無農薬玄米等の美味しいお米を販売。農家おすすめの美味しいお米を産地直送で販売/通販する産直お米通販のお店。美味しい玄米のお米通販、有機栽培米のお米通販ならここ!
 
例)玄米 発芽玄米 無洗米 もち米 雑穀米 米粉 真空パック
ようこそ、ゲストさん

メンバー・ログイン S
- トップページ - はじめての方へ - よくある質問(FAQ)
美味しいお米をみつけよう
農場だより(フォレストファーム)

フォレストファーム
代 表 者 : 佐藤 力 

3日前にオンライン

所 在 地 : 秋田県
生 産 歴 : 17年
モットー : 『土に生きることは尊いことである』
    田んぼの草取り。腰が痛い。
    田んぼの草取り。腰が痛い。
    元気に育ってくれました。
    元気に育ってくれました。
    収穫の秋。
    収穫の秋。
 フォレストファームは、秋田県南端、奥羽山脈の真っ只中にある自然豊かな農場です。山間地にある農場は段々田んぼの棚田(たなだ)で、人間にとって都合の良い農地ではありません。しかし、自然環境は素晴しいです。

 良い水、良い空気に恵まれ、山間地の昼と夜の温度差が大きい気候環境は美味しいお米を育んでくれます。

 「稲は水で育てる。」という格言があるくらい、稲にとって水は大切な存在です。お米づくりに欠かせない水は、田んぼに隣接する豊かな森林が育んだ生まれたてのミネラル豊富な山水です。

 この地域のお祭りでは、春「山の神様」が田んぼに来て「田の神様」となり、稲刈り後は山に帰って「山の神様」となります。

 これは、山に積もった雪が融けて田んぼを潤し、また雪となって山に帰る水の循環そのものです。大きな水の循環を意識しながら、自然と人間にとって、良い循環の一つになる田んぼにしたいと思っています。

 「水」と同じく、大切なのは「土」です。
 
 私は、「土」=「人」と考えています。

 土に育つ稲の種(お米)を人間が食べて生きる。 

 「人」は、「土」で作った泥人形のようなものです。「土」の性質が、その泥人形の性質となります。農薬や化学肥料に頼らずとも、元気な稲を育てられる「土」を育む事が、「人」の健康維持に役立つと考えています。食べ物は、単なるモノではなく、人の命をつなぐ他者の命です。

 私は、「土」本来の力、「稲」本来の力を発揮し、自然の力がギュット詰まったお米を目指しています。農薬や化学肥料を使用しないのは勿論のこと、有機質肥料の使用量も出来るだけ抑え、または、全く使用しない栽培方法で生命力の強い稲を育てています。

 お米でも、品種や栽培方法の違いでアレルギー反応に違いがあります。農薬使用の有無、化学肥料使用の有無だけでなく、有機質肥料使用の有無に反応する方もおります。農産物に残留する農薬の危険性を認識する方は多いのですが、農産物に残留する肥料分の危険性を意識する方は少ないです。これは、化学肥料に限らず有機質肥料でも同じです。
 

■■ 1/15ページ[最新] ■■

2018年 6月 28日 差が付くんですよ〜。

昨日は雨。それでも田んぼの草取りです。

雑草の勢いが増し、とうとう雑草優勢になって来ました。
雑草は伸びますが、稲はマイペースです。

通常の稲の田んぼは青々していますが、当農場の田んぼは、最近田植えをしたのかと思うぐらいスカスカです。

田植えから1ヶ月で、これだけの差がついてしまいました。

自然栽培を始めた1年目は、成長の遅さに収穫を断念し、途中で雑草管理を放棄しました。

今では差がつくことに慣れましたが、成長が遅くて収穫出来るか分からない田んぼの草取りをするのは苦痛でしたね。

今は、稲の信じて、今やるべきこと、草取りをするだけです。
2018年 6月 26日 ブルーベリーは色付いてきました。

我が家の入り口に植えているブルーベリーも色付いてきました。

毛虫が大量発生した数年前、実が食べられてほとんど実がなかったり、大雪で枝が折られて実がならなかったり、美味しく食べられるまで成長するのも、難しいことを知りました。
今年の収穫まであと少しです。【嫁】
2018年 6月 25日 除草の毎日です。

しばらく雨降りや曇り模様で気温も上がらず、
パッとしないお天気が続いていた秋田県皆瀬ですが、先週末頃からやっとお日様が出てきました。

農場主は、雨の日も晴れの日も変わらず草取りの毎日です。
この除草作業は、あと一月ほど行います。
雑草たちと戦うのは体力勝負です。【嫁】
2018年 6月 13日 ブルーベリーは実がなりました!

ブルーベリーの花が終わり、実がなりました。ここまでは順調です。このまま美味しいブルーベリーになってくれますように!

先週は暑い毎日が続き、急遽網戸を設置したのに、今週はぐっと涼しく、というか寒いくらいです。
人間的にも体調を崩しやすいですが、稲の生育も心配です。
明日からは晴れて暑くなってくるようなので、それに期待してます。【嫁】
2018年 6月 12日 田んぼの畔は、花盛りです。

そろそろ田んぼの畔の草刈りを始めます。

でもこの畔は花真っ盛り。

この畔の草刈りは花が終わってからにしようと思います。
2018年 6月 1日 田植えが終了しました。

5月30日に田植えが終了しました。

当農場では、午前中に代掻き、午後から午前中代掻きした田んぼに田植えをします。
通常は、代掻き後、土を落ち着かせるために数日置いてから田植えをします。
そのため、当農場の方法は他の農家さんから大丈夫かと心配されます。
代掻き後、直ぐの田植えなので、泥水に田植えをするような感じです。

田植えをする時は、田植え機に装着されているマーカーで田んぼに線を引き、その線を目印に田植えをします。
そのため、マークが見えやすいように田んぼの水を抜いて田植えをします。
私は、雑草対策として水を入れたまま田植えをしますので、少し水が多いと、全くマークが見えません。
畔を目印にしたり、先に植えた苗を目印にしたりしながら田植えをします。
少々曲がる事もありますが、曲がって真っ直ぐです。

田植えに7日間掛かりましたので、今日は、最初に植えた田んぼから除草作業スタートです。

7日間田植え、7日間で1回目の除草、7日間で2回目、同じく3回目と続きます。
4回目以降は、機械除草を2回と手取り除草など、7月20日頃までずーと除草作業が続きます。
そして、お盆まで畔の草刈りを3回ほど行います。

ずーと雑草対策の日々が続きます。
2018年 5月 28日 田植えは続きます。

今日も晴天の中で田植え中。

農場主は太陽が昇るとともに代掻きに出掛け、
ご飯もそこそこに休みなく動いています。
今日で半分?三分の一くらい?かな。

時々吹く風が気持ちいいです。【嫁】
2018年 5月 27日 田植え日和が続いています。

今日も晴天で、朝から代掻き中。
田植え直前にその日に代掻きする方法で、進めています。
まとめて代掻きしてからやるより時間はかかりますが、雑草対策には効果があるようです。

今日の田植えは午後からの予定。
日曜日で息子も保育園お休みなので、お天気も良いし、お昼は外でおにぎりを食べようかと思います。【嫁】
2018年 5月 26日 田植え開始!

一昨日より、田植えを開始しました!
ありがたいことに、お天気も良く、それほど暑くないので、動きやすいです。

写真は苗の様子。
田植えの前に、苗箱運びから取り掛かりました。
苗がびっしり成長しているとともに、水もたっぷり含んでいる苗箱を運ぶのは、なかなかの重労働です。

さて、今日もスタートです。【嫁】
2018年 5月 18日 春爛漫!命が溢れています。

稲の苗は順調です。
育苗ハウスの中が過ごしやすいのか、カエルさんも沢山います。

稲の苗は、通常の苗に比べて緑色が薄く、生育も緩慢です。
今は、田植えに向けて田んぼに水を入れる準備をしています。

苗の状況次第ですが、あと1週間ほどで田植えスタートの予定です。


ブルーベリー畑ではブルーベリーのかわいらしい花が咲きました。
品種によって花の形が違い、色も白から赤の強いピンクまで有ります。

ブルーベリー畑の隣の畑は、所有者が何も作らないでいたらタンポポ畑になってしまいました。
栽培でもしているように一面タンポポです。
ミツバチは、ブルーベリーの花に行ったり、タンポポに行ったり大忙しです。
2018年 5月 16日 カエルの鳴き声が聞こえ始めました。

写真は3日程前の八重桜の様子です。5月半ばとなり、こちらの桜ももう終わりに近づいています。

まだ近所の田んぼも、田起こしまで、田んぼに水は入っていませんが、気付けばカエルの鳴き声が聞こえ始めました。

農場主は、来週半ば以降の予定の田植えに向け、毎日田んぼに出かけています。【嫁】
2018年 5月 10日 田んぼの準備中ですが、ブルーベリーの様子です。

今は、田植えに向けて田んぼの準備中です。

山間地の田んぼなので、農道や水路の補修、畔の補修、田んぼの排水対策など、色々と作業が有ります。

これらが終わると、ようやく田んぼを耕す作業に入ります。

今年は、いつもより早く早々に桜が散りました。

ブルーベリーは、まだつぼみの状態です。

天気が良ければ、2〜3日中に咲き始めそうな感じです。

大雪で枝折れを心配しましたが、特に影響が無い程度で済んでて助かりました。

でも、ネズミの食害が多かったです。

特に小さいブルーベリーは、皮を全部食べられて枯れそうな樹もあります。

雪の多い年は、雪の中にあるブルーベリーの樹の空間がネズミ巣のような感じになって、食害が多いんですよ。
2018年 4月 20日 種まき準備
お疲れ気味の長男。
お疲れ気味の長男。
先週土曜日から、家族総出で稲の種を蒔く育苗箱に床土を詰める作業をしました。
長男も、土を混ぜたり、運んだりのお手伝い。
2日目日曜日は、前日の頑張りでお疲れ気味でした(飽きただけ??)。
土詰め作業も無事終わり、今日20日は種まきをする予定です。
快晴の暖かな一日になる予報で、よき種まき日よりになりそうです。【嫁】
2018年 4月 11日 稲の育苗ハウスを建てています!
骨組みはできました
骨組みはできました
稲の育苗ハウスを建てています。

除雪し、雪で潰されたビニールハウスを撤去し、ようやく骨組みまで出来ました。

これからビニールを掛ける作業に入ります。

ビニールハウスの周辺は除雪をしたので雪が有りませんが、除雪していないところは30〜40cmぐらいの雪が有ります。

雪は有るし、気温が低く風が強く、雨の日が多いので、寒くて大変です。

ビニールハウスは、通常、写真手前にある弓なりの部材と真っ直ぐな直管を組合わせて作ります。

私が今回建てたビニールハウスは、直管のみで建てました。

ブルーベリーの支柱に使った直管の再利用ですが、思いのほか上手く出来ました。

使用前は直管でしたが、力任せに曲げたりしたので、仕上がりは通常のビニールハウスの形とほぼ同じ形になりました。

何事もやって見るもんですね〜。
2018年 3月 20日 その後、、、
ハウスが確認できるほど、雪は少なくなりました。
ハウスが確認できるほど、雪は少なくなりました。
約一か月前、「降参です」の回でお知らせした潰された稲の育苗ハウス。
雪が消えてきたので、再確認しに行きました。
うーーー、やっぱり全滅だ。

雪を寄せて、解体して新築してか・・・。

4月上旬までタラノメの作業をして、種を蒔く4月20日頃までにハウスを完成させなければならないので、
かなりハードな作業になりそうです。
この間に種まきの準備もあるので、20日の種まきは難しいかな〜。

■■ 1/15ページ[最新] ■■

お米を探す(お米の特徴から)
有機JAS認証のお米 有機JAS認証米
特別栽培米の基準を満たしたお米 特別栽培米

無農薬栽培のお米 農薬:使用なし
減農薬栽培のお米 農薬:5割以下
無化学肥料栽培のお米 化学肥料:使用なし
減化学肥料栽培のお米 化学肥料:5割以下

30年産 新米予約 受付中new
玄米 分づき米 胚芽米 発芽玄米 無洗米 米粉 もち米 おもち 雑穀米 天日干し 真空パック ギフト対応商品 プレミアム割引対象商品

お客さまの声

お米を探す(予算から)







お米を探す(生産者・産地から)

産地マップからお米を探す



お米を探す(品種リストから)


厳選米ドットコムは「FOOD ACTION NIPPON 食料自給率1%アップ運動」に参加しています。
「厳選米ドットコム」は、シマンテックのセキュア・サーバIDを取得しています。
ご注文情報はSSL暗号化通信により保護されます。
ご安心してショッピングをお楽しみください。


はじめての方へ  -  よくある質問  -  出店するには(生産者の方へ)  -  お問い合わせ先
お友達紹介プログラム - プライバシーの考え方 - 利用規約 - サイトマップ
安全で美味しいお米の産直販売サイト