私達が育てています

万宝院ファーム

農場名 万宝院ファーム
代表者 小松新一
所在地 山形県
お米生産歴 50年
お米作りのモットー なせば成る 為さねば成らぬ何事も 成らぬは人の為さぬなりけり

お米作りへの思い

米沢平野の一角に位置する山形県西置賜郡飯豊町椿にて、江戸期を通し先祖代々お米を作っております。

屋号の「万宝院」は、”まんぽういん”と呼びます。英訳すると「Millions Treasures Farm」

遠い先祖はきっと幾多の宝物、美味しいお米を生み出す農家という気持ちを込めて名付けたのでしょうか。

飯豊町は田園散居集落の広がるのどかな町として、日本で最も美しい村連合(http://utsukushii-mura.jp/iide/)に加盟しており、当ファームが属す水田地帯は粘着性の高い肥沃な土壌を持ち、水源は最上川の源流白川に発しミネラル分の多い清らかな水を利用し、昼夜の寒暖の差が大きい、おいしいお米を作るのに最適な条件が備わった理想的な土地です。また世界でも指折りの豪雪地帯のため冬季は白銀の世界へと一変し、日本の中でも四季が最もはっきりしており、そのメリハリの効いた季節の移り変わり、そして昼夜の寒暖差が美味しいお米を育て上げます。

明治11年(1878年)東北地方を廻ったイギリスの女性旅行家イザベラ・バードは、現在の飯豊町椿~川西町へ至る道中の諏訪峠から米沢平野全体を見渡し、その著「日本奥地紀行」にこのように表現しております。
”米沢平野は鋤で耕したというより鉛筆で描いたように美しい。実り豊かに微笑する大地であり、アジアのアルカディア(桃源郷)である”

深い歴史が刻まれた、自然の恵み豊かな土地柄で育んだ農家自慢のお米を、ぜひ一度味わってみてください。

ここで作っています


山形県西置賜郡飯豊町椿438番地

商品の一覧

上へ 

お客様の声

上へ 


山形県認証 減農薬減肥・特別栽培米 はえぬき【送料込】

kokoroさんのコメント 2019年5月27日

玄米食でいただいています。
もっちりとしていておいしいです。

年間予約していますが、今回早期確定し、すぐに届けてもらうようお願いしました。
とても早い対応で助かりました。
ありがとうございました。

山形県認証 減農薬減肥・特別栽培米 はえぬき【送料込】

小野高史さんのコメント 2019年3月12日

田園の環境に注目しました。飯豊連峰の豪雪地帯からの雪解け水は米にとっては最高の環境でしょうね。期待ドウリとてもおいしいはえぬきでした。ありがとうございます。
食べ尽きたらまた注文します。

山形県認証 減農薬減肥・特別栽培米 はえぬき【送料込】

小野高史さんのコメント 2019年3月12日

田園の環境に注目しました。飯豊連峰の豪雪地帯からの雪解け水は米にとっては最高の環境でしょうね。期待ドウリとてもおいしいはえぬきでした。ありがとうございます。
食べ尽きたらまた注文します。

山形県認証 減農薬減肥・特別栽培米 はえぬき【送料込】

kokoroさんのコメント 2019年3月8日

「はえぬき」気に入っています。
玄米を購入して玄米食でいただいています。
もっちりとしていてとてもおいしいです。
お薦めします。

山形県認証 減農薬減肥・特別栽培米 はえぬき【送料込】

kokoroさんのコメント 2018年12月20日

玄米食用に玄米を購入しています。
「はえぬき」気に入っています。
しかしながら、今回より値上げされたようです。
安くておいしいお米ということで気に入っていたので残念です。

農場だより

上へ 


待ち遠しい出穂

2019年7月9日

あと1ヶ月ほどで稲の穂が出ます。今年も順調に推移しています。

田植え後の今は草刈りと溝切りの時期です。これが地味に重労働なのです。いよいよ刈っても刈ってもぐんぐん生えてくる草との長い戦いが始まりました。それに加え,1日中田んぼの中を行ったり来たりして溝切を行う,この日々の地味な作業が美味しいお米を作るための大切な作業です。頑張ります!

待ち遠しい出穂

春の訪れ 米作り始動

2019年4月4日

広く大地を覆っていた雪も解け,雪によって閉ざされていた世界が動き始めました。春がやってきます。

間も無く今年も米作りが始まります。今は種モミを浸種しています。4月10日頃種まきです!

今年も皆様に美味しい!!と喜んでいただけるお米を作り上げられるよう,気合いっぱいです。

春の訪れ 米作り始動

寒風雪と柿

2018年12月10日

こちら飯豊町は大雪に見舞われ、あたり一面雪景色へと変貌を遂げました。


まだ枝にたくさん実っている柿が寒風雪に晒され、侘び寂び感が堪らないです。

3月の雪解けまで雪掻きとの闘いが続きます。

数ヶ月前までうだるような暑さの中、田んぼの草刈りをしていたのが嘘のよう。

時が経つのが早いです。

寒風雪と柿

秋色に染まる飯豊

2018年11月1日

飯豊の山々は秋色に彩られ、紅く染まっております。


朝晩の気温は一桁台、時には3℃まで落ち込み、底冷えというよりも真冬の寒気に晒され、秋が一段と深まっていくのを感じます。

ご近所にお住いの写真家の方から美しいシーンをいただきました。

自然に接し農業を営んでいると季節の移り変わり、時の変遷の速さを直に肌で感じます。

散り際に鮮やかな色を発し、落ち葉が寒風に吹きさらされている光景を目にすると、諸行無常感が心に響き渡ります。

もうまもなく置賜は雪に閉ざされます。

秋色に染まる飯豊

田んぼと軽トラ

2018年10月31日

私のスマホには気づいたら田んぼと軽トラのシーンばかり保存されてました。


秋の収穫に軽トラはフル稼働。

コンバインで収穫したお米を軽トラに搭載した秋太郎ネットに積み込み、倉庫の乾燥機に入れる作業をひたすら繰り返します。

四輪駆動の軽トラは泥でぬかるんだ田んぼ道でも苦もせず突き進み、小柄なボディで細い道でも余裕です。

あととにかく頑丈。農家には必須のマシーンで真の友です。

農作業期間は毎日使い回し、田んぼを駆け回ってます。

この後ろ姿、秋風五丈原って感じで哀愁漂いまくり最高^^

大切に扱わないとです。

田んぼと軽トラ