無農薬玄米等の美味しいお米を販売。農家おすすめの美味しいお米を産地直送で販売/通販する産直お米通販のお店。美味しい玄米のお米通販、有機栽培米のお米通販ならここ!
 
例)玄米 発芽玄米 無洗米 もち米 雑穀米 米粉 真空パック
ようこそ、ゲストさん

メンバー・ログイン S
- トップページ - はじめての方へ - よくある質問(FAQ)
美味しいお米をみつけよう
農場だより(フォレストファーム)

フォレストファーム
代 表 者 : 佐藤 力 

8時間前にオンライン

所 在 地 : 秋田県
生 産 歴 : 17年
モットー : 『土に生きることは尊いことである』

農場だよりを更新しましたNEW( 4月 21日 更新 )
    田んぼの草取り。腰が痛い。
    田んぼの草取り。腰が痛い。
    元気に育ってくれました。
    元気に育ってくれました。
    収穫の秋。
    収穫の秋。
 フォレストファームは、秋田県南端、奥羽山脈の真っ只中にある自然豊かな農場です。山間地にある農場は段々田んぼの棚田(たなだ)で、人間にとって都合の良い農地ではありません。しかし、自然環境は素晴しいです。

 良い水、良い空気に恵まれ、山間地の昼と夜の温度差が大きい気候環境は美味しいお米を育んでくれます。

 「稲は水で育てる。」という格言があるくらい、稲にとって水は大切な存在です。お米づくりに欠かせない水は、田んぼに隣接する豊かな森林が育んだ生まれたてのミネラル豊富な山水です。

 この地域のお祭りでは、春「山の神様」が田んぼに来て「田の神様」となり、稲刈り後は山に帰って「山の神様」となります。

 これは、山に積もった雪が融けて田んぼを潤し、また雪となって山に帰る水の循環そのものです。大きな水の循環を意識しながら、自然と人間にとって、良い循環の一つになる田んぼにしたいと思っています。

 「水」と同じく、大切なのは「土」です。
 
 私は、「土」=「人」と考えています。

 土に育つ稲の種(お米)を人間が食べて生きる。 

 「人」は、「土」で作った泥人形のようなものです。「土」の性質が、その泥人形の性質となります。農薬や化学肥料に頼らずとも、元気な稲を育てられる「土」を育む事が、「人」の健康維持に役立つと考えています。食べ物は、単なるモノではなく、人の命をつなぐ他者の命です。

 私は、「土」本来の力、「稲」本来の力を発揮し、自然の力がギュット詰まったお米を目指しています。農薬や化学肥料を使用しないのは勿論のこと、有機質肥料の使用量も出来るだけ抑え、または、全く使用しない栽培方法で生命力の強い稲を育てています。

 お米でも、品種や栽培方法の違いでアレルギー反応に違いがあります。農薬使用の有無、化学肥料使用の有無だけでなく、有機質肥料使用の有無に反応する方もおります。農産

■■ 1/17ページ[最新] ■■

2019年 4月 21日 種まき終わりました。
苗箱並べ中
苗箱並べ中
4月19日大安の日、フォレストファームの種まきをしました!
日が昇るとともに種まきを開始し、日暮れまでに何とか育苗ハウスに苗箱を運び終わりました。
我が家は、種まき場所と育苗ハウスの場所が車で5分程度離れているので、種まきを終えてから軽トラックに苗箱を積み、ハウスに運ぶという作業を何往復(十何往復?)しています。
種まきの日は、暑過ぎず寒過ぎずちょうど良い気候でした。

無事に終えたことに安堵しつつ、ハウスにての苗見守り(管理)の始まりです。

先週で一気に雪解けが進みましたが、ハウスの周りにはまだ雪が残っています。
GWでも雪が見られるかもしれません。【嫁】
2019年 4月 1日 もう少しの辛抱かな!

今朝は、濃い霧がかかって穏やかな朝です。

昨夜は雨混じりの雪で、雪が積もったり消えたりと大荒れの天気でした。

今年は寒くて雪の降る日が多いため雪解けが遅く、雪がまだ1m以上残っています。

明後日まで雪だるまマークが出ていますが、それ以降は暖かくなる予報です。

春の訪れが待ち遠しい今日この頃です。
2019年 3月 25日 一足早い春の到来です!

我が家に一足早い春が来ました。

販売用としてのタラノメ栽培は辞めましたが、自家用として自宅で少し栽培しています。

天ぷらが最高です。春の香りは格別です。

テレビでは桜の話題が出始めましたが、当地は、まだまだ冬。子供たちは、雪遊びに夢中です。
2019年 3月 10日 硬雪は、絶好の遊び場です。
写真真ん中あたりの黒いポツポツが息子達
写真真ん中あたりの黒いポツポツが息子達
ブルーベリー畑は、雪が150cmぐらいあります。
春は遠いな〜。

硬雪(※)は、子供たちの絶好の遊び場です。

畑の近くは、ソリ滑りに最適なロングコースです。

※文字通り硬い雪です。締まっているので、歩いても足が埋まりにくくなります(嫁加筆)。
2019年 3月 9日 道の駅おがちにて
木のプールにてボール転がしに夢中
木のプールにてボール転がしに夢中
3月も中旬に入りますね。
雪も降らないので、冬物ジャンバーはしまおうかなと思っていたところで、昨日雪が降りました。
いつもの降り方にしたらかわいいものでしたが、まだ春物衣料を出すには早かったようです。

先日、道の駅おがちの産直菜々こまちにあるキッズスペースに息子二人と行ってきました。
木のボールがたくさん入ったプールにダイブしたり(←痛くないらしいです)、木のボールを集めてみたり、木のミニシーソーに二人仲良く乗ってみたりと楽しみました。
秋田県の最も南にある(と思われる)道の駅おがち。お近くまでいらした際にはぜひ寄ってみてください。【嫁】
2019年 3月 3日 春の雪消しです。
雪が締まって、殆ど抜からないので、息子もお手伝いです。
雪が締まって、殆ど抜からないので、息子もお手伝いです。
いつもだと、まだ小雪が散らつく時期ですが、今年は驚くほど好天が続いています。
そこで、稲の育苗ハウスの所に燻炭を撒く事にしました。
燻炭は、もみ殻を炭にしたものです。

白い雪は、光を反射してしまいますが、燻炭は熱を吸収するため、雪が融けやすくなります。
燻炭の回りの雪が溶けると雪の表面がでこぼこになり、風が吹いた時にも雪が融けやすくなります。

いつもだと、まだ時々雪が降る時期なので、燻炭を降るタイミングに悩みます。
早く燻炭を撒いても、雪が降れば燻炭が雪に覆われて効果が無くなります。

今年は、雪の予報が全くなく異常と思えるくらいです。
天候のふり幅が大きいと、今年の天候はどうなる事かと、心配になってしまいます。
2019年 3月 1日 山間部であるということ。

3月に入りました。

相変わらず雪が降らず、暖かな日が続いている秋田県皆瀬です。
人と会うと、雪が降らなくていいですね〜、暖かくていいですね〜と話しますが、内心心配になるくらいの気候です。
まだ雪が降って空がどんよりしていてもおかしくない時期ですからねぇ。

話は変わって。

当地、山間部のため、全くと言って良いほど、家ではラジオが聞けませんでした。
(何とか受信はできても雑音だらけでした。)
それが、昨年11月に補完中継局ができたとかで、NHKラジオのみではありますが、ラジオが聞けるようになりました。

皆瀬で一番喜んでいるのはきっと私!と思うくらい嬉しい出来事でした。
もちろんこの時代、インターネットラジオもありますが、ラジオの手軽さにはかないません。
家事をしながら農作業しながら聞いています。
ありがたいありがたい。【嫁】
2019年 2月 27日 春の兆し
持ち手の長いスコップほどの高さまで降り積もっています。
持ち手の長いスコップほどの高さまで降り積もっています。
全国的に暖かいようですが、秋田県皆瀬も3月下旬並みの暖かい日が続いています。
先週あたりから、雪が降り続くこともなくなり、ここ数日はほとんど降っていません。

雪の心配から解放され、雪かきに取られる時間も少なくなり、嬉しくはありますが、ただただありがたいとも言えないのが、農家業。
例年通りの気候がやってくることを願うばかりです。

とはいえ、田んぼも我が家の裏庭もまだまだ雪で覆われています。農場主父が毎日朝から日が暮れるまで雪消し作業をしてくれるので、ここまで減りました。
※写真手前は雪消しした部分。農場主父がやってくれなければ、スコップのある手前も雪に埋もれたままです。【嫁】
2019年 2月 24日 春祭り?冬まつり?
短時間ならジャンバーなしでも寒くないほどの暖かさです
短時間ならジャンバーなしでも寒くないほどの暖かさです
秋田県湯沢市皆瀬の瀬野ケ沢集落の祭神会が夢ロードを作っていました。

入口は、こんな感じです。

道路脇の雪の壁に絵が描かれています。夜には、雪の壁に掘った穴が灯篭になります。

日当たりの良い雪の壁は、好天続きで消えかかっていましたが、日当たりの良くない壁は綺麗に残っていました。

皆瀬は、好天続きでも大地が分厚い雪に覆われています。
2019年 2月 16日 三関地区の大綱引き!
息子たちも参加させてもらいました。
息子たちも参加させてもらいました。
1週間前のこととなりますが、この間の日曜日、
今シーズン6回目となる屋根の雪降ろしを済ませてから、三関地区の大綱引きを見に行って来ました。

三関の大綱引きは、三関地区の小正月行事で、何と今年で104回目だそうです。

息子たちも参加させてもらいました。
綱の一番太いところは直径50cmぐらいもあり、太い綱に細い綱を結び付けています。

3本勝負だったのですが、息子たちは1本目だけでリタイヤしてしまいました。

余りの勢いに、ちょっとビビってしまったようです。

綱引き後は、大量の餅とミカン撒きがあり、息子たちは沢山拾って大喜びでした。

秋田の隠れた名行事です。
2019年 2月 10日 真冬日が続きます

写真は、当地秋田県湯沢市皆瀬のスキー場です。
スキー場と言っても、スキー場自体は昨年度で営業終了となってしまい、少々寂しい感じです。
で、なぜここに行ったかというと、先日の新聞に、キッズスペースがあると書いていたから。
が、、誰もいない。。
保育園などにある遊具(ミニ滑り台やミニハウスなど)は、我が家の子供たち貸切で、のびのび遊びました!
スキー場なので、もちろん、坂でソリ滑りできますが、あちらこちらに雪と坂と広い場所もある当地。あえてスキー場には行かないかもしれません。

スキー場下には、キャンプ場があるのですが、そちらは何組かお客様がいらっしゃいました。
雪中キャンプ、やるんですね。すごーい。寒ーい!

当地も寒い日が続いていますが、雪の降る量が少なく、それはありがたいです。
湯沢市の本日最高気温はー3度。真冬日が続きます。【嫁】
2019年 2月 5日 節分のこと

一昨日は節分でした。
皆様豆まきしましたか。

我が家の次男(2歳)は、スーパーで良く見る鬼のお面さえ、怖く見えるらしいです。怖い〜と言いながら、豆を投げてました。
長男(4歳)は福は外!と言うので、鬼は外だよと教えましたが、やっぱり福は外。おいおいおい。

豆まきの掛け声といえば、鬼は外!福は内!
でしょうが、我が家では、それに加えて「鬼のめんだま(鬼の目玉)ぶっつぶせ!」と言います。
当地に来て初めて聞いた私。なかなか衝撃的でした。
調べてみると、他でも言う地域があるようですね。

豆まきの他、我が家では、窓に炙った煮干しを置きます。
出て行った鬼が入ってこないようにするためらしいです。

地域により、いろいろなやり方がありますね。【嫁】
2019年 1月 31日 降ります積もります…

昨日、本日と穏やかですが、しかしまあだいぶ積もりました。

我が家の小屋の雪も何度か忘れるくらい雪おろしをして、1階の屋根と同じくらいの高さまで積もりました。。
おろした雪の塊を登っていくと、梯子なしで屋根にも登れちゃうくらいです。

このおろした雪。
そのままにしておいても、春には当たり前ですが、溶けてなくなります。
が、そのままでは家中雪に囲まれて(覆われて)、日中でも室内が真っ暗。ということで、農場主父がおろした雪を寄せてくれます。
地道な作業です。【嫁】
2019年 1月 28日 農場主新聞に載りました

昨日の秋田魁新報(※)19面に、農場主が載りました!
※秋田県内で広く読まれている新聞です。

先週土曜日26日にお手伝いに行っているセリ農家さんで、農業体験があり、それが記事になっていました。
湯沢市が行ったモニターツアーで、県内外9人の方が湯沢市特産の三関セリ収穫、収穫後の選別(調整)作業を体験したそうです。
農場主はお手伝い農家さんなのに、この写真が採用されたみたいです(笑)

新聞を撮影したので画質が悪くスミマセン。【嫁】
2019年 1月 24日 昨日はようやく降りやみましたが。

昨日朝の家の前の道は、こんな感じです。

埋もれていますね〜。

写真の家の方は、早朝から屋根の雪降ろしをしていました。

この時期、屋根に雪がつっかえてしまって、雪降ろしも大変です。雪降ろしというより、屋根より高い場所に雪上げになります。

当地、雪の量が半端なく多いので、基本的に一週間に1回の雪降ろしが必要です。

休日に降ろし切れなかったり、休日に何か用事が有ったりすると、朝夕に雪降ろしをする羽目になります。

雪寄せ、雪降ろしは、本当に大変です。空き家2件の雪降ろしも頼まれているので、少々お疲れ気味の今日この頃です。

昨日は降りやみましたが、今日はまた大荒れ。
ますます埋もれていきます。

■■ 1/17ページ[最新] ■■

お米を探す(お米の特徴から)
有機JAS認証のお米 有機JAS認証米
特別栽培米の基準を満たしたお米 特別栽培米

無農薬栽培のお米 農薬:使用なし
減農薬栽培のお米 農薬:5割以下
無化学肥料栽培のお米 化学肥料:使用なし
減化学肥料栽培のお米 化学肥料:5割以下

玄米 分づき米 胚芽米 発芽玄米 無洗米 米粉 もち米 おもち 雑穀米 天日干し 真空パック ギフト対応商品 プレミアム割引対象商品

お客さまの声

お米を探す(予算から)







お米を探す(生産者・産地から)

産地マップからお米を探す



お米を探す(品種リストから)


厳選米ドットコムは「FOOD ACTION NIPPON 食料自給率1%アップ運動」に参加しています。
「厳選米ドットコム」は、シマンテックのセキュア・サーバIDを取得しています。
ご注文情報はSSL暗号化通信により保護されます。
ご安心してショッピングをお楽しみください。


はじめての方へ  -  よくある質問  -  出店するには(生産者の方へ)  -  お問い合わせ先
お友達紹介プログラム - プライバシーの考え方 - 利用規約 - サイトマップ
安全で美味しいお米の産直販売サイト