無農薬玄米等の美味しいお米を販売。農家おすすめの美味しいお米を産地直送で販売/通販する産直お米通販のお店。美味しい玄米のお米通販、有機栽培米のお米通販ならここ!
 
例)玄米 発芽玄米 無洗米 もち米 雑穀米 米粉 真空パック
ようこそ、ゲストさん

メンバー・ログイン S
- トップページ - はじめての方へ - よくある質問(FAQ)
美味しいお米をみつけよう
農場だより(万宝院ファーム)

万宝院ファーム
代 表 者 : 小松新一 

6時間前にオンライン

所 在 地 : 山形県
生 産 歴 : 50年
モットー : 『なせば成る 為さねば成らぬ何事も 成らぬは人の為さぬなりけり』

農場だよりを更新しましたNEW( 6月 24日 更新 )
    ファームの田園風景
    ファームの田園風景
    稲穂
    稲穂
    次期生産者
    次期生産者
米沢平野の一角に位置する山形県西置賜郡飯豊町椿にて、江戸期を通し先祖代々お米を作っております。

屋号の「万宝院」は、”まんぽういん”と呼びます。英訳すると「Millions Treasures Farm」

遠い先祖はきっと幾多の宝物、美味しいお米を生み出す農家という気持ちを込めて名付けたのでしょうか。

飯豊町は田園散居集落の広がるのどかな町として、日本で最も美しい村連合(http://utsukushii-mura.jp/iide/)に加盟しており、当ファームが属す水田地帯は粘着性の高い肥沃な土壌を持ち、水源は最上川の源流白川に発しミネラル分の多い清らかな水を利用し、昼夜の寒暖の差が大きい、おいしいお米を作るのに最適な条件が備わった理想的な土地です。また世界でも指折りの豪雪地帯のため冬季は白銀の世界へと一変し、日本の中でも四季が最もはっきりしており、そのメリハリの効いた季節の移り変わり、そして昼夜の寒暖差が美味しいお米を育て上げます。

明治11年(1878年)東北地方を廻ったイギリスの女性旅行家イザベラ・バードは、現在の飯豊町椿~川西町へ至る道中の諏訪峠から米沢平野全体を見渡し、その著「日本奥地紀行」にこのように表現しております。
”米沢平野は鋤で耕したというより鉛筆で描いたように美しい。実り豊かに微笑する大地であり、アジアのアルカディア(桃源郷)である”

深い歴史が刻まれた、自然の恵み豊かな土地柄で育んだ農家自慢のお米を、ぜひ一度味わってみてください。

■■ 1/5ページ[最新] ■■

2018年 6月 24日 インスタにうれしい投稿が^^)

万宝院ファームのお米がインスタグラムに紹介されておりました!

投稿はこちらです。 (こちら記載させていただきたくご連絡したところ、快諾してくださりました!ありがとうございます^^)

https://www.instagram.com/p/BkU89MSl8yP/?taken-by=saoringo_0222
"万宝院ファームさんの玄米ごはんな朝ごはん&山形のだしなお弁当&秋刀魚の蒲焼きな晩ごはん(*Ü*)
今朝は、先日届いた山形県の飯豊町にある万宝院ファームさん (@millionstreasuresfarm )のつや姫🌾
粒も揃っていて、噛めば噛むほど甘い! めちゃめちゃ美味しくて、ペロリと食べてしまいました😋
そして、お弁当&晩ごはんは72時間経った寝かせ玄米🍚 もっちもちで美味しい♡
毎日、美味しい玄米が食べられる幸せ。
そして、ごはんを美味しいと思って食べられる幸せ。
そんな幸せを大切にしていきたいと思います。"


美味しそうな食卓の画、当ファームのお米を美味しくめしあがってくださり、生産者一同感謝感激です!

健康にも良い寝かせ玄米、我が家でも72時間保温して食べてみます^^

玄米レシピも豊富で参考にさせていただきます!

ありがとうございます!!
2018年 6月 22日 ロゴデザイン 万宝院ファーム

素敵なオリジナルロゴを作成していただきました^^


万宝院ファームのオリジナルロゴを作り、いい感じのパッケージで自慢の美味しいお米を販売してみたいとずーっと思っていて、日々ネットでサーチしたり、coolなTsutaya書店のデザインコーナーをぶらぶらしてました。

Pinterestでお洒落なロゴが入った米袋などを収集し、ああでもないこうでもないと思いを馳せながら徒らに時間が過ぎ去っていき。。。

ある日ネット検索していると、クリエイター向けの作品ポートフォリオサイトのBehanceというSNSを見つけ、とある日本のクリエイターのポートフォリオにビビっときました。直感で生きてる派なので^^

どこか懐かしさを覚える、それでいてモダン、そして異国情緒なアクセントを感じとれる、クリエイターは沖縄在住のTakashi Maekawa様。英語の紹介文から醸しだされる人柄、作品に対する情熱も素晴らしいです。

万宝院ファームは英語にするとMillions Treasures Farm。グローバルな市場も視野に入れビジネス活動する気概を抱く私どもには、この異国情緒感も直感に響きました。

BRIDGE DESIGN WORKSという沖縄拠点のデザインオフィス。

BRIDGEのやるべきことに大いに共感です。

”デザインはアートではなく、消費者のニーズに応える商業ベースの存在です。また、デザインは主役では無く、お客様の会社や店舗、サービスの個性をより伝わりやすく可視化する付加価値だと思っております。”

デザインとかどこか独りよがりで自己満足の世界に偏りがちなところがあると素人ながらに感じていたので、これは!と思いました。

センス良くて直感でいいな!って感じられる作品。感謝感激です。

デザインの意図も事細かに叙述してくださり、おーって感じさせられました。

シンボルマークは美しく並ぶ「水田」をイメージ。

整然と並べることで「真面目さ」も表現。

稲作農家のことよく理解されてるなって嬉しい気持ちになりました。

田植え機を上手く使いこなし、真っ直ぐ整然と植えることで多くのお米を収穫できます。

稲が整然と植えられた水田は美しい。初心者の私が植えた田んぼはぐにゃぐにゃ曲がってますw

田植え後も日々水管理を怠らず、雑草を刈り、稲の発育を見守っております。稲作農家真面目でないと務まらないですね^^

その他感心させる記載もあり、こちらのロゴデザインとともに歩んでいきたいと思わせる作品のご提供、ありがとうございました!

ブランディング楽しみ^^

これからパッケージ等に活用していきますので、私どものお米に対する思いを、ロゴを通し感じ取っていただければ幸いです!
2018年 6月 18日 雑草の管理

田植え後の初回の草刈りを5日ほどで完了。

暖かくなると雑草の勢いが強まり、あっという間にあぜ道が草で覆われてしまいます。


これから1ヶ月に一度ほど、9月末の収穫まで3~4回ほど草刈りを行います。

それにしても草刈りはなかなか難しいです。

経験の浅い私が行うと地面を刈ってしまうのも頻繁で、石ころに当てて刃が跳ね返り、ドキッとすることもしばしば。硬い石に刃を当ててしまうので、あっという間に刃がダメになってしまいます。

以前、面白そうな稲作の本『サトちゃんのイネつくり作業名人になる』を手に入れ、そのまま本棚に置きっぱなしにしていたので、何かヒントがあるんじゃないかと思い、雑草管理の章を読んでみました。

作業のhow to本って、実際に作業を体感してから読み込まないと、何を言っているのかわからず、全く頭に入ってこないですね。

そんな理由で、上達しない草刈りを効率よく進めるために、こちらの稲作本を読んでみました。

いやーー、目から鱗です。

曰く、”ズバリ、刈る高さは株元から10cm”

私のようにできる限り根元ぎりぎりで刈ってしまうと、雑草が頑張って分けつし余計増えてしまうようです。

10cmぐらいの高さで刈れば、地面を削ったり石を誤って刈ることもないので、刃も長持ちするし、地面にも光が当たらなくなり、新たに伸びる草の数が減るとのことです。

次回は株元10cmを目安に草刈りを進めていこうと思います。
2018年 6月 12日 昔日の面影 置賜

T-SITEを探索していると、なんだか馴染みのある表紙が。

大英帝国の女性旅行家、イザベラ・バード著『日本奥地紀行』の装丁のイラストタッチと似ている。

手にとったのは『逝きし世の面影』。

出版社はどちらも平凡社。

平凡社って歴史好きには堪らない中国古典文学シリーズを刊行してて、その叢書は至高の知の源泉。

その奇書シリーズ、黄緑色の装丁で分厚い『水滸伝』『三国志演義』『西遊記』は、若年の頃寝食を忘れ読み耽ってました。

これは本当に偶然なのですが、『逝きし世の面影』を手にとり、ぱっと開いたページで手の子と言う文字が目に飛び込んできました。

イザベラ・バードの記事を引用しています。当時の東北地方の農民の肖像画も。


そこにはこのような描写が。

”山形の手の子という村の駅舎では、「家の女たちは私(イザベラ・バード)が暑がっているのを見てしとやかに扇をとりだし、まるまる一時間も私を煽いでくれた。代金を尋ねるといらないと言い、何も受けとろうとしなかった。・・・・・・・・・・それだけではなく、彼女らは一包みのお菓子を差し出し、主人は扇に自分の名を書いて、私が受けとるよう言ってきかなかった。私は英国製のピンをいくつかしか彼らにやれないのが悲しかった。・・・・私は彼らに、日本のことを覚えている限りかぎりあなたたちを忘れることはないと心から告げて、彼らの親切にひどく心うたれながら出発した”

手の子という村は現在では飯豊町手ノ子地区を指します。万宝院ファームがある椿地区のお隣です。

イザベラ・バードが旅した明治初期と現在とでは、何もかも異なり比することはできないですが、東京から来た私も、土着の方々の親切心に常日頃接しています。

なんだかイザベラ・バード の言葉に同調したのは、私も手ノ子出身の方に大変良くして頂き、お昼や夕食に天丼、おむすびと焼き魚などを届けてくれ、その親切心に感謝しています。

150年ほど前に異国の地を旅した異国の方が感じた思いを、同じ土地で私が実体験で現在進行形で感じている。なんだか不思議な感じです。

時代は変われど、他所者でも誠心誠意地元の方々へ接していると、その土地の人々も親切に返して頂ける、置賜に限らず、逝きし世の面影は日本全国津々浦々、現代も連綿と続いているんだなと改めて感じとりました。今も昔も人々の営みが続くかぎり。

イザベラ・バードが愛した置賜は、人情味溢れる自然豊かな素敵なところです。
2018年 6月 8日 畔の草刈り

稲も順調に育ち、一安心。

こちらは梅雨入りがまだで、この2週間は雨が降らず毎日暑い晴天の日々が続いております。


稲はいい感じに伸びてきて、水田のいたるところにトノサマガエル、アマガエルのおたまじゃくしがわらわらと湧くように活動してます。

それにしても暑い!!

雨が降らないので雑草の勢いもそれほどではないですが、それでも草刈りが必要な背丈へ伸びてきたので、早朝から草を刈り始めました。

重量ある草刈り機を肩に掛け作業をしていると、体力の消耗が思いのほか激しく、水分をこまめに補給していないと、頭がくらくらし熱中症に陥ってしまいます。

梅雨入り前に初回の草刈りを終わらせたいですね。これから収穫までに3、4回ほど草刈りします。

お隣の農家さんは飯豊牛を10頭ほど飼育していて、刈った雑草を軽トラに積んで飼育小屋へせっせと運んでいます。刈ったばかりの乾いていない雑草はビタミン含む栄養豊富で牛さんも喜んで食べるとのこと。

牛もかなりグルメなようで、スギナという繁殖力旺盛な厄介ものの雑草(別名地獄草と言われてるようです!)は嫌いで、クローバーは大好物だそうです。

草刈りは大変ですが、雑草を次から次へと撃退していくゲームのようで、爽快感半端なくて以外と楽しいです^^
2018年 6月 7日 わらび採り

隣町、小国へわらびを採りにいきました。

小国町は山菜の宝庫として有名で、小国町観光わらび園は毎年県内外から多くの観光客で賑わいます。

私どもも飯豊町の産直で販売するわらびを確保するため、毎年5月末から6月初旬にかけて小国の山へ採りに出かけます。

早朝の山は靄がかかり空気が美味しい。

こんな陽が当たる山肌にたくさん自生してます。

一本一本丁寧に採り、帰宅後にアク抜きをし、お店へ並べます。

醤油や麺つゆをかけおひたしは絶品。炊き込みご飯も最高!
2018年 5月 26日 田植えも終わり平穏な日々へ

4月初旬から2ヶ月間、各工程待ったなしの日々が過ぎ去り、田園も落ち着きを取り戻しつつあります。


今期から本格的にトラクターと田植え機を乗りこなし、水田の耕耘、代掻き、田植えを完了。

耕耘では田んぼそれぞれに特徴があることを身を以て体験。粘着質の泥深い田は、田植えブーツを履いても膝まで埋まり、歩くこともままならないですが、トラクターも気をつけないとすぐにエンストし立ち往生してしまいます。そんな時は油圧レバーで耕耘機を上げ脱出。

耕耘で細かく砕いた土をトロっトロにし、いつでも田植えできる状況までもっていく代掻き。

田んぼ一つ一つが個性を持っていて、同じ地域でも粘着質、さらっとした土、泥の深さなど千差万別。

田植えは真っ直ぐ植えるのが難しい。

2枚目、3枚目と植えていくと機械の特性とコツが分かってきて、真っ直ぐに植えられた稲を自慢げに眺め自己満足に浸り、いつしかそのゲーム性に酔いしれます。

今年も無事田植えが終わり、気付けば初夏の訪れが感じられる季節となりました。

日が暮れると近くの社から囃子の音色が聞こえ、黒獅子祭りの時期ももうすぐ。

豊かな自然と土着文化が融合した置賜の光景は美しいです。
2018年 5月 20日 久しぶりの晴天!

最高に心地よい久しぶりの青空!

5月に入り強風、雷雨の日々が続き、先日は夜中にスマホから飯豊町に土砂災害警報のアラームが鳴り響き、田んぼが心配で不安でした。


ようやく待ちに待った青空。やっぱ晴天の下での田んぼ作業は気持ちいい!

遠くに見える飯豊山はまだ雪を冠し、その雪解け水は冷んやりします。

近くの山もまだ積雪が見られます。

蔵王山も見渡せますが、ほとんど雪は残ってないですね。天元台もゲレンデに少し雪が残っている程度。

四方が有名な山々に囲まれ、置賜は本当に美しいところです。

田植えもほぼほぼ終わったので、そろそろ一時休憩。

早く釣りに行きたい!!
2018年 5月 18日 農家の現況への考察

12日土曜日から田植えを始め、田んぼ2枚を残しほぼほぼ植え終わりました。

毎朝早朝5時から暗くなるまで作業、帰宅後に晩飯をレトルトで済まし、そのまま爆睡状況です。この状況なんだかおかしくないかな??


というのも、これほど根詰めて雨の日も休みなく働き、周囲の誰よりも早く田植えを終わらせ悦に入る、生産のみに力を入れる個人農家なら(万宝院ファームもまだまだ個人農家ですが)、もちろん自身のペースで好きなスケジュールで進めていけばいいと思います。

ただ私は新規就農者として稲作を軸として農業ビジネスを経営するとの意思を示し、他業界から進んでこの飯豊町へ移り、生産のみならず販売、マーケティングに力を入れてます。

これから生き残る農家は生産3割、販売マーケ7割と言われている時代。しかしながら、多くの個人農家は販売をJAや近隣の直販をしている農家に頼り、人件費を鑑みず作業をしているのが現況です。

田植えを早く終わらせることに異論はないですが、雨天の中作業を行うと視界不良、冷え、必要以上な水量等、作業効率は著しく落ちます。

あと、あまりに早く田植えを始めると、周囲の農家も焦り出し、結果田植え早植え競争が勃発します。。。

スケジュールは余裕があるのに、なぜ早く植え終わる必要があるのだろうか?近隣の米沢、赤湯、長井では飯豊より暖かい気候であるにも関わらず、まだ代掻きも終えていない田んぼも多くあり、田植えはもちろん始まっていない。

また適度な休暇は本当に大事ですね。10日間を超えた作業は心身ともに疲労が蓄積し、他の業務が疎かになります。

生産のみに携わってきた農家は得てして短期間に終わらすことに生きがいを感じ、短期集中に伴う根性論へ走りがちだと思われます。

自身のブランドを築き個人法人問わず全国、そして海外のお客様と直接取引を行うには、根性がどうのこうのはひとまず置き、自身の頭をフル稼働し、生産はどのように行えばより効率よく、そして何より大事なのが楽しく取り組めるのか真剣に考えないと、農業という労働への熱量を維持するのは至難のことです。

私より上の世代の方々は根性、我慢という言葉を好んで使うように感じられますが、こうした精神論を他者へ強いるやり方では、若者を呼び込むことはできないし、人口減でいずれ田舎の市町村はなくなるでしょう。

他者への寛容さがすごく大事だと思いますが、個人農家はどこもかしこも事業主で王様気分。頑固さや今までのやり方を踏襲し変革することは大変難しいのが事実ではないでしょうか。

都会で生まれ育ち、他業界から飛び込んできたからこそ、現地の人々には思いつかないことを感じとり、試行錯誤しながら前へ進んでますが、独り思い悩むことも多々あります。

メディアでよく目にする地方移住の現実、大げさでなく結構当たっているなと改めて感じます。

今流行りの地方創生、どこもかしこも補助金目当てが横行し、行政主体で新しいビジネスを築き上げる、若者の移住を促進する、民間のビジネス感覚を持ち合わせていない為にどの施策も上手くいっているとはいえない状況です。

もちろん田舎ならではのメリット、自然が最高、空気がきれい、飯が旨い、親切な人が多い、どれもこれも素晴らしい。こうしたメリットがあるから農業ビジネスへ打ち込むことができています。

本格的に稲作業を引き継ぐため力を入れ始めて一年が経ち、農家の現状について思うことをとりとめなく書き綴りました。
2018年 5月 11日 トラクター恐怖症

田んぼの出入り口、狭くて急勾配で車体の大きなトラクターで出入りする時めちゃくちゃ緊張します(;^^

初めてトラクターを運転した時、田んぼから出る際に後ろにつけた重い畦畔機を上げたままにして急勾配登ろうとし、前輪が浮き上がり危うく横倒しのトラウマ経験が、緊張度合いを嫌が応にも高めます。

田んぼによって平地ですんなり出入りできるとこ、急勾配で難易度半端ないとこ、それぞれ特性がありますね。

この田んぼ、あまりに急勾配すぎて、入るのは問題ないですが(それでもジェットコースターみたいな急角度感味わえます)、出ることができず、熟練の技でも重い重機が足枷となりウィリーして万事休す。

やむを得ず、あぜ道乗り越え隣の田んぼへ移動することでなんとかこの危機を乗り越えました。

大量の土を購入し、ユンボー(ショベルカー)で平すしかないかな。

前輪が浮いてしまうと頭がパニクり、クラッチ踏んで止めようと試みてしまうのですが、横滑りして事態を悪化させてしまい焦りまくりです。

トラクターなどの農機は基本、クラッチを踏むと動力が伝わらなくなるので、常時クラッチがブレーキ代わりのような感じで身体に染み付いてます。

車幅感覚もなかなか身につかず、ドキドキの連続ですが、とにかく安全運転第一で慎重に慎重に操作。

早く自動運転普及しないかな!?
2018年 5月 7日 一度目の代掻き、荒掻き

万宝院ファームでは代掻きを2回行います。


代掻きにはこうした効果が期待できます。

田んぼの高低差を均一にして水回りを安定、管理を容易にする

田んぼをかき回して土をドロドロに練り上げ、雑草を抑える

苗を植えやすくし、根張りがよくなる

代掻きして水を張ると鏡張りのような美しい水田へ仕上がり、気持ちいいです。

今年は水田面積を増やしたので、この時期から代掻きを始めないと田植えに間に合わないのですが、あまり早くから代掻きを始め水田を放って置くと雑草が根付いてしまうため、田植え前に再度代掻きを行います。

水田に水が満たされると、明治初頭に大英帝国の旅行家イザベラ・バード がここ置賜を訪れ、”鋤(すき)で耕したというより鉛筆で描いたように美しい、ここは東洋のアルカディア(桃源郷)”とその著書「日本奥地紀行」で表しているそのものの光景が目の前に広がり、感動もひとしお。

地元の人にはこの光景が当たり前のようですが、東京から来た私にはイザベラ・バードのように!??毎年感嘆しております^^
2018年 5月 6日 田んぼの水入れ

耕耘も終わり田んぼへの水入れが始まりました。


水入れ前に田んぼの排水口を石や肥料袋、土で塞ぎ、2日ほどかけて田んぼに水を引きます。

水が満たされるといよいよ代掻きです。

代掻きとは田んぼに水を張り、土をさらに細かく砕きかき混ぜ、土の表面を平らにすること。代掻きすることによって、鏡張りのような美しい水田が目の前に現れます。

代掻きが終わるといよいよ田植え。関東地方ではすでに田植えが終わっているところもありますが、山形は5月中旬に田植えが始まります。

これから田植えが終わるまで待ったなしの日々が続きます。
2018年 5月 3日 平成30年つや姫生産者認定証

今年もつや姫の生産者として山形県から認定証をいただきました。


つや姫は限られた生産者のみが作付けできる特別のお米です。

つや姫生産者として認定されるためには、数ある要件を満たす必要がありますが、大きく分けて下記二つの条件が必須。

水田面積が3ヘクタール以上
特別栽培米として作付け
万宝院ファームの水田は6ヘクタール、東京ドームの1.3倍ほど。(東京ドームはグラウンド、スタンド含む総面積が4.67ヘクタール)

当ファームで作る特別栽培米は農薬7割減、化学肥料5割減。

際立つ「白さ」「つや」「甘み」が特徴の山形ブランド米を今年も作付けし、初秋には新米を全国のお客さまへお届けいたします。
2018年 4月 27日 苗の発育も順調

天候・気温ともに安定し、苗がすくすくと伸びてきています。

ここまで苗が育てば安心かな。

この前、カルガモ夫婦が米をついばみに苗を育てている田んぼの中を優雅に泳いでました:((

公園で目にするカルガモは可愛いのですが、農家にとっては害鳥なので、手を叩いて追い払います。ずんぐりむっくりの見た目で愛嬌あるのですが、大事な種子なので。

田植えまで半月ほど、早朝から日が暮れるまで田んぼに出て、帰宅後は爆睡の日々ですが、田植えが終われば一休み。

一年で最も忙しい時期も残り1ヶ月。

稲作は短期集中型の人間には理想的な職種です^^
2018年 4月 25日 田起こし

田植え前の必須作業、田起こしを始めました。


田起こしとは秋の収穫を増やすことを目的とし、乾いた田んぼの土を掘り起こし、深く耕し地力を向上させます。

4月も後半になり、天候も落ち着き、晴れの日が続き土埃が立つようになると田起こしのサイン。

トラクターにロータリー(耕耘用の刃がついたアタッチメント)を取り付け、田んぼをうないます(うなう=耕耘)。

耕耘後の田んぼの土はふかふかでモフモフ、我が家の飼い猫^^みたいで、息吹を取り戻したよう。

田起こしには下記メリットがあります。

乾土効果

土を乾かすと土中に含まれているチッソ成分が稲に吸収されやすい形へと変化し、チッソ肥料が増加します。

また深く耕すことによって、より多くの土が空気に触れ(含有)、稲を植えた時の根の成長が促されます。

でもあまり深く耕しすぎるとぬかるんでしまい、田植え機が泥にハマってしまうので注意が必要。

雑草を防ぐ

雑草の種子を土中深くへ埋め込むことにより、雑草が生えてくることを減らす効果があります。

有機物を鋤き込む

秋の収穫後、田んぼには稲の切り株と刈り草(有機物)がそのまま残っていて、ロータリーで土もろともかき回すことで土中に有機物を鋤き込み、この有機物をミミズや微生物が分解し有機質肥料(チッソ、リン酸、カリウム含む)が生成されます。

肥料の三大要素はチッソ、リン酸、カリウム。

チッソは葉・茎の生育促進、リン酸は根の生育促進、カリウムは茎・根を丈夫にし暑さ寒さへの耐候性、病害虫への抵抗性を高めるのに重要な要素となります。

土を細かく砕く

細かく砕かれた土と切り株などの有機物がくっついたものは(団粒構造の土)、排水性・通気性・保水性・保肥性・保温性が高まり、良いことづくしです。



万宝院ファームではその昔農耕馬を飼い、犂を牽引させて耕していたのですが、今では37馬力のトラクターが快適に作業を進めてくれます。

田起こしは田んぼが乾いた晴天の日に行うのが原則ですが、これから代掻き、田植えと待ったなしでやるべき工程があるので、多少の雨なら進めてしまいます。

今日は大雨、午後からは弱まりそうなので、あまりぬかるんでない田んぼを耕耘してみます。

■■ 1/5ページ[最新] ■■

お米を探す(お米の特徴から)
有機JAS認証のお米 有機JAS認証米
特別栽培米の基準を満たしたお米 特別栽培米

無農薬栽培のお米 農薬:使用なし
減農薬栽培のお米 農薬:5割以下
無化学肥料栽培のお米 化学肥料:使用なし
減化学肥料栽培のお米 化学肥料:5割以下

玄米 分づき米 胚芽米 発芽玄米 無洗米 米粉 もち米 おもち 雑穀米 天日干し 真空パック ギフト対応商品 プレミアム割引対象商品

お客さまの声

お米を探す(予算から)







お米を探す(生産者・産地から)

産地マップからお米を探す



お米を探す(品種リストから)


厳選米ドットコムは「FOOD ACTION NIPPON 食料自給率1%アップ運動」に参加しています。
「厳選米ドットコム」は、シマンテックのセキュア・サーバIDを取得しています。
ご注文情報はSSL暗号化通信により保護されます。
ご安心してショッピングをお楽しみください。


はじめての方へ  -  よくある質問  -  出店するには(生産者の方へ)  -  お問い合わせ先
お友達紹介プログラム - プライバシーの考え方 - 利用規約 - サイトマップ
安全で美味しいお米の産直販売サイト