無農薬玄米等の美味しいお米を販売。農家おすすめの美味しいお米を産地直送で販売/通販する産直お米通販のお店。美味しい玄米のお米通販、有機栽培米のお米通販ならここ!
 
例)玄米 発芽玄米 無洗米 もち米 雑穀米 米粉 真空パック
ようこそ、ゲストさん

メンバー・ログイン S
- トップページ - はじめての方へ - よくある質問(FAQ)
美味しいお米をみつけよう
農場だより(電気農場)

電気農場
代 表 者 : 渡部 陽一 

7時間前にオンライン

所 在 地 : 山形県
生 産 歴 : 33年
モットー : 『毎日ご飯!』

農場だよりを更新しましたNEW( 11月 18日 更新 )



消費税増税に伴い、10月1日配送分より送料と代引手数料を改定させていただきます。

送料は増税分2%の値上げとなります。
代引手数料は
代金一万円未満が330円、一万円以上が440円となります。


お米を食べよう!もっとご飯を食べよう!
毎日食べても飽きずに美味しく食べられる。そんなお米を作ろうとがんばっています。

◎分づき米は精米と同じ価格です。

※お客様からいただいたメールには1.2日中にお返事をお出ししています。
3.4日経ってもこちらからの返事がない場合はこちらにメールが届いていない可能性がありますので、お電話でお知らせ下さい。

■■ 1/34ページ[最新] ■■

2019年 11月 18日 電気農場日記 2019年11月18日
虹が架かったよ
虹が架かったよ
一段と寒くなってきました。日もだんだん短くなってきました。
雪が来る前に豆の脱穀終わりました。コンバインやトラクターの掃除も終わり、無事格納庫に収め、あとはいつ雪が降ってきても大丈夫。
畑には大根、ニンジン、冬野菜が残っているけれども、大丈夫、大丈夫。完全に雪に埋もれ尽くすまで、収穫は続きます。

あとは収穫の終わった野菜畑のマルチや支柱の撤去。枯れた株の始末等々、天気を見ながらのんびりやりましょう。


土日は相変わらず、ムスメ達の関連行事。
昨日の日曜日は宮城県名取市で空手の大会。前回は日帰りで行ったのだけれども、ちょっと時間的な余裕も出来たってことで、前乗りして仙台の八木山動物園なんぞを見物。
動物園といえばムスメ達は河北町にある無料の小さな動物園しか行ったことが無いので、なかなかのはしゃぎよう。
私も何十年かぶりでキリンを見たので大満足。
オクサンは十数年前に見たゴリラとの再会を楽しみにしていたのに、この春亡くなったと知ってショックを受けていました。

翌日は帰りに東日本大震災で津波の被害が大きかった閖上地区に立ち寄ってみました。
区画が整備され、真新しい家が建ち並び、新しい町が出来上がっていく途中でした。
名取川の堤防沿いに出来た商業施設『かわまちてらす閖上』にて昼食。
いろいろなお店や食堂が並んでいて、なかなかの賑わいでした。
はらこ飯や焼きたての笹かま、地元のソウルフード「ももや」のカツ丼をいただきました。
とても風の強い日でしたが、快晴で日差しが暖かでした。新庄とはずいぶん違いました。
こっちはもうすぐ雪です。
2019年 11月 11日 電気農場日記 2019年11月11日
収穫終えた豆畑
収穫終えた豆畑
秋もずいぶんと深まってきました。そこここに冬の匂いがします。
天気予報も雨マークが続き、たまに雪マークなんかも見られるようになってきました。

先週無事豆の収穫を終え、あとは脱穀するだけ。
傘マークの合間の晴れを見て、なんとか今週中、雪の降る前に完了する予定です。
古〜いトラクターに豆の脱穀機を取り付けようと思ったら、もはやトラクターの電装系がいけなくなってきて無理でした。修理・・・・も無理かな。
購入して30年、こいつもとうとう寿命か・・・・。
で、20年選手の新しい?方のトラクターに取り付けて、なんとか作業できそうです。
脱穀作業が終わればいよいよ冬支度。
いや待て、まだコンバイン掃除していなかった。まあ、雪降ってからでもいいか。
2019年 11月 4日 電気農場日記 2019年11月4日
タカキビ刈り取り
タカキビ刈り取り
寒いですねえ。
夜はもはや暖房無しではいられなくなりました。
もう11月ですから当たり前ですが、少しずつ冬を迎える準備をしていかなければなりませんね。

気温は低いものの、天候はここのところ落ち着いていて、農作業にはちょうどいい天気です。
キビやアワは雑草に負けてしまいましたが、タカキビやハトムギは雑草にも負けず、なんとか無事収穫できました。
豆は大豆と黒小豆の刈り取りが終わり、赤・白小豆、秘伝豆の刈り取りがこれからです。
なんとか雪が降る前に脱穀作業まで終えることが出来ればと思っています。

野菜畑は大根、ニンジンが収穫の真っ最中。
苗の生育不良で、蒔き直した葉物野菜は生育も遅れ、はたして雪が積もるまでに収穫までたどり着けるか難しいところ、というかムリっぽい。

今年はなんかカメムシがやたら多い感じです。ということは大雪になるのでしょうか。
ああ、除雪機もだいぶくたびれてきたし、大雪は勘弁してもらいたいです。
穏やか〜に、コタツに入って冬を乗り越えたいです。
甘いかな。
2019年 10月 25日 有機JASつや姫、新米販売開始しました。
有機JASつや姫
有機JASつや姫
お待たせしました。
令和元年産有機栽培つや姫の新米販売開始しました。

有機JAS認証取得、有機転換二年目の〈転換期間中〉有機栽培です。

山形県のプレミアム米。白米はもちろん、玄米食でもおいしくいただけます。
2019年 10月 21日 電気農場日記 2019年10月21日
今年のカボチャたち
今年のカボチャたち
稲刈りも終わって、本格的に雑穀の刈り取り・・・・に入ったのですが、これがどうにも。
自宅の近くの畑に植えたアワ。夏、作業の手が回らず、草取りもハンパなうちに、あれよあれよと指をくわえてる間に、まあ、雑草の伸びること伸びること。
すっかり背の高い雑草に覆われてしまって、頭を悩ませていた野鳥対策なんぞ無駄なほどに雑草の海になってしまいました。

恐る恐る刈り取りに入ると、まあ、8月、なんとかアワが顔を出していたあたりまでの順調な成長をうかがわせるものの、その後の雑草に埋もれてしまった事を雄弁に物語る穂の成長の貧弱さ。
光の当たる周辺部分は立派な穂が伸びているものの、こちらは野鳥にかなり食べられていて、とても販売できるほどの収穫は見込めない状態。

なんとか来年の種分くらいはと願いつつ、ひたすら雑草を刈り取る日々。
まだまだ続きます・・・・。
2019年 10月 14日 新米販売開始しました。
有機JAS米販売開始しました。
有機JAS米販売開始しました。
お待たせしました。
令和元年産のJAS有機米、ササニシキとさわのはなの販売を開始しました。

今年のお米もよろしくおねがいします。
2019年 10月 6日 電気農場日記 2019年10月6日
稲刈り終了しました。
稲刈り終了しました。
秋も深まり、ずいぶん寒くなってきました。
ここ新庄は秋が深まってくると、朝は毎日のように深い霧に包まれます。
さらに秋が深まると、昼頃まで霧が晴れない日もあります。
朝の農作業は朝露でぐっしょり濡れながらの作業です。

台風名残の雨を挟んで、無事稲刈りが終わりました。
雨に泣かされた去年と違って、今年は最後までずいぶんと楽な稲刈りでした。
これからまだまだ籾すり作業が残っていますが、とりあえずは一段落、ホッと一息です。

夏〜秋の野菜の収穫もだいぶ減ってきて、大根やカブなど、秋〜冬の野菜の収穫が始まります。

豆・雑穀の刈り取りと並行して、野菜の収穫作業も始まります。
10月の週末は毎週ムスメのスポ少の大会もあります。
やっぱり忙しい毎日です。
でもとりあえずは、平日にでも、山の温泉にでも浸かって来ましょうか。
2019年 9月 29日 電気農場日記 2019年9月29日
稲刈り日和です。
稲刈り日和です。
稲刈りも後半にさしかかっています。
穏やかな日和が続きます。
汗をかくほど暑い日もありますが、涼しい秋の乾いた風がすぐに汗を乾かしてくれます。
稲刈りが始まった頃の暑さはもうありません。
寒いくらいの日もあります。

田んぼの土は硬く締まって、コンバイン作業も順調に進んでいます。
ササニシキ、さわのはなと刈り取りが終わり、手刈りの黒米と赤米も終わりました。
残るのは晩生のつや姫とコシヒカリです。

ちょうど『秘伝豆』の枝豆の時期なので、稲刈りや籾摺りの合間を見て収穫しています。
除草剤を使っていないので、雑草をかき分けながらの刈り取りで難儀しています。
秘伝の枝豆は大粒で風味が強く、とても美味です。なので忙しい時期と重なろうとも、やめることは出来ません。
枝豆の旬はほんの短い間なので、今年もあと少しで終わってしまいます。
来年もまた、この忙しい時期に「あ〜忙しい、忙しい」って言いながら収穫していることでしょう。

これからまた豆や雑穀の刈り取り、秋の野菜達の収穫もあり、忙しいながら充実した日々です。
2019年 9月 21日 電気農場日記 2019年9月21日
アマランサスの刈り取り
アマランサスの刈り取り
稲刈り始まりました。
最初は黒米から。手刈り、天日乾燥です。
黒米の刈り取りが終わると、コンバインで本格的に稲刈り開始です。
去年は集中豪雨や長雨のせいで、田んぼがかなりぬかるみ、機械が入れず手刈りしたところも結構ありました。
今年は天候もよく、コンバインがぜんぜん沈みません。ガンガン稲刈りが進みます。

ササニシキの刈り取りが終わり、さわのはなに取り掛かっています。
今日は稲刈り一端休止、アマランサスの刈り取りをしました。
こちらも手刈りで天日乾燥です。

今年は野菜畑の手入れに力を注いだせいか、豆や雑穀の畑の除草が追いつかず、作物が雑草の中に埋もれて、はたして収穫が出来るかどうかといった状態のところもあります。

しかし背の高いアマランサスやタカキビは雑草にも負けずに立派に育っています。
刈り取りしていても楽しいです。
暖かな日差しに涼しい秋の風。とても心地よい作業でした。
2019年 9月 20日 10月1日より
稲刈り始まりました。
稲刈り始まりました。
消費税増税に伴い、10月1日配送分より送料と代引手数料を改定させていただきます。

送料は増税分2%の値上げとなります。

代引手数料は
代金一万円未満が330円、一万円以上が440円となります。

なお、新米予約で金額確定済みのご注文に関してはそのままの金額でご請求させていただきます。
2019年 9月 13日 電気農場日記 2019年9月13日
雑穀も実りはじめました。
雑穀も実りはじめました。
季節が流れていくのは早いものです。
あれだけ暑かった夏が去り、朝晩寒いくらいの季節になりました。
日中はまだ夏のような暑さがありますが、吹く風が爽やかで、流れる汗もすぐに乾きます。
今年の夏はかなり暑かったので、お米の品質が心配です。

9月に入りなんとか稲刈り前にラッキョウとニンニクの植え付けを終えました。
秋野菜の定植や、ニンジン・ダイコン畑の除草、周囲の草刈り。畑の仕事も途切れませんが、そろそろ気持ちを稲刈りモードに切り替えなければいけません。
去年は雨続きで田んぼがかなりぬかるんで、コンバインが入れずに手刈りしたところがずいぶんありました。
今年はスムーズに稲刈りが出来るよう祈るばかりです。

稲刈りと並行して雑穀の刈り取りもしなければならないので、これから忙しい日々が続きます。


※お知らせ

10月からの消費増税に伴い、10月1日配送分から送料と代引手数料を若干値上げさせていただきます。ご了承願います。
2019年 8月 30日 電気農場日記 2019年8月30日
今年のラッキョウ
今年のラッキョウ
いや〜、今年の夏は暑かった。
暑くて仕事になりませんでした。

なにせ連日35℃越えとか。まともに仕事していると確実に倒れてしまいます。
日中畑にいると、身の危険を感じるほどでした。
今年は夜も気温が下がらず、寝苦しい夜もありました。
稲はだいぶ体力を消耗したのではないかと心配です。

まあ、夏野菜の方は食べきれないほど次々と実りましたが。

夏野菜の収穫や、田んぼの仕事は涼しい早朝。
でも、朝食で家に帰る頃にはもう汗だくです。
外仕事できないときは、ラッキョウを浸けたり、味噌を仕込んだり、直接収入に繋がらない仕事ばっかりやってます。
今年のラッキョウも植え付けしなきゃならないのに、なかなか取りかかれません。

8月も終わり、秋の収穫の準備が始まります。↓
でも夏、仕事がはかどらなかったせいで、まだまだやり残した仕事が山積みです。
去りゆく夏の寂寥に浸っている間もなく、また忙しい日々が始まります。

稲刈り前にラッキョウ植えなきゃ。
2019年 7月 18日 電気農場日記 2019年7月18日
田んぼのゴイサギです。
田んぼのゴイサギです。
かなり気温の上下動が激しかった6月から、だいぶ落ち着いてきました。
適度に雨が降って、天気のいい日があって、過ごしやすい梅雨です。
とはいえ、ここ何日かはかなり暑かったので、体がついて行かずバテバテです。
今日は午後から雨になり、気温もいい感じに涼しくなり、体もホッとしています。
7月になり、とりあえず田んぼの仕事は一段落。畑に仕事が中心になります。
夏野菜もぼちぼち収穫が始まりました。

目が回るほど忙しかった4月、5月、6月が過ぎ、ちょっと楽になるはずなのに、なんかダメですね。
やり残した仕事も残ったままだし、そのうち次の仕事が入ってくるし、気持ちにぜんぜん余裕が無くて、常にどっか焦っている感じで、なんか楽しめないですね。
このまま夏を過ごして、秋を迎えそうです。

なんかいい気晴らしはないですかね。
2019年 6月 29日 電気農場日記 2019年6月29日
川沿いの露天風呂
川沿いの露天風呂
豆、雑穀の種まきが終わっても、6月は仕事が途切れることがありません。
二回目の田んぼの除草、野菜畑の支柱立て、雑穀畑の中耕除草、畦の草刈り、そして今の仕事は三回目の田んぼの除草。

おまけに土日はスポ少とかムスメの行事が必ず入ってきます。
空手の大会が盛岡で。
去年は7月だったので、旅行も兼ねて一泊で行ってきたのだけれども、6月は毎日田んぼの水管理もしなくちゃならないし、泊まりは無理って事で、早起きして、日帰りで盛岡まで行ってきました。
結構な大雨です。行きは高速で二時間ちょっと、帰りは下道で途中温泉に寄ったりして。

以前から行きたかった花巻の『大沢温泉』。
立派な旅館と、湯治用の古い自炊棟があります。
あと、茅葺きの旅館もあるのですが、現在は休止中とのこと。

5箇所あるお風呂のうち、川沿いにある露天風呂『大沢の湯』へ。
大雨で増水し濁った川の音を聞きながら、雨に打たれての入浴です。
それでもまあ、何と心地よいことか。
お湯はややツルッとした感触で無色透明。あまり特徴を感じないのに、なんかすごく効く感じがします。癒やされます。
さすが古くからの名湯です。

湯治料金の安いこと!
連泊したいな〜。


梅雨の真っ只中ですが、30℃越えの日があったと思えば、ストーブが必要なほど寒い日があったり、なかなかめまぐるしい天候です。
それでも野菜達は順調に生育しています。
稲もどんどん茎が増え、丈が伸び始める時期です。
7月はもうちょっとゆったりと仕事がしたいなあ。
2019年 6月 14日 電気農場日記 2019年6月14日
瀬見温泉・薬研の湯。注・激熱なので入れません。
瀬見温泉・薬研の湯。注・激熱なので入れません。
いやはや暑くなったり寒くなったり大変です。
田植えが終わって、一回目の田んぼの除草を終え、野菜の定植作業に没頭。
終わると今度は豆と雑穀畑の耕起と播種。
なんとか雨が来る前に終えることが出来ました。

体から疲労が抜ける暇がありません。
なんとかかんとか時間を都合して、一度だけ温泉に浸かりました。
最上町、瀬見温泉の共同浴場。
宴会をしに通っていた頃は気にも留めなかったのですが、実はなかなかいいお湯なのです。

平日日中ということもあり、男湯は貸し切り状態。
だいぶほっこりしました。
ただ、春先から溜まりに溜まった疲労を癒やすには不十分。
せめて三日でいいから、湯治がしてみたい。

すべての種まきが終わって、やっとのんびり。できる。か?
早々に二回目の田んぼの除草をしなければ。
畦の雑草も伸び放題。こっちの刈り取りもしなくっちゃ。
春先に種を播いたニンジン畑はもはやゴルフ場かと見間違うほど雑草の緑に覆われてしまっています。

次温泉に行けるのは何時だろうか。

■■ 1/34ページ[最新] ■■

お米を探す(お米の特徴から)
有機JAS認証のお米 有機JAS認証米
特別栽培米の基準を満たしたお米 特別栽培米

無農薬栽培のお米 農薬:使用なし
減農薬栽培のお米 農薬:5割以下
無化学肥料栽培のお米 化学肥料:使用なし
減化学肥料栽培のお米 化学肥料:5割以下

19年産 新米予約 受付中new
19年産 新米 販売中new

玄米 分づき米 胚芽米 発芽玄米 無洗米 米粉 もち米 おもち 雑穀米 天日干し 色彩選別処理済み 真空パック ギフト対応商品 プレミアム割引対象商品

お客さまの声

お米を探す(予算から)







お米を探す(生産者・産地から)

産地マップからお米を探す



お米を探す(品種リストから)


厳選米ドットコムは「FOOD ACTION NIPPON 食料自給率1%アップ運動」に参加しています。
「厳選米ドットコム」は、シマンテックのセキュア・サーバIDを取得しています。
ご注文情報はSSL暗号化通信により保護されます。
ご安心してショッピングをお楽しみください。


はじめての方へ  -  よくある質問  -  出店するには(生産者の方へ)  -  お問い合わせ先
お友達紹介プログラム - プライバシーの考え方 - 利用規約 - サイトマップ
安全で美味しいお米の産直販売サイト