私達が育てています

万宝院ファーム

農場名 万宝院ファーム
代表者 小松新一
所在地 山形県
お米生産歴 50年
お米作りのモットー なせば成る 為さねば成らぬ何事も 成らぬは人の為さぬなりけり

お米作りへの思い

米沢平野の一角に位置する山形県西置賜郡飯豊町椿にて、江戸期を通し先祖代々お米を作っております。

屋号の「万宝院」は、”まんぽういん”と呼びます。英訳すると「Millions Treasures Farm」

遠い先祖はきっと幾多の宝物、美味しいお米を生み出す農家という気持ちを込めて名付けたのでしょうか。

飯豊町は田園散居集落の広がるのどかな町として、日本で最も美しい村連合(http://utsukushii-mura.jp/iide/)に加盟しており、当ファームが属す水田地帯は粘着性の高い肥沃な土壌を持ち、水源は最上川の源流白川に発しミネラル分の多い清らかな水を利用し、昼夜の寒暖の差が大きい、おいしいお米を作るのに最適な条件が備わった理想的な土地です。また世界でも指折りの豪雪地帯のため冬季は白銀の世界へと一変し、日本の中でも四季が最もはっきりしており、そのメリハリの効いた季節の移り変わり、そして昼夜の寒暖差が美味しいお米を育て上げます。

明治11年(1878年)東北地方を廻ったイギリスの女性旅行家イザベラ・バードは、現在の飯豊町椿~川西町へ至る道中の諏訪峠から米沢平野全体を見渡し、その著「日本奥地紀行」にこのように表現しております。
”米沢平野は鋤で耕したというより鉛筆で描いたように美しい。実り豊かに微笑する大地であり、アジアのアルカディア(桃源郷)である”

深い歴史が刻まれた、自然の恵み豊かな土地柄で育んだ農家自慢のお米を、ぜひ一度味わってみてください。

ここで作っています


山形県西置賜郡飯豊町椿438番地

商品の一覧

上へ 

お客様の声

上へ 


山形県認証 減農薬栽培米 雪若丸【送料込】

大阪在住さんのコメント 2020年5月7日

今回は予定を早めていただきありがとうございます。自粛生活で外食も減り、それに比例してお米の消費量が増えた為助かりました。雪若丸は我が家の好みにピッタリ合ったお米なので、家族で美味しいお米を食べれる当たり前だと思ってた幸せに感謝して、これからも雪若丸の美味しさを堪能させていただきます。これからも美味しいお米よろしくお願いします。

減農薬減肥・特別栽培米 つや姫【送料込】

ゆりさんのコメント 2020年4月27日

父親が山形県出身で 普段から山形県産のお米をいただいております。
今回、酵素玄米を作りたくて こちらの万宝院様の玄米を購入しました。
安心、安全で毎日美味しく酵素玄米をいただいています。
有難うございました。

減農薬減肥・特別栽培米 つや姫【送料込】

ひろっぴーさんのコメント 2020年4月13日

そうそう、玄米3分つきで、餅麦入り雑穀米を炊き、頂きました。
私糖尿病なので、白米で味わえないのが、少し残念ですが、
とても美味しいお米でした。ありがとうございました。

減農薬栽培米 はえぬき【送料込】

kokoroさんのコメント 2020年3月30日

万宝院ファームさんの「はえぬき」が気に入っていて、年間予約しています。
今回コロナの影響が出るのではないかと不安になり、4月分を1週間ほど早めて届けてもらいました。
急なことに対応してくださいまして、本当にありがとうございました。

減農薬減肥・特別栽培米 つや姫【送料込】

山下高弘さんのコメント 2020年3月9日

とにかくうまい!! 京都吉兆の知り合いに「つや姫」をおしえていただき、試しに頼んでみました。 
つや姫はもちろんおいしかったですが、ほかも含めて、日本のコメは本当においしいなと、あらためて痛感しています。
業者様もいつも丁寧かつ迅速にご対応いただいており、特に不満なく、おいしくいただいています。

農場だより

上へ 


黄金のジュータン

2019年8月27日

いよいよ収穫まで1ヶ月を切り、田んぼは黄色に色づいた稲穂でいっぱいになりました。
万宝院ファームは田んぼの真ん中にポツンと建つ一軒家なので、辺り一面を見渡すと、美しい黄金のジュータンの上に立っている感覚になります。
とても美しく、感慨深い光景です!!

黄金のジュータン

穂が出揃いました!

2019年8月6日

穂が出揃いました!美しい光景です。

穂が出揃いました!

出穂

2019年8月2日

穂が出始めました!!

出穂

待ち遠しい出穂

2019年7月9日

あと1ヶ月ほどで稲の穂が出ます。今年も順調に推移しています。

田植え後の今は草刈りと溝切りの時期です。これが地味に重労働なのです。いよいよ刈っても刈ってもぐんぐん生えてくる草との長い戦いが始まりました。それに加え,1日中田んぼの中を行ったり来たりして溝切を行う,この日々の地味な作業が美味しいお米を作るための大切な作業です。頑張ります!

待ち遠しい出穂

春の訪れ 米作り始動

2019年4月4日

広く大地を覆っていた雪も解け,雪によって閉ざされていた世界が動き始めました。春がやってきます。

間も無く今年も米作りが始まります。今は種モミを浸種しています。4月10日頃種まきです!

今年も皆様に美味しい!!と喜んでいただけるお米を作り上げられるよう,気合いっぱいです。

春の訪れ 米作り始動