無農薬玄米等の美味しいお米を販売。農家おすすめの美味しいお米を産地直送で販売/通販する産直お米通販のお店。美味しい玄米のお米通販、有機栽培米のお米通販ならここ!
 
例)玄米 発芽玄米 無洗米 もち米 雑穀米 米粉 真空パック
ようこそ、ゲストさん

メンバー・ログイン S
- トップページ - はじめての方へ - よくある質問(FAQ)
美味しいお米をみつけよう
農場だより(佐渡・矢田農園)

佐渡・矢田農園
代 表 者 : 矢田徹夫 

4日前にオンライン

所 在 地 : 新潟県
生 産 歴 : 38年
モットー : 『元気なれる!おこめ』



朱鷺で知られる佐渡島で、38年も前から従来農業を反省して、安全を第一に農薬を減らした栽培に取り組んできました。今では、息子の私とオヤジで、農薬を一切使わない農薬無使用と化学肥料無使用で栽培して来ました。
 当園の栽培方法は、稲に元々備わっている生命力を最大限引き出して行く『栄養周期説農法』と炭素により田圃へ集約して植物を活性化させる『電子農法』です。
 土作りに対しても、微生物をおからと米ぬか・自家鶏糞等を使って増殖発酵させて、年に3〜4回も田圃に補給しています。お陰で、田圃の土もどろどろ状態で雑草も出にくくなっていますが、やっぱり草取り作業はとっても大変なんですよ!
田んぼには、最低限なものしか入れておりません。ぼかしと豆。 元肥も穂肥もなし。
稲わらも数年かけて分解されるので、最低限の有機物で、根を深く深く伸ばして行きます。収量はあまり期待できませんが、美味しいお米に育て上げます!皆さん、健康の為にも玄米食をお勧めします。

古代米以外は、籾貯蔵しています。籾は生きていますから、殻付きが新鮮です!梅雨入り前には、冷蔵庫保管にします。
 玄米には、先入観で食べにくいものと思われますが、当園の玄米は、ふつうの炊飯器でも充分柔らかく食べられますので、ご安心ください。(一日水に浸してから炊いてみてください)古代米と一緒ならさらに栄養面・免疫力ともかなりのレベルで体内に補給できてお薦めです。古代米と一緒に炊くときは、古代米だけ一日多く水に浸けて炊いてください。

 皆さんとの距離が遠いため、わが家との「顔のみえる関係」は、まだ充分とは言えませんが、信頼の上にたったおつきあいをお願いするものです。かねて申し上げてきたように、わが家は、<まごころ=誠>を商い(強いて言えば)する考えです。そのために、今年を最大ピークに生産規模を縮小し、より良心に添った、良品を作る考えです。

私は年賀状に「オタマジャクシも生産のうち」と書きました。生態系農業は文字通り、国土の保全も目的であり、持続可能性のある農業を目指しております!
朱鷺が田んぼの上を、飛んでいくことがあります。
田んぼでは、朱鷺の餌となるサドガエルも、ドジョウも当然生産しているような
そんな田んぼでお米を育てて行きます

■■ 1/25ページ[最新] ■■

2020年 9月 14日 ヒカリ スタート。

降らなかった雨が、ようやく降ってくれたと思ったら

豪雨。

ちょうど良く降ってくれないものだろうか・・・

週明け、すが総理が誕生た今日から

コシヒカリの刈り取りをスタートさせました!

平年並みのスタートといった感じですが

もう少し早くても良かったかなと思っております。

まあ、雨が降ってくれたので

カラカラの田んぼは、水を吸って

稲も若干緑が戻った感もありますが

米粒も厚みが出るかなと、ちょっと期待もしたいところであります。

フェーンに猛暑でしたから、刈り取りも早めにすませて

乾燥もゆっくりモードで、行いたいのですが

翌日の稲刈りまで仕上がらないと困りますので

様子を見ながらの乾燥です!
2020年 8月 9日 関東は猛暑アラート。佐渡は雨で涼しすぎ

立秋を過ぎましたが
暑中お見舞い申し上げます。

佐渡は、二日続けての雨で
8月とは思えない今日この頃です。

コロナばかりではない、異常気象!(ここ数年ずっと異常気象といっているような気がする)

早稲種は、穂もそろい
コシヒカリも、そろっと穂が出始めている頃ですが
ころころ変わる天気予報に右往左往しております。

刈り取るまで、わからない・読めない感じです。

登園はというと、遅れに遅れている柿の摘果を行っております。果物も雨が多く、これまた読めない状況です。

関東の皆さん、コロナに猛暑 ご自愛くださいませ。
2020年 7月 5日 今年も出会えました。

すっかりご無沙汰しております。
在庫調整のために
ずっとお休みしておりましたが
籾スリをしてみると、やはり予約分でおしまいになりそうです。すみませんm(_ _)m
また新米になりましたら
お付き合いよろしくお願いいたします。


今年も、田んぼの江掃除をしていると
コオイムシとで会えることが出来ました。
背負っていない奴は、いっぱいいるのに
背負ってるオスがなかなか見つからないなあ〜と思っておると出会えました!!! 今年も。

毎年の出会いですが
出会いもあと一年かもしれません。

来年の秋には、ほ場整備が始まり
この田んぼも潰れてしまいます。
どこかで、保護したいと思っておりますが


朱鷺どうよう、無くしてから
大事さがわかるんですよね〜〜〜


朱鷺も随分増えましたけどね f^_^;)
2020年 6月 9日 ふまれちゃった

すっかりご無沙汰しております。
佐渡の矢田です。
現在、在庫調整中で
予約分の確保を確定するために
休止しております。すみませんm(_ _)m


事件です!

前日 朱鷺がうるせえなあ〜と

お昼寝タイムに思ったのですが

そのまま、午後は柿畑に行ってしまいました。

そ、そ、そして今朝ですわ!!!!

自宅下の田んぼへ行ってみると、畳一畳ほどの稲が消えておりました。

噂には聞いていましたが
朱鷺 恐るべし。

土の奥底に、踏みつけられ

除草機で潰す場合は、行って方向に潰されているんですが

朱鷺の場合は、苗を探すのにも 一苦労。

どうも生き返るか微妙な感じです。
補植の苗も、心細い状態でこのまま空間を保ちつつ 稲刈りになってしまうかも・・・

オタマジャクシも、すっかり姿もないし

稲もないし
困った困った(>_<)
2020年 5月 4日 安堵。

5月に入りました!

通常なら、GW

日本全国行楽デーにもかかわらず
こんなGWになるなんて、昨年には思いもしなかったですね。

佐渡も、田植えが本格的に始まりました。

当園も、苗の伸び悩みがあったものの
明日からもち米の田植えから始める予定です。

写真は、今年初めて行った 露地無加温プールべたがけ。

かなり心配しました

10日ほどかかって何とか写真まで
くることが出来ました。

ネズミやら、オケラやらに
やられるリスクはあるものの、少しばかりのズル?手抜き?省力化?

言い方は、いろいろありますが
来年以降にも生かせそうです(^_^)v

あとは、田植機が動くかどうか・・・・
2020年 3月 16日 塩水で

いよいよ、田んぼモードも始まりました!
まだまだ、柿の剪定も終わりませんが
種籾の準備は、始めて行きます。

まずは、塩水選。
濃い塩水を作って、

種籾をいれ、実入りの悪い軽い種籾を選別する方法です。

昨年の猛暑の影響か
想定しているより随分多く 浮き籾が多くて
びっくりしました。

あえて濃いめの塩水なので
無理もないのですが、

お金をかけた種籾ですからね
あんまりロスが多いと、心配になってしまいます。

一部は、自家種もありますので
そちらは、思う存分厳選で行きますよ〜〜〜

これが終わると、消毒です!

只今、数量の調整中で
販売をお休みしております。
ご迷惑をお掛けしますm(_ _)m
2020年 2月 21日 あわてて籾スリ

1月の末に、玄米がなくなりました。
思って居たより早くて
急いで、籾スリ準備。

ぴかぴかの玄米を擦りましたよ〜
2020年 2月 2日 種籾準備

2月になりましたね〜
雨が続くので、作業は種籾の脱帽です。

ようは、種籾から伸びている、ひげを取り除く作業です。
これを取らないと、種まきが均等に出来ないのです。
種は、勿論コシヒカリの在来種です。

半分は、更新しますので新しい種を用意しますが
自家産 種籾も春までに準備です。
2020年 1月 25日 ちょいと。

いつもありがとうございます。

月末になって、玄米の在庫が少なくなってまいりました。
頃合いを見て、モミ貯蔵分を籾摺りする予定ですので
少々お休みを頂きます。

ご入用の際は、ダイレクトメッセージ頂ければ
対応できると思います。

御迷惑をおかけします。
2020年 1月 18日 ふきのとう

雪のない佐渡です。
雪もなく、吹雪もないので
連日、柿畑で剪定作業中です。

今日は、平年なら車でいけない積雪量もメートル越えの畑でした。

雪があれば、当然見つけられないのですが
春の兆しを足下に見つけました。

このまま雪無しの冬のまま
春を迎えるのだろうか???

下草雑草も 元気なままです。

剪定作業には、効率がいいのですが

オーストラリアの山間火事といい、
何か、首をかしげたくなる1月です。
2020年 1月 5日 2日からスタート

2020年がスタートしました。
今年は、ひっそりと静かな正月だったので
ご挨拶も遅めにしました。

オリンピックYEARで
ザワザワした一年になるかと思いますが
今年も天候に恵まれて、良い作物が採れる一年になることを祈りつつ

2日から干し柿の発送を再開し
スタートしました。

年末からバタバタしましたが
干し柿も終われば、いよいよ剪定作業のスタートです。
2019年 12月 27日 今年もお世話になりました

今年も残すところ数日になりました。
多くの方からご注文頂き
今年もお世話になりましたm(_ _)m

年末も、毎日干し柿の仕上げに明け暮れ
年明けも、休む隙無く
仕上げになりそうです。

暖冬の影響か、佐渡は今日までほとんど積雪もなく
未だタイヤ交換無し・・・(初めてかも知れません)

新年も引き続き
お付き合いよろしくお願いいたします。

皆様、よいお年をお迎えくださいませ。

佐渡・矢田
2019年 12月 13日 インフルには気をつけましょう

12月の上旬に、急遽上京して帰宅したのですが
土産に、インフルを持ち帰り
数日ダウンしておりました。

寝ながら、外では初雪が
初 積雪となり

干してある柿も、寒そうでした。

もう数日で、室内に取り込んで
仕上げに入ります!

インフルは、完治いたしました!
2019年 11月 19日 秋の作業も終盤です!

稲刈りからほぼ休み無く
秋の作業が続いております。

柿の収穫もほぼ終え

箱詰め作業も、少なくなってきましたので

干し柿作りを始めました。

天候の悪さは、ありますが

柿が堅い内に、どんどん剥いていきます!

今年も、甘い干し柿になるよう

順調に干せていくことを祈るばかりです。

相変わらず、硫黄燻蒸無しですから
暖かい雨が降らないことが一番の願いです。
2019年 11月 8日 すぐさま干し柿モードへ

11月に入って、ようやく柿の終わりが見えました。

やはり、逆算しての脱渋シーズンが終わると

そろそろと言った感じです。

そのまま、干し柿用の収穫に切り替わります。

平年並みの収量のように感じますが

後半の柿の肥大には、目を見張るものがありました!

あまり大きいと、箱に入らないので・・・

これまた困りものです。

■■ 1/25ページ[最新] ■■

お米を探す(お米の特徴から)
有機JAS認証のお米 有機JAS認証米
特別栽培米の基準を満たしたお米 特別栽培米

無農薬栽培のお米 農薬:使用なし
減農薬栽培のお米 農薬:5割以下
無化学肥料栽培のお米 化学肥料:使用なし
減化学肥料栽培のお米 化学肥料:5割以下

20年産 新米予約 受付中new
20年産 新米 販売中new

玄米 分づき米 胚芽米 発芽玄米 無洗米 米粉 もち米 おもち 雑穀米 天日干し 色彩選別処理済み 真空パック ギフト対応商品 プレミアム割引対象商品

お客さまの声

お米を探す(予算から)







お米を探す(生産者・産地から)

産地マップからお米を探す



お米を探す(品種リストから)


厳選米ドットコムは「FOOD ACTION NIPPON 食料自給率1%アップ運動」に参加しています。


はじめての方へ  -  よくある質問  -  出店するには(生産者の方へ)  -  お問い合わせ先
お友達紹介プログラム - プライバシーの考え方 - 利用規約 - サイトマップ
安全で美味しいお米の産直販売サイト