私達が育てています

佐藤農場

農場名 佐藤農場
代表者 佐藤 敏明
所在地 新潟県
お米生産歴 30年
お米作りのモットー 棚田のある里山と、食の安全を守ります

お米作りへの思い

 減農薬・減化学肥料栽培米です。
100%天然水使用!!!雪国の棚田で作られた混じりっ気無しの『魚沼産コシヒカリ』をご賞味ください。
 飲料水としても使用できるミネラルたっぷりの湧水と、天然雨水を農業用水に使用しています。
 (無料宿泊体験ツアーも可能)

ここで作っています


新潟県小千谷市船岡3−3−22

商品の一覧

上へ 

お客様の声

上へ 


本物の『魚沼産コシヒカリ』

小田 登美さんのコメント 2008年10月14日

先日届きました。今年初めて口にする新米です。早速丹波篠山の栗と雑穀で栗ごはんにしました。ああおいしい。しかしもっと美味しくするために研究するつもり。白米と同時に玄米も購入したのでいろいろアレンジするのが楽しみです。ありがとうございました。

本物の『魚沼産コシヒカリ』

もりねえさんさんのコメント 2007年11月25日

今回もわがままをおかけして申し訳ありませんでした。
早速、実家に届いたお米を家族みんなでいただきました。
とってもふっくらして甘みのあるお米で
家族みんな大変喜んでおりました。
ありがとうございました。

本物の『魚沼産コシヒカリ』

もりねえさんさんのコメント 2007年4月2日

急ぎの注文という無理なお願いをしてしまいましたが
丁寧で迅速な対応をしていただきありがとうございました。

とっても美味しいお米でした。
やはり「魚沼産」は違うなと感激いたしました。
急にお客様が来ることになり注文いたしましたが
お客様にも大変美味しいと普段よりたくさん召し上がっていただけました。
ご飯が美味しいと、おかずはちょっと手を抜いてもご飯が進みますね。
これから忙しい時期になるかと思いますが、お体に気をつけて
頑張ってください。
またよろしくお願いいたします。

本物の『魚沼産コシヒカリ』

坂井りかこさんのコメント 2006年10月23日

ものは験しにと思って注文したら本当に美味しいお米でびっくりしました。
やっと本物のお米に出会えたなと思えてとても喜んでます。
いつまでもこの良質なお米生産こだわって元気で頑張って下さい。

見た目は、真っ白で一粒一粒が光って粘っこくなく独立して立っている。
食感はつぶつぶして噛むと甘味がありかむたびにお米の香ばしさがあり
おかず無しでもどんどんいけちゃうほど美味しかった。
一番のお奨めは、塩だけのおにぎりです。

本物の『魚沼産コシヒカリ』

yamayamaさんのコメント 2006年2月11日

地震と雪の影響が心配でしたが、とってもおいしいお米でした。
なにもつけずに、ごはんだけで食べてもおいしいので
カレーライスで食べるのが、もったいない感じがします。
お米につやがあって見た目もとても良いです。

農場だより

上へ 


新米出荷ちう!

2017年10月3日

夏の長雨で性おい区が遅れ、稲刈りと出荷もずれこんでしまいました。
お待ちかねの「魚沼産コシヒカリ・棚田米」のあ出荷を開始しました。
ご家庭だけでなく、贈答にもご利用ください!

新米出荷ちう!

新米出荷を開始しました

2017年9月28日

 8月の長雨で稲の生育が遅れ、田圃も軟弱で稲刈に苦労をしています。
稲刈りはまだ終わりませんが、新米出荷を開始しました。
ご家庭だけでなく、贈答にもご利用下さい。


出穂(ようすい)の確認

2017年7月14日

 早生品種の酒米「亀の尾」の出穂が、茎の中を登り始めました。
今後の天候にもよりますが、稲刈りは9月上旬でしょうか?
#お中元 に #魚沼産コシヒカリ・棚田米、#お祝い米 ! 新鮮な籾付き雪中保存米を、のし紙サービスでお届けします。
オリジナルメッセージ、オリジナルお祝い米も承ります。

出穂(ようすい)の確認

「籾付き雪中保存米」の出荷が可能になりました

2017年5月25日

籾付き雪中保存米が検査から戻り、何時でも出荷が可能です。
検査結果は、もちろん全て1等米!
お米屋さんから購入するお米は、殆どのお米がブレンドされています。
魚沼産コシヒカリ同士のブレンドでも、1等米から3等米までがブレンドされてしまいます。
また、新潟県は都内のお米販売店を毎年抜き取りで買い取り、DNA検査を実施しています。
その結果、県外産のコシヒカリや他品種のお米がブレンドされている事の判明しています。あまりにも含有量の多い販売店は新潟県が刑事告発をしています。
私が販売するお米は私が作ったお米だけを直接販売していますので、お米屋やお店で購入することはできません。
「残留農薬ゼロ」「安心・安全」だけでなく、私が作った美味しくて新鮮なお米をどうぞご賞味下さい。

「籾付き雪中保存米」の出荷が可能になりました

水路パトロール

2017年4月4日

 春先の水路パトロールに出かけてきました。
例年なら3mを超える積雪になるのですが、今年の積雪は2mほどで小雪傾向です。
しかし棚田には今でも1.5mほどの残雪が有り、水路にゴミや落ち葉がつかえて田圃や農道に溢れています。
 雪解け水が増えないうちに、水路を見回って落ち葉がつかえた水路を掃除しないと、田圃や水路の決壊につながります。
 降雪前と春先の水路パトロールは、棚田の雪国では欠かせない農作業です。

水路パトロール