私達が育てています

佐渡・矢田農園

農場名 佐渡・矢田農園
代表者 矢田徹夫
所在地 新潟県
お米生産歴 34年
お米作りのモットー 元気なれる!おこめ

お米作りへの思い

朱鷺で知られる佐渡島で、34年も前から従来農業を反省して、安全を第一に農薬を減らした栽培に取り組んできました。今では、息子の私とオヤジで、農薬を一切使わない農薬無使用と化学肥料無使用で栽培して来ました。
 当園の栽培方法は、稲に元々備わっている生命力を最大限引き出して行く『栄養周期説農法』と炭素により田圃へ集約して植物を活性化させる『電子農法』です。
 土作りに対しても、微生物をおからと米ぬか・自家鶏糞等を使って増殖発酵させて、年に3〜4回も田圃に補給しています。お陰で、田圃の土もどろどろ状態で雑草も出にくくなっていますが、やっぱり草取り作業はとっても大変なんですよ!
田んぼには、最低限なものしか入れておりません。ぼかしと豆。 元肥も穂肥もなし。
稲わらも数年かけて分解されるので、最低限の有機物で、根を深く深く伸ばして行きます。収量はあまり期待できませんが、美味しいお米に育て上げます!皆さん、健康の為にも玄米食をお勧めします。

古代米以外は、籾貯蔵しています。籾は生きていますから、殻付きが新鮮です!梅雨入り前には、冷蔵庫保管にします。
 玄米には、先入観で食べにくいものと思われますが、当園の玄米は、ふつうの炊飯器でも充分柔らかく食べられますので、ご安心ください。(一日水に浸してから炊いてみてください)古代米と一緒ならさらに栄養面・免疫力ともかなりのレベルで体内に補給できてお薦めです。古代米と一緒に炊くときは、古代米だけ一日多く水に浸けて炊いてください。

 皆さんとの距離が遠いため、わが家との「顔のみえる関係」は、まだ充分とは言えませんが、信頼の上にたったおつきあいをお願いするものです。かねて申し上げてきたように、わが家は、<まごころ=誠>を商い(強いて言えば)する考えです。そのために、今年を最大ピークに生産規模を縮小し、より良心に添った、良品を作る考えです。

私は年賀状に「オタマジャクシも生産のうち」と書きました。生態系農業は文字通り、国土の保全も目的であり、持続可能性のある農業を目指しております!
朱鷺が田んぼの上を、飛んでいくことがあります。
田んぼでは、朱鷺の餌となるサドガエルも、ドジョウも当然生産しているような
そんな田んぼでお米を育てて行きます

ここで作っています


新潟県佐渡市長江1109

商品の一覧

上へ 

お客様の声

上へ 


農薬不使用 こがねもち

高橋順子さんのコメント 2019年2月14日

初めまして、先日はご丁寧に、お電話を頂いたのに出れずに失礼しました。

今回は無農薬の餅米の玄米を探していて、矢田さんのお米をみつけました。今までは健康食品店で買った玄米を発芽させて小豆と一緒に炊いて、保温状態で数日間寝かせて発芽発酵玄米にして食べていましたが、なかなか美味しいお米に巡り合わずに、味に関しては半ば諦めていました。
でも、矢田さんのお米を発芽させて圧力鍋で炊いたら、白米のお赤飯みたいで、とても美味しくて感動しました。
願わくばもう少し価格が安いとありがたいですが、無農薬で餅米を生産するのは大変だと聞き納得しました。これからも美味しいお米を作ってください。

30年以上同じ田んぼで農薬不使用米 こしひかり

武藤さんのコメント 2019年1月30日

私の母がコシヒカリが好きなのですが、無農薬の安全なものをとのことでお願い致しました。私は玄米派なのですが母は白米が好きなので母の分はその都度精米しております。食味は母好みの良い香りとなめらかさです。矢田農園さんの安全でおいしいお米を食べたらスーパーのお米はもう食べたいとは思いません。精米で出た糠は糠床に使っており、糠漬けに使っています。無農薬米を作るのはとても大変なご苦労だと思いますが、ぜひこれからも無農薬米のご生産をよろしくお願い致します。

<農薬不使用> 古代米 

武藤さんのコメント 2019年1月28日

今回はリピートでこの黒米を注文しました。特に私の母は矢田農園さんの黒米が今まで食べた黒米の中で一番おいしいと話しております。特に炊きあがったときの香りは素晴らしく、私が自分用に炊いて食べる時は母に内緒でついつい黒米をたっぷり入れてしまいます。私の個人的感想なのですが、黒米をたくさん食べた時は体の調子がとても良くなるのです。また、おいしいお餅とカボチャまでプレゼントしていただきとても嬉しかったです。

30年以上同じ田んぼで農薬不使用米 こしひかり

teraさんのコメント 2018年12月18日

矢田さんから、大好きな玄米が素晴らしい香りの柚子と共に到着ー!
早速、今朝は炊き込みご飯をハフハフしながら頬張りました。
百合根、銀杏、むかごが、顔を出し、美味しいー、幸せ♪
寝かせ玄米も仕込みましたので、こちらも楽しみに♪

30年以上同じ田んぼで農薬不使用米 こしひかり

にこさんのコメント 2018年1月13日

3度目のリピートです。今回はまず五分づきにしていただきましたが相変わらずもちもちとして美味しいお米でした。いただいた柚子も香りが良く寒い日のお鍋にぴったりで家族も喜んでいました。いつもありがとうございます!

農場だより

上へ 


田植え開始

2019年5月4日

令和フィーバーも何のその。

当園もようやく田植えに突入です!

まずは、もち米から。

少し苗の伸びが悪かったのですが

なんとか、始められました。
昨年と同じ5/4。



かなり作業が遅れて居たのに

つじつまを合わせたと言うことは

どこかで、サボった仕事もあるんですが

なんとか、ボチボチ頑張って参ります。

今月中には終わる予定です!



そんな中、田んぼでは・・・

早い!

田植え開始

朝のキラキラ

2019年4月20日

私だけではない
きっと米農家なら
この時期の朝イチは、好きに違いない!

苗のキラキラで
今日も一日頑張ろうと思っちゃいます(^_^)v

朝のキラキラ

忙しくなる前に

2019年4月11日

1回目の種まきも終わり
今週末は、2回目の種まきを準備しておりますが
田んぼモードに突入する前の
僅かな時間で
昨年暮れに出来なかった 柿畑の堆肥ふりを
専用マシンを借りて、
ふり撒きました。

これで、田植えに向けて田んぼモードに移れます!

忙しくなる前に

塩で選別。

2019年3月15日

カレンダー通りの作業を始めました。

皆さん、まだ行っていない様子ですが

我が家は、だいたいこの時期なのです。

濃い塩水で、種籾の軽いものを取り去って

優秀な種のみで、種まきを行うためです。

とっても濃い塩水なので

終了後は、塩分を洗い流して

また乾かします。

しっかり乾かして、この後の消毒に備えます。

この作業が始まると、いよいよ田んぼって感じがします。

でもでも、まだまだ柿の剪定が・・・・

購入した在来コシですが、今年は浮いた籾が多いように感じます。
昨年の猛暑の影響でしょうか〜〜〜

しっかり選別して、種まきに備えます!

塩で選別。

オイラ

2019年3月5日

3月2〜4日と上京して参りました。

毎年恒例の 大地を守る会 東京集会です。
あいにくの雨で、もうちょっとスタートは、人出も少なめ?と言った感じでしたが
それでも、大地ファンが大勢買い物をしていました。

また、いつもお呼ばれしている、サークルでは
これまた恒例の感謝状を頂きました。
嬉しいなあ(^_^)v

全国の農家仲間との再開に、消費者の皆さんとの
楽しいお酒に時間を忘れるのは、言うまでもありません。

オイラ