私達が育てています

佐渡・矢田農園

農場名 佐渡・矢田農園
代表者 矢田徹夫
所在地 新潟県
お米生産歴 37年
お米作りのモットー 元気なれる!おこめ

お米作りへの思い

朱鷺で知られる佐渡島で、37年も前から従来農業を反省して、安全を第一に農薬を減らした栽培に取り組んできました。今では、息子の私とオヤジで、農薬を一切使わない農薬無使用と化学肥料無使用で栽培して来ました。
 当園の栽培方法は、稲に元々備わっている生命力を最大限引き出して行く『栄養周期説農法』と炭素により田圃へ集約して植物を活性化させる『電子農法』です。
 土作りに対しても、微生物をおからと米ぬか・自家鶏糞等を使って増殖発酵させて、年に3〜4回も田圃に補給しています。お陰で、田圃の土もどろどろ状態で雑草も出にくくなっていますが、やっぱり草取り作業はとっても大変なんですよ!
田んぼには、最低限なものしか入れておりません。ぼかしと豆。 元肥も穂肥もなし。
稲わらも数年かけて分解されるので、最低限の有機物で、根を深く深く伸ばして行きます。収量はあまり期待できませんが、美味しいお米に育て上げます!皆さん、健康の為にも玄米食をお勧めします。

古代米以外は、籾貯蔵しています。籾は生きていますから、殻付きが新鮮です!梅雨入り前には、冷蔵庫保管にします。
 玄米には、先入観で食べにくいものと思われますが、当園の玄米は、ふつうの炊飯器でも充分柔らかく食べられますので、ご安心ください。(一日水に浸してから炊いてみてください)古代米と一緒ならさらに栄養面・免疫力ともかなりのレベルで体内に補給できてお薦めです。古代米と一緒に炊くときは、古代米だけ一日多く水に浸けて炊いてください。

 皆さんとの距離が遠いため、わが家との「顔のみえる関係」は、まだ充分とは言えませんが、信頼の上にたったおつきあいをお願いするものです。かねて申し上げてきたように、わが家は、<まごころ=誠>を商い(強いて言えば)する考えです。そのために、今年を最大ピークに生産規模を縮小し、より良心に添った、良品を作る考えです。

私は年賀状に「オタマジャクシも生産のうち」と書きました。生態系農業は文字通り、国土の保全も目的であり、持続可能性のある農業を目指しております!
朱鷺が田んぼの上を、飛んでいくことがあります。
田んぼでは、朱鷺の餌となるサドガエルも、ドジョウも当然生産しているような
そんな田んぼでお米を育てて行きます

ここで作っています


新潟県佐渡市長江1109

商品の一覧

上へ 

お客様の声

上へ 


農薬不使用 こがねもち

イノウエさんのコメント 2019年11月11日

メディアで取り上げられていました佐渡のお米づくり、佐渡のお米?ピンと来ませんでしたが美味しかったのでリピートしました。頂いた柿も美味しく、稲穂と紅く色づいた柿の葉に秋を感じ和ませていただきました。
もち米はお正月にお餅にするのが楽しみです。
環境に配慮されていてその分ご苦労されていると思います。ありがとうございます。

30年以上同じ田んぼで農薬不使用米 こしひかり

森 庸祐さんのコメント 2019年9月26日

箱を開けると稲穂が1本入っており、佐渡の秋が脳裏によぎります。イメージって大事ですね。これだけで「間違いなく美味しい!」と思っちゃいます。

大粒かつ粒がそろい、欠けやひび割れの無い美しいお米でした。ウチはガスコンロにお釜ですが、炊き上がる直前の湯気の香りが素晴らしく、蒸れるまでお釜の前で匂いをかいでしまいました(笑)

炊き上がったお米はピカピカで、口に含むと歯ごたえが心地よく瑞々しく「お米ってこんな美味しかったっけ?」とお世辞抜きに思いました。お米が主役になっちゃう。こんなにお米美味しかったらおかずがかすんでしまうのでは?と心配しましたが杞憂でした。豊かな食卓になります。ありがとうございました!

30年以上同じ田んぼで農薬不使用米 こしひかり

コピさんのコメント 2019年9月21日

東京に住んでいますが、父が佐渡島の生まれで、佐渡は小さな頃から大好きです。
佐渡で大切に育てられたお米を食べたいと思って、はじめて注文しました。
今日仕事に行く前に食べたら元気が出ました!ありがとうございます。

30年以上同じ田んぼで農薬不使用米 こしひかり

平井さんのコメント 2019年6月6日

今までは産直でお米を購入していましたが、最近ぬか漬けをはじめまして、新鮮で安全な糠でつけたいと思い、矢田農園さんの農薬不使用玄米を購入させていただきました。玄米のままでも柔らかく炊き上がり、美味しく頂けました。精米後の糠が甘くて美味しいので、ぬか床が出来上がるのが楽しみです。また継続して購入したいと思っています。

農薬不使用 こがねもち

高橋順子さんのコメント 2019年2月14日

初めまして、先日はご丁寧に、お電話を頂いたのに出れずに失礼しました。

今回は無農薬の餅米の玄米を探していて、矢田さんのお米をみつけました。今までは健康食品店で買った玄米を発芽させて小豆と一緒に炊いて、保温状態で数日間寝かせて発芽発酵玄米にして食べていましたが、なかなか美味しいお米に巡り合わずに、味に関しては半ば諦めていました。
でも、矢田さんのお米を発芽させて圧力鍋で炊いたら、白米のお赤飯みたいで、とても美味しくて感動しました。
願わくばもう少し価格が安いとありがたいですが、無農薬で餅米を生産するのは大変だと聞き納得しました。これからも美味しいお米を作ってください。

農場だより

上へ 


すぐさま干し柿モードへ

2019年11月8日

11月に入って、ようやく柿の終わりが見えました。

やはり、逆算しての脱渋シーズンが終わると

そろそろと言った感じです。

そのまま、干し柿用の収穫に切り替わります。

平年並みの収量のように感じますが

後半の柿の肥大には、目を見張るものがありました!

あまり大きいと、箱に入らないので・・・

これまた困りものです。

すぐさま干し柿モードへ

柿も最盛期

2019年10月28日

稲刈りも終わってそのまま
柿もぎに突入して
いよいよ最盛期に突入です!

プレゼント企画も入れておりますので
この期間に、ご注文も
お待ちしております。

ただ、柿もありますので
あまり急ぎの受注に対応出来ませんので
時間の余裕を頂けると助かります。

柿も最盛期

お見舞い

2019年10月14日

台風19号は、広範囲に被害をもたらしました。

被害に遭われた方には、お見舞い申し上げます。

台風の中心から随分離れた佐渡でも、かなり強い風が吹きました!

当園では、ビニールハウス横の杉の木が倒れ

ハウスの防風壁が一部倒れました。

と言っても、生活する分には、たいしたことは無く

住宅浸水などされた方から比べれば、たいしたことはありません。

柿園ではかなり葉っぱも落ちましたが

全国の農業被害から比べれば、こちらも大した事ではありません。

今は、お見舞いを申し上げることくらいしか

出来ませんが、皆さんに元気になって貰いたい!!!

そう願うのみです。

お見舞い

稲刈りが終われば

2019年10月6日

稲刈りも終わり

撤収、機械の整備と同時進行で

柿もぎも昨日から始めました!

昨年の豊作から、春に今年は着果が少ないと見込み
すこし摘果をゆるめにしたせいか
稲刈り前になって、平年並み?かと、少し肥大が弱い感満載で柿もぎに突入してしまいました。


しばらくは、お米のおまけも柿が入ります!

稲刈りが終われば

稲刈り終了

2019年10月1日

今日で、今年の稲刈りが終わりました!

実は、黒米は残っていますが、コシヒカリが終われば終わったようなもの。

最期の一列を刈る前にパシャリ。

大不作だった昨年よりは、収量はあるものの

ニュースでは、かなりの品質悪だそうで

やっぱり猛暑の爪痕が・・・

色選という悪い米を抜く機械を使っても

一等米にならないという事で、かなり農家泣かせの年になりそうです。

近々、稲刈り道具を片付けて

すぐさま柿モードにはいらなくては!

そうそう、今朝田んぼから50メートルの所に
朱鷺が8羽ほど。
稲刈り終日に頑張れのエールを送ってくれたのか〜

稲刈り終了