私達が育てています

フォレストファーム

農場名 フォレストファーム
代表者 佐藤 力
所在地 秋田県
お米生産歴 17年
お米作りのモットー 土に生きることは尊いことである

お米作りへの思い

 フォレストファームは、秋田県南端、奥羽山脈の真っ只中にある自然豊かな農場です。山間地にある農場は段々田んぼの棚田(たなだ)で、人間にとって都合の良い農地ではありません。しかし、自然環境は素晴しいです。

 良い水、良い空気に恵まれ、山間地の昼と夜の温度差が大きい気候環境は美味しいお米を育んでくれます。

 「稲は水で育てる。」という格言があるくらい、稲にとって水は大切な存在です。お米づくりに欠かせない水は、田んぼに隣接する豊かな森林が育んだ生まれたてのミネラル豊富な山水です。

 この地域のお祭りでは、春「山の神様」が田んぼに来て「田の神様」となり、稲刈り後は山に帰って「山の神様」となります。

 これは、山に積もった雪が融けて田んぼを潤し、また雪となって山に帰る水の循環そのものです。大きな水の循環を意識しながら、自然と人間にとって、良い循環の一つになる田んぼにしたいと思っています。

 「水」と同じく、大切なのは「土」です。
 
 私は、「土」=「人」と考えています。

 土に育つ稲の種(お米)を人間が食べて生きる。 

 「人」は、「土」で作った泥人形のようなものです。「土」の性質が、その泥人形の性質となります。農薬や化学肥料に頼らずとも、元気な稲を育てられる「土」を育む事が、「人」の健康維持に役立つと考えています。食べ物は、単なるモノではなく、人の命をつなぐ他者の命です。

 私は、「土」本来の力、「稲」本来の力を発揮し、自然の力がギュット詰まったお米を目指しています。農薬や化学肥料を使用しないのは勿論のこと、有機質肥料の使用量も出来るだけ抑え、または、全く使用しない栽培方法で生命力の強い稲を育てています。

 お米でも、品種や栽培方法の違いでアレルギー反応に違いがあります。農薬使用の有無、化学肥料使用の有無だけでなく、有機質肥料使用の有無に反応する方もおります。農産

ここで作っています


秋田県湯沢市皆瀬字貝沼162

商品の一覧

上へ 

お客様の声

上へ 


フォレストファームの自然栽培ササニシキです。(無農薬、無肥料)

uranさんのコメント 2019年6月18日

自然の強い力を最大限に生かしたお米をありがとうございます。
おいしく炊いて感謝していただきます。

フォレストファームの自然栽培ササニシキです。(無農薬、無肥料)

uranさんのコメント 2019年4月25日

いつもおいしいお米をありがとうございます。
ササニシキをよくかんでいただくと体がととのって元気になります。
ありがたいなーと、いつも思います。
今後とも宜しくお願い致します。

フォレストファームの自然栽培ササニシキです。(無農薬、無肥料)

uranさんのコメント 2019年3月29日

待ちに待った春の訪れが伝わってまいりました。
美味しいササニシキをいただいて、身も心も充実した毎日です。
ありがとうございます。

フォレストファームの自然栽培ササニシキです。(無農薬、無肥料)

janeiroさんのコメント 2019年2月27日

早々お送りいただきありがとうございました!
安心安全なササニシキを購入出来て感謝です。美味しく頂いております。

自然栽培ササニシキ 発芽玄米コーヒー(クリックポストでの発送可能)

やなぎやさんのコメント 2019年2月23日

発芽玄米コーヒーを頂きました。
愛飲してもうすぐ6年になります。
毎日、朝晩必ず飲んでいます。
私は牛乳で割ってカフェオレにするのが好きです。
美味しくて、お腹の調子もばっちりです。
いつもありがとうございます。

農場だより

上へ 


稲の生育状況!

2019年6月26日

曇天の日が多く気温も低いのですが、まずまずの生育状況です。
まずまずとは言っても、一般の稲の生育量の5分の1程度しか有りません。

毎日毎日田んぼの除草作業です。
除草機でも処理出来ないのがオモダカです。
芋から育ってくるので生育スピードが速く、発生期間も長いのです。
除草機を押しながら、オモダカを手取りしていくような感じで歩きます。

稲の生育状況!

次男が最近夢中なもの。

2019年6月24日

本日は雨の皆瀬です。

我が家の次男が最近夢中なもの。
それは「すぐり」。

終わりにしようと声を掛けると、一度は止めて、手を洗います(←赤い実をギュッと握るので、手が赤く染まります。)
が、洗った手もそのままに、再び「すぐり」へ行き、パクパクパク。
保育園に行く前、帰宅後、など、外に出るたび、飽きずに食べています。

ちなみに、私が食べると、う〜〜ん。
口が他の食べ物の甘さに慣れてしまってるなと感じます。

頂き物のさくらんぼより、ずっと美味しいみたいです。
長男も昨年は食べていましたが、今年はさくらんぼの方が好みのようです。成長の証拠か??【嫁】

次男が最近夢中なもの。

梅雨入りしたようです。

2019年6月18日

今朝は曇り空の秋田県皆瀬です。
東北北部も梅雨入りしたとのことで、昨日は小雨模様の一日でした。
雨は良いとして、寒い。
田植えの時(5月末)は、熱中症になるのではと思うぐらい暑かったのに、ここ最近は気温も低く、長袖に逆戻りです。

農場主は毎日朝早くから日が暮れるまで外作業し、夜は子供たちと一緒に(子供より早く??)眠りに落ちています。
子供たちも朝が早く、完全な朝方生活。
健康的だな〜。

新聞によると、こちら秋田では、5月の雨が少なかったため、田植えが出来なかったり、うまく生育しない田んぼがあるそうです。
当地は水が豊富なのでその心配はありませんでしたが、雨が降らないのも困りものですね。
やはり、ほどほどに、お願いしたいものです。

皆様今日も良い一日を!【嫁】


今日は防風ネット張りです。

2019年6月8日

今朝から雨ですが、田んぼの仕事に区切りが付いたので、ブルーベリー畑の防風ネットを張る事にしました。
ブルーベリー畑を巡回して、毛虫やミノムシも捕りました。

今年は、毛虫を余り見かけませんが、ミノムシが多めです。
ミノムシは、葉っぱだけではなく、実も食べてしまいます。
実を丸ごと全部食べるのではなく、あっちこっちの実を少しずつ食べます。
食べられた後がかさぶたになってしまうので、商品にならなくなってしまいます。
虫たちは、時間差で発生してくるので、定期的に見回って駆除して行かなければなりません。

昨日は、水源地の貝沼の様子を見て来ました。
雪が多かったにもかかわらず水が溜まらず、これまで雨も少なかったので、水は大丈夫かと心配していましたが、充分有りました。心配いりません。

今日は防風ネット張りです。

今日は防風ネット張りです。

2019年6月8日

今朝から雨ですが、田んぼの仕事に区切りが付いたので、ブルーベリー畑の防風ネットを張る事にしました。
ブルーベリー畑を巡回して、毛虫やミノムシも捕りました。

今年は、毛虫を余り見かけませんが、ミノムシが多めです。
ミノムシは、葉っぱだけではなく、実も食べてしまいます。
実を丸ごと全部食べるのではなく、あっちこっちの実を少しずつ食べます。
食べられた後がかさぶたになってしまうので、商品にならなくなってしまいます。
虫たちは、時間差で発生してくるので、定期的に見回って駆除して行かなければなりません。

昨日は、水源地の貝沼の様子を見て来ました。
雪が多かったにもかかわらず水が溜まらず、これまで雨も少なかったので、水は大丈夫かと心配していましたが、充分有りました。心配いりません。

今日は防風ネット張りです。