いです。

新米は10月中頃を予定しております。
御予約も受け付け中ですのでどうぞご利用ください。
こだわり農家 孫作の農場だよりへ
農業耕房 西岡 寒の入りの耕転
2017年 1月 7日

あけましておめでとうございます。
寒の入りとなり、地中の土を凍らせ地中の酸素を多くするため、昨日より田圃の2回目の耕転(田圃を掘り起こす作業)を行っています。秋に入れたボカシがよく活動してくれて艶のある黒い土になっており、良い土になってると喜んでおります。
農業耕房 西岡の農場だよりへ
百笑米 大嶋農場 新しい取り組み
2017年 1月 6日

旧年中はお世話になりました。
本年もよろしくお願い致します。
農場では本日5日が仕事始めということで、各々今年の抱負などを述べて気合を入れました。

今年もこれまで以上に美味しいお米作りに取り組みますが、新たな取り組みとして、「クラウドファンディング風酒米作り」という企画があります。

これは、ひと口1万円で皆様にご参加いただき、酒米の田植え・稲刈り体験、そして収穫した酒米を地元の酒蔵で仕込み、4合瓶3〜5本程度(予定)をお渡しするという内容です。

酒米は幻の米と言われる「愛山」を作付します。

自分で育て、収穫したお米をお酒で楽しむという企画です。ぜひご参加ください。
百笑米 大嶋農場の農場だよりへ
オリザ&里山 齋藤農場 新年明けましておめでとうございます
2017年 1月 5日

新年明けましておめでとうございます。
今年もどうぞ宜しくお願いします。
オリザ&里山 齋藤農場の農場だよりへ
中村農園 年末年始の営業日のお知らせ
2016年 12月 26日

12月28日〜1月8日まで、発送業務をお休み致します。
この期間中にいただきましたご注文は、1月9日の出荷となります。
中村農園の農場だよりへ
(有)江原農産 年末年始の営業
2016年 12月 24日

年末年始の営業について・・・

年末は12/28までの発送とさせていただきます。
年始は1/6からの発送とさせていただきます。
その間の受注業務も勝手ながらお休みさせて頂きますので宜しくお願い致します。
(有)江原農産の農場だよりへ
山田ファミリーファーム お餅のセット販売 開始です。
2016年 12月 10日
切餅
切餅
搗きたてお餅 か 切餅 をお選び頂けます。
山田ファミリーファームの農場だよりへ
有機農園ファーミン 本田無施肥栽培「ササニシキ」を今年から販売しております
2016年 11月 27日
「本田無施肥栽培ササニシキ・低温乾燥米」
「本田無施肥栽培ササニシキ・低温乾燥米」
今年から新たに、圃場において農薬・化学肥料はもちろんのこと有機肥料も使わず栽培した「本田無施肥栽培ササニシキ・低温乾燥米」をラインナップしました(資材の詳細は商品ページをご覧ください)。従来品の「天日乾燥・ササニシキ」とともに宜しくお願いいたします。
有機農園ファーミンの農場だよりへ
なかがわ野菊の里 祝!伝統黒米 弥生紫がフードアクションジャパンアワード2016受賞しました!
2016年 11月 7日
トランジットジェネラルオフィス様選定品に『伝統黒米 弥生紫』が選ばれました!
トランジットジェネラルオフィス様選定品に『伝統黒米 弥生紫』が選ばれました!
農林水産省主催のコンテストで、生産者・事業者等の優れた取り組みを表彰する『フードアクションニッポンアワード2016』が行われました。今年は、地域の食材や食文化を活かした1,008産品の応募の中から最終審査会にて究極の逸品10産品が選ばれ、その一つとして『伝統黒米 弥生紫』が選ばれましたよ。トランジットジェネラルオフィス様の逸品として選んでいただき、今後、面白い色々な取り組みにつながっていく事を楽しみにしています。
なかがわ野菊の里の農場だよりへ
鶏卵と米の農家鈴木 28年産新米、出荷開始しました
2016年 10月 17日

今年は天候が不順で稲刈りが遅れましたが無事収穫を終え新米の出荷を開始しております。28年産米の通常販売が受付中になっておらずご迷惑をおかけしました。今年度もどうぞよろしくお願いいたします。
鶏卵と米の農家鈴木の農場だよりへ
四季彩菜工房  新米が出来ました。
2016年 10月 15日
羽釜ご飯を炊いています。
羽釜ご飯を炊いています。
羽釜ご飯を炊いています。
おこげが最高に香ばしく、美味しいですよー

今年の稲作は、台風に被害にも会いませんでした。
四季彩菜工房 の農場だよりへ
笠木農園 はざかけ乾燥の様子
2016年 10月 4日

今年は雨が多くて作業がはかどりません。しかし、米のほうは出来が良さそうに思います。
笠木農園の農場だよりへ
こうざきゆうき 28年産 ササニシキ 販売開始いたします
2016年 8月 28日

〜千葉 発酵の里こうざき より〜

28年産新米ササニシキの販売を開始致します。
関東で作る自然栽培のササニシキは稀少です。
ササニシキは千葉県では銘柄米に指定されておりません
ので品種名は「うるちその他」となります事ご了承
願います。
昨年産は早々と売切れとなってしまいましたが今年は
作付けを増やしました。
今年の新米もどうぞ宜しくお願い致しますm(_ _)m
こうざきゆうきの農場だよりへ
暮坪農場 カルガモ親子
2016年 7月 31日
アイガモの田んぼに紛れ込んだ野生のカモ親子
アイガモの田んぼに紛れ込んだ野生のカモ親子
ヒナ6羽を連れたカルガモの親子がアイガモたちと一緒に住んでいます。
暮坪農場の農場だよりへ
アグリ中村 本日より特売セールを開始します。
2016年 7月 20日
特売セール開始
特売セール開始
皆様こんにちは、アグリ中村です。

本日7月20日より、8月5日の2週間にかけて、特売セールを開始致します。

精米
通常価格    セール価格
2Kg 1600円 → 1200円
3Kg 2400円 → 1800円
5Kg 3800円 → 3000円

ご注文をお受けした即日に精米、お送り致します。
(夜半のご注文の場合は翌日発送となります、ご了承ください。)
お得なこの機会に、当農場自慢の「いのちの壱」を是非ご賞味下さいませ!
アグリ中村の農場だよりへ
はまだ農園 田植えが終わりました!
2016年 5月 26日
田植え風景
田植え風景
無事に今年の田植えも終わりました!
取り敢えずはひと段落きました。
無事美味しいお米になりますように
はまだ農園の農場だよりへ
登米ライス 無農薬栽培ならではの紙マルチ使用の田植えです♪
2016年 5月 20日

2週間以上に及んだ田植えが終了です!
春ならではの強風、雨天の日もありましたが、28年産の田植えが無事終了し、これからは管理作業に追われます。
無農薬栽培ならではの雑草抑制効果の「紙マルチ」を敷きながらの田植えです。この紙マルチは、田んぼの微生物に分解され4,50日で無くなります。紙マルチが風で飛ばされそうになりながらも、これまでの経験、そしてチームワークで乗り切りました!
かわいい苗たちが住み心地のいいように圃場管理頑張ります!(^^)!
登米ライスの農場だよりへ
上嶋農園 トラクタにバックミラーを付けてみた!(笑)
2016年 5月 10日

ユーチューブの動画でみたトラクターのバックカメラに影響されて、我が家のトラクターにも設置してみた。後部左右ともあっちあて、こっちあてにお傷だらけなもので、今後は、慎重な運転に気を配ろう・・・(笑)^^;
上嶋農園の農場だよりへ
金森農場 冬季湛水の田んぼの様子
2016年 1月 3日

冬季湛水(刈取り後ずーと水を貯めている)の田んぼです刈り株から出た2番穂が冬季湛水をしない田んぼは11月には枯れて茶色になってしまいます。冬季湛水をした田んぼは青々と茂っています             
なぜこんなに違うのか研究中です(1/1撮影)
金森農場の農場だよりへ
ヒノケンファーム 秋場所稲刈り千秋楽
2015年 10月 14日
好天に恵まれて最後の稲刈りです。
好天に恵まれて最後の稲刈りです。
暑い夏でしたが、秋になり雨続きでした。
ヒノケンファームの農場だよりへ
吉田農場 今年度の稲刈りは終了
2015年 10月 11日
稲刈り最中
稲刈り最中
今年度の稲刈りは終了しました。写真は稲刈り最中のものです。
吉田農場の農場だよりへ
井田真樹ファーム ミルキークイーン、ヤマヒカリ販売再開します
2015年 8月 21日
大豆の無農薬栽培
大豆の無農薬栽培
いつもありがとうございます!

26年産、ミルキークイーン、ヤマヒカリにつきまして、在庫に若干のゆとりが出来ました。
よろしかったらご注文くださいませ。

写真は無農薬栽培の大豆畑です。
蛾のなかまが食害しないように、緑色のダイオードを夜間に点灯します。
井田真樹ファームの農場だよりへ
農楽人おだ 27年産米予約受付中!
2015年 8月 20日
特別栽培米コシヒカリ「神の力」(3作目) 元気に育っています。
特別栽培米コシヒカリ「神の力」(3作目) 元気に育っています。
今年は苗の植え方を変えました。(6条植えの田植え機で)2条目、5条目を飛ばして植える疎植ではなく、株間を27僉丙までより8儿く)植えました。水田の草は光が入ればいつまでも育ちますが、ある程度稲が大きくなり影ができると育ちにくくなります。ヒエに関しては難しいですが…「祝の舞」(2作目)の圃場は大変な事になりそうですわー。
農楽人おだの農場だよりへ
田中金沢有機倶楽部 順調です!
2015年 6月 8日
順調です!
順調です!
田植えの時に2,3本で植えた苗が10数本まで増えてきました。6月いっぱいをかけて20本程度まで増やしていきます。順調に成長しております!
田中金沢有機倶楽部の農場だよりへ
(有)ファーム・イン・ビレッジ さくらんぼの花が満開です!
2015年 4月 22日
さくらんぼの花
さくらんぼの花
そろそろ桜が散り始め、たすきをもらったように
サクランボの花が8分ほどさきました!!
例年はゴールデンウイーク前後に満開ですが、
今年は少し早いですね〜
(有)ファーム・イン・ビレッジの農場だよりへ
農事組合法人宮市 鳥取県の奥大山は雪景色です。
2015年 2月 10日

私たちのお米を精米するライスセンターは雪景色の中です。
関東から30kgご注文いただいたお客様。
ありがとうございます。
本日、精米が完了し、発送いたしました。
農事組合法人宮市の農場だよりへ
(有)横田農場 とても冷えました。
2014年 12月 28日
12月28日 −6度
12月28日 −6度
こんにちは。
横田農場、平田です。

今朝はとても寒かったですね。

横田農場では田んぼで気象観測をしていますが、その温度計が-6℃でした。
今シーズン、最も寒い日でした。

みなさん、風邪などひかぬよう気を付けてくださいね。
(有)横田農場の農場だよりへ
農事組合法人 河谷営農組合 赤とんぼ(アキアカネ)が増えている。
2014年 11月 9日
朝日新聞の記事
朝日新聞の記事
先日の朝日新聞に、赤とんぼが全国的に減って来ているとの記事があり、
その原因として、
●一部の農薬が羽化に影響
●減反政策で、幼虫のヤゴが暮らす水田が減少
などが挙げられていた。
その中で一番の原因は、農薬の影響だろう。
記事の中ではネオニコチノイド系成分の中で「イミダクロプリド」を含む農薬や、浸透性農薬「フィプロニル」が問題視されていた。

赤とんぼのアキアカネは、10月に山から平地に下りて水田の水たまりなどに産卵する。
春になって田植えの準備が始まる田んぼで孵化、幼虫ヤゴとなって水が張られた水田で育つ。
5月中旬、田植えが始まると、田植機に苗箱を乗せる直前に、苗箱に農薬を散布する。
この農薬を「箱施用剤」と言う。
箱施用剤の一つ「アドマイヤー」にネオニコチノイド系成分「イミダクロプリド」が含まれている。

「箱施用剤」の農薬は、田植機によって苗と一緒に水田に移される。

水田のヤゴは、稲と共に生育し、6月終わりから7月中旬に水田で羽化する。(当地豊岡)
羽化すると直ぐに高い山まで飛んでいき、そこで夏を過ごし、秋になって平地に下り、産卵して一生を終える。

水田がネオニコチノイド系農薬で汚染され、羽化が出来なくなって赤とんぼが減少したというのだ。

私たち(河谷営農組合)も、「無農薬栽培」でない一部水田では箱施用剤を使用していた。
私たちが使用していた箱施用剤「スタークル」の成分は「イミダクロプリド」ではないが、
ネオニコチノイド系成分「ジノテフラン」を含んでいる。

数年前、ネオニコチノイド系農薬が、ミツバチ減少の原因であったり、人体にも影響が出ている事を知って思案していた。

箱施用剤「スタークル」の使用量を極力抑える方策として、水田の外周部のみに施用する工夫をして、通常の5分の1に抑えてきた。

今年26年産からはネオニコチノイド系ではない農薬「フェルテラ」(有効性分:クラントラニリプロール)に変更し、且つ使用量も抑えた。

来年は箱施用剤を全廃するので、水田の殺虫剤は全廃することになる。

私たち田んぼでは、「コウノトリを育む農法」を始めて以来、アキアカネの羽化は確実に増えており、今年も10月下旬にはおびただしい数のアキアカネが、集落や田んぼに現れた。

アキアカネが増えた原因は、農薬を使わなくなったことの他に、水田で育っているヤゴの羽化が終わる7月初旬(当地)まで田んぼを乾かさない「中干し延期」をしていることの効果が大きいと認識している。
農事組合法人 河谷営農組合の農場だよりへ
米処 雪輝屋 『表参道ごはんフェス』に参加
2014年 10月 26日
食味官能試験に楽しく参加
食味官能試験に楽しく参加
今回で2回目の参加をしました。
都心のど真ん中でお米のイベントが行われています。
ごはんに関する知識や食べ比べ・食味官能・米リリース作りなど楽しみがいっぱいでした。ちなみに『雪輝屋』は有機米の宣伝とあま酒の試飲販売。
大勢の若者がお米に関心がありびっくりしました。
みんなごはんに、恋する第一歩。
米処 雪輝屋の農場だよりへ
柴山農園 ピカピカの新米販売、始まりました。
2014年 9月 12日
26年産新米です。
26年産新米です。
炊飯器からでる、新米の湯気の香り、炊飯器の蓋を開けた時、思わず感動、ピカピカの新米を食べて下さい。
柴山農園の農場だよりへ
あづみ野天恵楽園 冬季湛水不耕起移植栽培 順調です!
2014年 7月 4日
前年の切り株が残る間に今年の稲が力強く伸長
前年の切り株が残る間に今年の稲が力強く伸長
 田植え1か月後の田んぼです。
 普通にも見えますが、分かりますか?稲の株元になにやら黒いものが見えますね。
 この黒っぽい物体は、前年の稲株なのです。コンバインで収穫した後の稲株です。

 前年の切り株がそのまま残っている状態で今年の苗が植えられている?・・・・この取組が、究極の栽培法として確立したい「冬季湛水不耕起移植栽培」なのです。

 通常の稲栽培は「稲刈り−.肇薀ターで秋起し−施肥−▲肇薀ターで春起し−トラクターで荒代かき−ぅ肇薀ターで仕上げ代かき−田植え」となります。

 この工程の目的は、 Дぅ溶里諒解促進・土を空気に触れさせ肥料効果(乾土効果といいます)、◆肥料と土の混合、:1回目の代掻きで水と土を混合、ぁВ臆麑椶梁總澆で土の表面を均平化し苗を植えやすくする、という目的で行います。

 冬季湛水不耕起移植栽培はどのようになるかというと「稲刈−米ぬか散布(イトミミズの餌)−田植えまで湛水−有機肥料−田植え」となりますが、意味としては大変重要な意味があります。

 先ず、最も重要なポイントは、土を耕耘しないのではなく・・・正確に申し上げると、トラクターで物理的な土の破壊をするのではなく、イトミミズなどの水中微生物・小生物の働きを活発化させることで、「生物的に起こす」ということなのです。
「生物的に起こす・・って?」というイメージですよね!

 その結果が上の写真なのです。実は、前年の稲の切り株は土の表面から8〜10センチほどで刈り取るのですが、上の写真は数センチでているだけにしか見えませんよね!?
 これこそが、生物的に起こせているという現象なのです。

 除草剤を使わずに、生命力を最大限発揮させ、独自の技術力により無農薬・無化学肥料栽培を実践し、うまい米づくりにつなげます。
あづみ野天恵楽園の農場だよりへ
百姓一徹 中道農園 今日は良い天気!
2013年 9月 9日
ガンガン刈たってます。
ガンガン刈たってます。
雨の続きでしたが、最高の天気です。
稲も満足してるようです。^ - ^
百姓一徹 中道農園の農場だよりへ
おいしいファーム のうかごはん・・・降雪・・・
2013年 2月 15日
ウルイ
ウルイ
二月も後半。
春の訪れも感じるような…
まだ遠いような…f^_^;

新庄の累積降雪量は、昨日現在で680cmを超えました。
もうすぐ7m‼
すごいですね。
青物が少なく時期ですが、促成栽培のウルイをいただきました。
白だし和えにして、食卓へ。
味も見た目も、ちょっと春に近づいた感じです(^_^)
おいしいファームの農場だよりへ
越前「田んぼの天使」有機の会 有機米100%お米ぱんのプレゼントのお知らせ
2013年 2月 9日
有機コシヒカリ「田んぼの天使」で作った山高食パン、あんぱん、 ロ−ルパン
有機コシヒカリ「田んぼの天使」で作った山高食パン、あんぱん、 ロ−ルパン
昨夜から黙って静かに降った雪。朝起きたらまたまた一面真っ白の景色にほーっと一息。立春を過ぎたとはいえ、降り積もる雪に消えては降り、また消えては降り積もる内に、春の兆しが少しづつ感じられてくるのだろうとこの時期毎年思います。

昨年暮れに年間ご予約をいただいた方々にささやかなお礼として、私共の作っている有機米コシヒカリ100%で作ったお米ぱんをお送りしたところ、モチモチしてとても美味しいと沢山のお声をいただきました。
そこで、30k玄米をお求めいただくお客様、これから年間ご予約いただくお客様限定になりますが、
   山高食パン   2個
   こしあんぱん  2個
   ロールパン   1個
をプレゼントさせていただくことにしました。

有機コシヒカリ「田んぼの天使」を福井名産「羽二重もち」の粉を引く粉屋さんにお願いし微細粉にしていただき、学校給食に納入されているパン屋さんに試作を重ねていただいて、6年前にこの米ぱんが誕生しました。
最近米ぱんはそう珍しくなくなりましたが、小麦粉を使わず有機米100%の米ぱんはあまり見ないようです。
地元だけで販売しておりますが、美味しいと評判で、遠くから求めに来る方や、この甘みと食感が大好きな方が多くなられました。
今回は4月一杯までのご予約の方にさせていただきたいと思います。

家の前の50aの湖のような有機冬水田んぼの上に、ちらちらちらと舞い落ちる雪、本当にしんしんと静かです。
春待ち遠しいこの頃です。 
越前「田んぼの天使」有機の会の農場だよりへ
信州安曇野の新米百姓 田んぼでおむすび
2012年 9月 11日
味噌漬けが入ってます♪
味噌漬けが入ってます♪
残暑厳しいですが、信州の風はさわやかです。
収穫前のあぜの草刈り作業が続いてます〜、
おむすびをほおばりがんばってます!
信州安曇野の新米百姓の農場だよりへ
田伝むし お待たせしました!新米の出荷開始します。
2011年 11月 3日

お待たせしました!無農薬ササニシキの新米の出荷を開始します。今年は震災がありお米の作付が出来るか分からないという不安もありましたが何とか収穫を迎えることができました。私達の地域は幸い放射能の値も低く、お米の検査でも検出されませんでした。例年通り?草取りには難儀させれましたが、逞しい稲が育ってくれました。完熟した無農薬ササニシキをどうぞご賞味下さい!
田伝むしの農場だよりへ
北風浪漫 23年産新米販売開始
2011年 11月 1日

23年度産新米販売開始いたします。
北海道名寄産はくちょうもちをどうぞよろしくお願いいたします。
北風浪漫の農場だよりへ
松下農園 稲刈が終わりました。
2011年 10月 7日
この稲木が完成した後に倒れました。
この稲木が完成した後に倒れました。
毎年、稲木を建て天日干しのお米を収穫していましたが、台風12号と15号で稲木が倒れ稲刈が遅くなるのでコンバインで稲刈しました。「天日干し」でないお米を販売するのは初めてです。これが普通なのでしょうが私にとっては一大事です。野菜に使う稲わらも取れませんでした。でも、稲木に稲を掛ける前だったのでお米は大丈夫でしたが、とても残念でした。来年は、どんな年になるか分かりませんが今までのような稲木を建て「天日干し」を食べて頂けるように頑張ります。今年は普通のお米でよろしくお願いします。
松下農園の農場だよりへ
農事組合法人 第四生産組合 東日本大震災後の注文、宅配について
2011年 3月 18日

東日本大地震・大津波の被害に合われた方々に哀悼の意を表しますと共に、被災地域の皆様、また混乱されている地域の皆様に、心よりお見舞い申し上げます。

 ここ新潟県弥彦村では、さほど被害もなくご心配には至りません。ご連絡をくだされた皆様、本当にありがとうございます。また、徐々に震災で被害にあわれた方々が、緊急避難所として入所してきております。
当組合としましても、何らかの援助を考えている次第であります。

 とにかく、まだ余震が続いておりますので、みなさまお気を付けください。

 現在、当組合では通常通り出荷発送を受け付けております。宅配便につきましては、関東方面への到着は2日後となり、今後の状況次第では大幅に遅れる場合があります。


 ご理解を、お願い致します。
農事組合法人 第四生産組合の農場だよりへ
うじいえ農場 大地震から2週間
2008年 6月 29日

14日岩手宮城内陸地震発生!!怖かった!!その時私と主人は自宅から5キロ程離れた転作田の大豆の種まきをしていました。主人はトラクターで播種作業中、私は軽トラックの中、上下に強く揺れたかと思うと、今度はひっくり返りそうな位に横に揺れ 回りは何もかもが大きく動いていました。 目の前の家の門がバタンと一瞬の間に倒壊するのを目にした時は、どれだけ大きな被害になるか恐怖で震えが止まりませんでした。 幸い、我が家の家族全員無事、建物は少々の被害ですみました。テレビで放映される駒の湯は家から直線でわずか30キロの所にあります。 
 今回の大地震に際し皆様からお見舞いや、励ましのお電話・ファックス等を頂きまして本当にありがとうございました。
うじいえ農場の農場だよりへ
ゆきの農園 米に混入する籾、雑草種子、虫食い米ゼロを目指して
2007年 1月 9日
色彩選別機
色彩選別機
お米を買って頂いたお客様に安心して食べていただける様に、当農園では出荷する全てのお米は、石抜き機と色彩選別機に通しています。

こうした事により無農薬栽培や減農薬栽培では混入が当然のように思われていた籾、虫食い米、草の種も、炊飯前にお客様が選別する事なく、また食べている時に籾などを噛んだ不快感もなく楽しい食事をしていただけます。
お客様の満足度向上のために今年も取り組んでいきます。
ゆきの農園の農場だよりへ
風土ファーム はじめまして!北海道 風土ファームです
2006年 11月 22日
今年9月の風景です。
今年9月の風景です。
はじめまして。北海道の北、美深町でもち米を栽培しています、風土ファームの加川です。
このたび、厳選米ドットコムさんでもち米と黒米を販売させていただくことになりました。
美深町は冷涼な気候を活かした減農薬栽培に取り組んでおり、全面積が北のクリーン農産物表示制度「YES!clean」の認定を受けています。
北海道の今年の作況指数は105と、よい作柄に恵まれました。品質のほうも大変良い物に仕上がっております。是非一度ご賞味いただいきますよう、お願いいたします。

これから北海道は深い雪の季節を迎えます。
今日は、今年最初の大荒れの吹雪となっています。
ひと夏頑張って恵みを生んでくれた田んぼも、真っ白なお布団をかぶって、しばしの休息に入ります…。
風土ファームの農場だよりへ
米の太田屋 全自動炊飯器 ”ヌカガマ”
2006年 11月 7日
もみがらを燃料にして炊くカマドです。
もみがらを燃料にして炊くカマドです。
毎年出来秋に ”ササシグレ”の新米を ”ぬかがま”で
炊飯しています。今年は秋の天気に恵まれとても良い出来
です。画像から香をお届けできないのが残念です。
米の太田屋の農場だよりへ
もんでん農場 有機ひとめぼれのセール開催(7/1〜)予告
2006年 6月 27日
有機栽培の機械除草、一日15〜20km歩きます。
有機栽培の機械除草、一日15〜20km歩きます。
いつもご愛顧ありがとうございます。

7月1日〜31日の1ヶ月間、有機ひとめぼれ(玄米30kgのみ)のセールを開催いたします。(お一人様1個限定)

どうぞこの機会に「有機栽培」のお米を体感してください。
もんでん農場の農場だよりへ
お米を探す(お米の特徴から)
有機JAS認証のお米 有機JAS認証米
特別栽培米の基準を満たしたお米 特別栽培米

無農薬栽培のお米 農薬:使用なし
減農薬栽培のお米 農薬:5割以下
無化学肥料栽培のお米 化学肥料:使用なし
減化学肥料栽培のお米 化学肥料:5割以下

玄米 分づき米 胚芽米 発芽玄米 無洗米 米粉 もち米 おもち 雑穀米 真空パック ギフト対応商品 プレミアム割引対象商品

お客さまの声

お米を探す(予算から)







お米を探す(生産者・産地から)

産地マップからお米を探す



お米を探す(品種リストから)


厳選米ドットコムは「FOOD ACTION NIPPON 食料自給率1%アップ運動」に参加しています。

「厳選米ドットコム」は、シマンテックのセキュア・サーバIDを取得しています。
ご注文情報はSSL暗号化通信により保護されます。
ご安心してショッピングをお楽しみください。


はじめての方へ  -  よくある質問  -  出店するには(生産者の方へ)  -  お問い合わせ先
お友達紹介プログラム - プライバシーの考え方 - 利用規約 - サイトマップ
安全で美味しいお米の産直販売サイト