私達が育てています

電気農場

農場名 電気農場
代表者 渡部 陽一
所在地 山形県
お米生産歴 33年
お米作りのモットー 毎日ご飯!

お米作りへの思い

年末年始も通常通り発送業務を行なっておりますので、よろしくおねがいします。


お米を食べよう!もっとご飯を食べよう!
毎日食べても飽きずに美味しく食べられる。そんなお米を作ろうとがんばっています。

◎分づき米は精米と同じ価格です。

※お客様からいただいたメールには1.2日中にお返事をお出ししています。
3.4日経ってもこちらからの返事がない場合はこちらにメールが届いていない可能性がありますので、お電話でお知らせ下さい。

ここで作っています


山形県新庄市昭和908

商品の一覧

上へ 

お客様の声

上へ 


有機栽培ササニシキ

Se-raTSKさんのコメント 2019年5月9日

注文してすぐに届きました。
健康のためにと始めた玄米生活。色々学び、身体のことを考えたどり着いたのが、無農薬のササニシキ。噛むほどに美味しさが広がります。とっても美味しいお米です。
これからも無農薬ササニシキの生産を応援しています!

有機栽培ササニシキ

janeiroさんのコメント 2019年4月29日

分づきで食べていますが、農薬化学肥料不使用のお米はとても、安心して食べられます。これからも安心で美味しいお米の生産をよろしくお願いします。

有機栽培つや姫(転換期間中)

exitさんのコメント 2019年4月24日

案内通り青米や白濁米がやや多いですが、有機栽培ということなので仕方ないと思います。味は全く問題なく、玄米食でいただくともっちりと美味しいです。ほんの少しだけ水を多めに炊くといいと思います。

有機栽培つや姫(転換期間中)

けんさんさんのコメント 2019年3月21日

つや姫を注文したのは、初めてですが、栽培が難しいのか、有機栽培のつや姫は今まであまり見かけたことがありませんでした。こめの一粒一粒がきれいで、食べるのが楽しみです。

有機栽培つや姫(転換期間中)

joegillianさんのコメント 2019年1月14日

厳選米.com での初注文でこのお米に出会えて、ホントに美味しいお米だったためレビューしました。
粒の大きさはコシヒカリより少し大きめで、水で研いでも細かく崩れたりしない力強いお米でした。
炊くとつやつやで、1粒1粒の歯ごたえもしっかりしていて、こしひかりよりもっちりとした食感、味も濃く、今まではコシヒカリをメインに食べていたのですが、つや姫はこんなに美味しいのかと感動しました。
お米に加えて、購入時の田んぼの写真と手紙が同封されていて、とても良い環境で作られた事も分かりました。
生産者様。本当に美味しいお米をありがとうございます。

農場だより

上へ 


田植えするよ。送料改定について

2019年5月20日

田んぼに水が無い!それでもなんとかかんとか、明日から田植えする予定。


この度ヤマト運輸の運賃値上げに伴い、送料を以下の通り改定させていただきます。
かなり大幅な値上げとなり、皆様にはご迷惑をおかけしますが、ご理解願います。
6月1日ご注文分から適用になりますので、よろしくおねがいします。


北海道
〜10kg=1080円、〜20kg=1296円、〜25kg=1620円

東北・関東・信越
〜10kg=756円、〜20kg=972円、〜25kg=1296円

中部・北陸
〜10kg=864円、〜20kg=1080円、〜25kg=1404円

関西
〜10kg=972円、〜20kg=1188円、〜25kg=1512円

中国
〜10kg=1188円、〜20kg=1404円、〜25kg=1728円

四国
〜10kg=1296円、〜20kg=1512円、〜25kg=1836円

九州
〜10kg=1404円、〜20kg=1620円、〜25kg=1944円

沖縄
〜10kg=2052円、〜20kg=3132円、〜25kg=4212円

田植えするよ。送料改定について

値上げの春!送料改定について。

2019年5月15日

いい天気。代かき日和です。
値上げの春。
あれもこれも、何でもかんでも値上げです。
ヤマト運輸の運賃も値上げされました。
というわけで、大変申し訳ありませんが、送料を値上げさせていただきます。
時代の流れということで、ご了承願います。

6月1日ご注文分より適用予定です。
詳細はまた後日。

値上げの春!送料改定について。

電気農場日記 2019年4月21日

2019年4月21日

4月の雪が収まってから天気も良好順調に作業が進みます。
気温もずっと低かったのが、やっと暖かくなってきました。
3月に播いた野菜の種もなんとかかんとか芽を出し始めました。
自家採種なので、種が悪かったのか、ネズミに食べられてしまったのか、所々芽が出てきません。
そんなところは蒔き直ししましたが、暖かいので、すぐに追いつくでしょう。

稲の方も一回目の種まきが終わりました。
種を播く前に30℃ほどの温水に浸けて発芽を促すのですが、今年はずっと気温が低かったせいか、なかなか芽が出ません。いつもの年より5,6時間余計に時間がかかりました。

時間はかかったものの、無事芽が出て、種播きも滞りなく完了。
二回目の種まきに向けて準備中です。
畑のほうもぼちぼち肥料を撒いたり、耕したりし始めています。

子供の行事や、急な法事が入ったりして、仕事以外がなかなか忙しいです。スケジュールを組むのが大変。
ゴールデンウィーク。一日ぐらい休めるかな。

電気農場日記 2019年4月21日

電気農場日記 2019年3月30日

2019年3月30日

雪解けは早かったものの、ここのところ寒い日が続き、週間天気予報は雪マークがズラリと並んでいます。

冷たい風に凍えながら、育苗ハウスの骨組みの組み付けや、仕舞って置いた機械を引っ張り出しての配置換え、春野菜の種まき、種籾の芒取り作業等々、だんだんと忙しさが増してきました。

昨日は雪の予報の合間を縫って唯一の曇りの予報だったので、種籾の塩水選と温湯消毒を計画。
でも、朝起きてみると一面雪で真っ白。空気が冷たい!
それでもめげずに決行。

塩水に種籾を浸けて浮いてきた軽い籾を取り除く塩水選。水の冷たいこと!
春休み中のムスメもお手伝い。
風は身を切るように冷たいものの、作業小屋に遮られて吹きさらしにはならずに作業できます。
作業が進むにつれ、だんだんと日が照って暖かくなってきました。

塩水選が終わると今度は種籾の温湯消毒。
60℃のお湯に10分ほど浸けて、病原菌を殺菌します。
作業は一日で滞りなく終了。
処理の終わった種籾は種播きの時まで水の中に浸けておきます。

夕方にはまたかなり冷え込んできて、今朝は雪が降らなかったものの、種籾を浸けた水槽には氷が張っていました。

今日は時折冷たい雨が落ちる中後片付けや育苗ハウスの準備。
明日からの天気予報はまた雪マークが並んでいます。

電気農場日記 2019年3月30日

電気農場日記 2019年3月15日

2019年3月15日

今年は春が早いのでしょうか。
ピカピカ日が照って、どんどん雪が融けていきます。
道路はすっかり乾いています。

この陽気に乗って、育苗ハウス周りの消雪作業をはじめました。
雪が少ないので、例年以上に楽な作業です。

合間を縫って自家用醤油の仕込みです。
大豆は自家産ですが、小麦は出来ないので、石川県の有機小麦を購入しました。
塩も作っていないので、購入です。

米、大豆とも自家産の味噌よりも自給率が下がりますね。
何年か小麦栽培にチャレンジしたのだけれど、収穫が年によって積雪の量に左右され、なかなかうまくできませんでした。

醤油麹も自分で仕込みますが、米麹よりも温度管理がシビアでなかなか難しいです。

ともあれ、今年も無事仕込み完了。仕上がるのは2年後です。


ぼちぼち今年の作付けする種や肥料の設計、注文など取り掛かっています。

電気農場日記 2019年3月15日