無農薬玄米等の美味しいお米を販売。農家おすすめの美味しいお米を産地直送で販売/通販する産直お米通販のお店。美味しい玄米のお米通販、有機栽培米のお米通販ならここ!
 
例)玄米 発芽玄米 無洗米 もち米 雑穀米 米粉 真空パック
ようこそ、ゲストさん

メンバー・ログイン S
- トップページ - はじめての方へ - よくある質問(FAQ)
美味しいお米をみつけよう
農場だより(電気農場)

電気農場
代 表 者 : 渡部 陽一 

14時間前にオンライン

所 在 地 : 山形県
生 産 歴 : 33年
モットー : 『毎日ご飯!』

農場だよりを更新しましたNEW( 7月 31日 更新 )



お米を食べよう!もっとご飯を食べよう!
毎日食べても飽きずに美味しく食べられる。そんなお米を作ろうとがんばっています。

◎分づき米は精米と同じ価格です。

※お客様からいただいたメールには1.2日中にお返事をお出ししています。
3.4日経ってもこちらからの返事がない場合はこちらにメールが届いていない可能性がありますので、お電話でお知らせ下さい。

■■ 1/35ページ[最新] ■■

2020年 7月 31日 電気農場日記 2020年7月31日
今年のラッキョウ漬け
今年のラッキョウ漬け
寒いまんま7月が去って行くようです。
毎日のように雨が降り、寒い日が続きました。
雨の合間を縫って、培土作業やニンジンの種播きなど、なんとかやるべき仕事をこなしました。

7月の末頃には早生の稲はチラホラ穂が出始めるのですが、今年は黒米の走り穂がちょこっと顔を出しただけで、他の稲はまだ穂が顔を出していません。
今年の収穫が心配になってきます。

野菜も長雨と日照不足による生育の遅れや病気の発生などで、あまりいい感じではありません。

どちらにしてもお天道様のご機嫌次第です。
8月、暑くなるといいなあ。


昨日と今日は、収穫したラッキョウで、一年分の甘酢漬けを仕込みました。
ちょこっととっておいた生ラッキョウを肴にして、一杯やろうかな。
2020年 7月 10日 電気農場日記 2020年7月10日
田んぼではトンボの羽化が盛ん
田んぼではトンボの羽化が盛ん
6月は田んぼの仕事と畑の仕事がかち合って、のんびりする間もなく過ぎていってしました。
気が付いたら7月も三分の一を過ぎています。田んぼの仕事はとりあえず一段落。野菜畑は少しずつ収穫が増えていっています。

夏になったら、これまた休む間もないほど忙しくなるのですが、今のところは収穫よりも、支柱を立てたり、脇芽を取ったり、生育管理の作業が中心です。
今年はネキリムシがとても多くて、苗を植えては切り倒され、植え直しては切り倒されのいたちごっこを繰り返しています。

先日は有機の野菜栽培の先生を迎えての勉強会でした。
大量生産型の慣行栽培だとそれなりに勉強する場もありますが、少量多品目生産の有機栽培というとなかなか勉強する場がありません。

稲は農業高校で通常の慣行稲作を勉強し、慣行栽培から始め、後に有機栽培を少しずつ増やしていったのですが、野菜栽培はその後にいきなり有機栽培からはじめたので、まだまだ初心者みたいなもので、学ぶことがいっぱいあります。
学びながら、実践しながら、販路も開拓していかなければなりません。
遠い道のりですね。のんびりやっていこうと思っています。

6月中は雨が無く、かなり暑い日が多かったのですが、7月になって雨ばっかり続いています。結構寒い日もあります。
そんな中でも、雨音の隙間から蝉の鳴き声が聞こえて来るようになりました。
雨の日が続きますが、今年の梅雨明けは遅いのでしょうか。
子供達の夏休みはずんぶんと短くなるようです。
2020年 6月 16日 電気農場日記 2020年6月16日
ジャガイモの花
ジャガイモの花
田植えが終わってホッとしたのも束の間、何気に忙しい6月です。

野菜畑の畝立て、マルチ張り、定植、支柱立て。豆・雑穀畑の耕起、種播き。それから田んぼの除草。という間に春先に種を播いた野菜畑も雑草に覆われてきて・・・・。育苗ハウスの片付けもまだ途中。
なかなかゆっくり休んでいる余裕がありません。

さらには地区で持ち回りの農業協力員って役が回ってきて、丸一日巻き尺を持って地区中の田んぼを歩き回っていたら、ああ、腰が痛い。最初単なる筋肉痛と思っていたら、ぎっくり腰的な激痛に変わってきて、立ち上がるだけでも辛い状態に。

だいぶ体にガタがきているのか、それとも冬の間雪が無くて楽をしたツケが来たのか?
春先から膝が痛くなって、やっと痛みが引いてきたと思ったら今度は腰痛。
さいわい直近の仕事は田んぼの除草。除草機に乗ってじっと座っているだけなので、なんとか仕事になります。

あっ、そういえば2ヶ月以上温泉に行っていない!!
いそがしくて温泉に行くヒマが無い!
どーしましょー!
2020年 6月 16日 ササニシキ、さわのはな販売終了しました。
雑穀の種まき作業
雑穀の種まき作業
有機栽培ササニシキとさわのはなの販売は終了しました。

令和元年産米の販売は黒米と赤米のみになりました。
雑穀共々よろしくお願いします。
2020年 5月 29日 ササニシキ販売再開、つや姫販売終了
田植え風景
田植え風景
在庫に余裕が出来たので、有機栽培ササニシキの販売を再開します。

つや姫は在庫終了で完売となりました。
2020年 5月 28日 電気農場日記 2020年5月28日
田の畔に咲く菜の花
田の畔に咲く菜の花
寂しい日々が淡々と流れ、もはや田植えも後半です。

雪が無い冬で、春先の水不足が心配されましたが、田んぼの井戸は例年通りの水量でホッと胸をなで下ろしました。
まあ、地下水は数年掛けて流れるらしいので、すぐには不足しないのでしょうが、これから夏に向けてのダムの水が心配です。

代かき〜田植え作業は特にトラブルも無く、順調に進んでいます。
いつもの年なら、田植え時期ど真ん中に、小学校の運動会が食い込んでくるのですが、今年はコロナ騒動で、運動会延期。その他のイベントも無し。
なので、作業が中断することもなく、例年以上に順調です。
それでも、年々体にガタがきて、今年は春先から膝が痛くて。
いつもなら田植えが終わると、溜まった疲れを癒やしに温泉へと繰り出すのですが、コロナの収束していない今年はどうかなあ。
人が集まる日帰り施設は無理かなあ、山奥の湯治宿だったら大丈夫かも。
妄想はふくらむばかり。
とにかく、まずは一休みしたい。一日ぐーたらしたい。
あとちょっとガンバロウ。

小学校も半日授業ではあるものの、やっと毎日登校になって、下のムスメもすっかり小学生です。
少しずつ、日常が戻ってきている感じがします。
2020年 5月 8日 電気農場日記 2020年5月8日
山菜山盛り!
山菜山盛り!
天気がいいです。
でも、夏のように暑い日があったり、冬の格好じゃないと寒い日があったり、なかなか体が大変です。

稲の苗は順調に生育中。苗床に水を張る『プール育苗』です。これだと農薬無しでも病気が出ません。
ビニールハウスですが、水を張ったらハウスはほぼ開けっぱなし。なるべく自然に寄せて育てていきます。

田んぼは肥料を散布して、田起こしをしています。土が乾いてガチガチで、土煙が舞うほどです。トラクター作業はし易いですが。

野菜畑は種を播いたり、苗を定植したりと、作業があれこれとたくさんあります。
田んぼと畑の作業が複雑に絡み合って、どんどん忙しさが加速していきます。


今時期は毎日のように知り合いから山菜が届きます。
おかげでオクサンはこの一週間、買い物に行かないで済んだと大喜び。
子供らは未だ自宅待機。下のムスメはこの長い休みのおかげで、なんとか自転車に乗れるようになりそう。
来週、いよいよほんとに小学校の入学式と、始業式が行われそうです。
その後授業がどうなっていくかはまだ分かりませんが、やっっっと小学生になれそうです。

と、今日仕事を終え家に帰ったら、下のムスメがスイスイ自転車をこいでいる。

なに?!

実は2,3日前から乗れるようになっていたのだけれど、ちゃんと乗れているところを見せたくて、トーチャンの前ではわざと乗れない風を装ってたとのこと。
味なことをしやがる。
2020年 4月 29日 電気農場日記 2020年4月29日
畔塗り作業
畔塗り作業
稲の種まきは順調に終わりました。
種を播いた苗箱を育苗機に入れて、温かく蒸して芽を伸びさせる方法が一般的ですが、家では種を播いたらすぐ育苗ハウスに並べるので、寒い日が続くとなかなか芽が動きません。
それでもようやく天気が上向いてきて、芽も伸び始めたようです。

田んぼの作業も始まりました。最初の作業は田の畔を水漏れが無いように塗り固める畔塗り作業です。
トラクターに専用の機械を取り付けてするのですが、去年まで使っていた古いトラクターはお釈迦になってしまったので、新しい方のトラクター(といっても20年以上使っているのですが)に取り付けて作業しました。
どちらも年季が入った機械なので、慎重に、ハラハラしながら作業しました。
なんとか無事に終わりましたが、来年は部品総取っ替えで整備してからでないと、作業は難しそうです。

晴天が続きそうなので、野菜の植え付けなんかもはじめようと思っています。
桜は今満開です。
2020年 4月 23日 電気農場日記 2020年4月23日
お手伝いし放題です。
お手伝いし放題です。
寒いです。毎日なんか寒いです。
緊急事態宣言とかで、仕事以外することもなく、ただ黙々と農作業にいそしむ毎日です。
開店休業状態も多い中、通常通り仕事が出来るのはほんとにありがたいことです。
小学校はしばらくお休み。子供らは毎日家の中をドタドタ走り回ってます。
農作業のお手伝いには事欠きません。
苗箱に床土を詰める作業とか、大変重宝しました。
それでも、重要な種播き作業は遠慮してもらいました。笑

種播きしてからも結構寒く、ビニールハウスの中でも温度が上がらず、芽が伸び出すのは時間がかかりそうです。
野菜苗も芽は出たものの、成長が遅いですね。

今こちらはやっと桜が咲きました。新庄の『カド焼き大会』、真室川の『梅まつり』、春恒例のイベントはみんな中止です。
それに寒くてお花見どころじゃないですね。
なんともさみしい春です。
雨が上がったら、田んぼに出なきゃ。それからムスメの自転車を買いに行かなきゃ。
2020年 4月 15日 黒米販売開始しました。

お待たせしました。令和元年産の黒米・赤米販売開始しました。

農薬・化学肥料不使用、天日乾燥です。
どうぞよろしくおねがいします。
2020年 4月 5日 電気農場日記 2020年4月5日
種籾の温湯消毒
種籾の温湯消毒
とうとうこちらにもやって来たコロナの波。
おかげで小学校は今月後半まで休校。はたして入学式は行えるのやら。

農作業の方はやはり雪が無いので順調に進んでいます。
3月末には種籾の塩水選と温湯消毒を完了。今は種籾を水に漬け込み、水を吸わせている段階。

注文していた肥料や苗床の土もぞくぞく到着中。

毎年芽が出る前に野ネズミに荒らされる育苗ハウスの野菜苗。
有効な対策が思いつかないまま播種。
それでも微かな希望があったのです。
試しに冬の間に播種していた葉も野菜の苗が、特に対策せずとも無事だったのです。
恐る恐るその他の野菜も種を播いてみると、未だ被害ゼロで芽が出始めました。

どうも、雪の無いせいか、冬の間近所の野良猫が、育苗ハウスの中をうろちょろしていたことがあったのです。
ネズ公はそれで警戒して、手を出さないのでは。
どうかこのまま無事で育って下さい。
2020年 3月 27日 電気農場日記 2020年3月27日
種籾の芒取り作業
種籾の芒取り作業
雪が積もらなかった冬。いつの間にか春です。
毎年春の大仕事、積もった雪の融雪作業が無いので、今年はゆるゆると春作業に移行しています。
脱穀作業をしていたビニールハウスを片付けて育苗仕様に模様替え中。
種籾の芒取りをして、種子の塩水選・温湯消毒の準備。
順調に、着々と作業は進んでいます。


突然のコロナ騒動で上のムスメは3月中ずっと自宅待機。気が遠くなるほどの量の宿題に埋もれて悪戦苦闘しています。

下のムスメが3月で保育所修了。とうとう我が家の幼児期は終了です。
ヤレヤレやっとという気持ちと、もっとこの時期が続いてほしいという気持ちが両方。
勉強部屋と勉強机が欲しいって事で、半分物置になっていたオネーチャンの部屋から数日掛けて不要物を撤去。山ほどの荷物を掻き出し、詰まった思い出を泣く泣く処分。
自分の部屋では勉強しないオネーチャンの部屋の半分に、下のムスメのスペースをなんとか確保。4月に間に合いました。

修了式前日に突然降雪。朝起きたら積もっていてビックリ。なぜ今さら?
それでも春の雪。昼頃にはすっかり融けてしまいました。
修了式当日は快晴。やや風強し。
今のところ山形県はコロナ発症者無し、年下の子らの参加は無しで、式自体もすこし省略されましたが、無事に修了式出来ました。ヨカッタ、ヨカッタ。
入学式も簡略化されるようですが、なんとか無事で開催できますように。
そして、今年もお花見が出来ますように。
2020年 3月 10日 電気農場日記 2020年3月10日
今年の醤油完成しました。
今年の醤油完成しました。
すっかり春です。あったかい。
この冬、雪が大地を覆っていたのは何日あったでしょうか。何度か積もりましたが毎回数日後には融けて、あとはずっと田畑の土が顔を出していました。
こんな枯れた色の冬は初めてです。
いつもなら4月に雪が融け、白い世界と交代で黒い土と明るい緑が顔を出すんですけれども、今年はずうっと枯れっぱなし。季節の切り替えが頭ん中で上手くいきませんね。

例年、今時期は除雪で溜まった堅い雪を、顔を出した地面に散らかして溶かす作業をはじめる頃ですが、今年はまったく積もっていないので、雑穀の脱穀とか、冬の農作業をのんびりとやってます。
冬の間の仕事もだいぶメドがついてきたので、そろそろハウスの中を片付けて、育苗の準備を始めようかと思っています。
悩ましいのは苗を荒らすネズミ対策。結局いい思案は浮かばないまま春作業に突入しそうです。

今年も冬の間に味噌を仕込み、醤油を絞りました。春作業が始まる前に今年の醤油を仕込む予定です。
2020年 1月 1日 あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます。
本年も相変わらぬご愛顧のほど、よろしくおねがいします。
2019年 12月 9日 電気農場日記 2019年12月9日

一年のたまった疲れがどっと出たのか、12月に入っていきなり風邪引きました。
といっても、症状は軽かったので、2、3日で完治しました。
そうこうしてる間に、ドカッと、大雪にやられました。

はっ、はっ、はっ。あっという間も無く積もってしまいました。
うっすら積もった雪をかき分けながら、残った大根・ニンジンを収穫しようかなんてのんびり構えていたら、いきなり膝の高さまで積もりました。
こりゃ、根雪ですね。とても野菜掘り出すレベルじゃないですね。

先週土曜日はムスメ△里ゆうぎ会。
最後のおゆうぎ会なので、ムスメも気合い入ってます。
一週間も前から前回、前々回、その前のおゆうぎ会DVDを観て、イメージトレーニングに余念がありません。
前日は空手の稽古を休んで当日に備える徹底ぶり。
当日。無事やり終えたムスメは、一気に気が抜けたのか、駄々こねまくりでした。

さて、雪の降る中、ビニールハウスで雑穀の調製作業に精を出す日々です。
大雪やだなー。

■■ 1/35ページ[最新] ■■

お米を探す(お米の特徴から)
有機JAS認証のお米 有機JAS認証米
特別栽培米の基準を満たしたお米 特別栽培米

無農薬栽培のお米 農薬:使用なし
減農薬栽培のお米 農薬:5割以下
無化学肥料栽培のお米 化学肥料:使用なし
減化学肥料栽培のお米 化学肥料:5割以下

20年産 新米予約 受付中new
玄米 分づき米 胚芽米 発芽玄米 無洗米 米粉 もち米 おもち 雑穀米 天日干し 色彩選別処理済み 真空パック ギフト対応商品 プレミアム割引対象商品

お客さまの声

お米を探す(予算から)







お米を探す(生産者・産地から)

産地マップからお米を探す



お米を探す(品種リストから)


厳選米ドットコムは「FOOD ACTION NIPPON 食料自給率1%アップ運動」に参加しています。


はじめての方へ  -  よくある質問  -  出店するには(生産者の方へ)  -  お問い合わせ先
お友達紹介プログラム - プライバシーの考え方 - 利用規約 - サイトマップ
安全で美味しいお米の産直販売サイト