私達が育てています

万宝院ファーム

農場名 万宝院ファーム
代表者 小松新一
所在地 山形県
お米生産歴 50年
お米作りのモットー なせば成る 為さねば成らぬ何事も 成らぬは人の為さぬなりけり

お米作りへの思い

米沢平野の一角に位置する山形県西置賜郡飯豊町椿にて、江戸期を通し先祖代々お米を作っております。

屋号の「万宝院」は、”まんぽういん”と呼びます。英訳すると「Millions Treasures Farm」

遠い先祖はきっと幾多の宝物、美味しいお米を生み出す農家という気持ちを込めて名付けたのでしょうか。

飯豊町は田園散居集落の広がるのどかな町として、日本で最も美しい村連合(http://utsukushii-mura.jp/iide/)に加盟しており、当ファームが属す水田地帯は粘着性の高い肥沃な土壌を持ち、水源は最上川の源流白川に発しミネラル分の多い清らかな水を利用し、昼夜の寒暖の差が大きい、おいしいお米を作るのに最適な条件が備わった理想的な土地です。また世界でも指折りの豪雪地帯のため冬季は白銀の世界へと一変し、日本の中でも四季が最もはっきりしており、そのメリハリの効いた季節の移り変わり、そして昼夜の寒暖差が美味しいお米を育て上げます。

明治11年(1878年)東北地方を廻ったイギリスの女性旅行家イザベラ・バードは、現在の飯豊町椿~川西町へ至る道中の諏訪峠から米沢平野全体を見渡し、その著「日本奥地紀行」にこのように表現しております。
”米沢平野は鋤で耕したというより鉛筆で描いたように美しい。実り豊かに微笑する大地であり、アジアのアルカディア(桃源郷)である”

深い歴史が刻まれた、自然の恵み豊かな土地柄で育んだ農家自慢のお米を、ぜひ一度味わってみてください。

ここで作っています


山形県西置賜郡飯豊町椿438番地

商品の一覧

上へ 

お客様の声

上へ 


山形県認証 減農薬減肥・特別栽培米 はえぬき【送料込】

木村 麻子さんのコメント 2017年11月10日

家族の食べっぷりが違います。冷めても美味しいです。もち生産者の皆さん、もちもちつやつやのお米ありがとうございます。新米を楽しんでまーす。

山形県認証 減農薬減肥・特別栽培米 つや姫【送料込】

中嶋章雄さんのコメント 2017年10月28日

コシヒカリを超えたと言われる「つや姫」を試してみたくて購入したところ、おいしいのでリピートしています。もちもち感、つやつや感、白さ、どれも良く、これからもリピートすると思います。これからも美味しいお米を作り続けてください。応援しています。

山形県認証 減農薬減肥・特別栽培米 つや姫【送料込】

KUBさんのコメント 2017年8月11日

我が家は4人家族。
コメ大好きっ子の子どもが2人おりますので、我が家は減るのがとても早いのです。
子どもたちから『美味しいお米認定』がでると、なんと30キロが2ヶ月で消えます。

そんな我が家のコメ事情なのに、しばらく多忙でお米の買い出しにも行けなかったせいで、米びつが空っぽに近い…!!
これは大変だー!と、慌てて探したのはこちらのサイトでした。
なんと注文した翌日に到着!大変ありがたかったですよー。
(以前こちらのサイトでよくお買い物したのですが、最近は友人の実家の農家さんから直接買っていたのです)

狙うはダントツつや姫。これが一番我が家は評判がいいです。
アツアツも冷や飯もホロホロふっくら♡
小松さんのお米はさらにツヤッツヤ!お米ひと粒ひと粒がピンとしていました。
今回10キロで購入させていただきましたが、またすぐ無くなりそうな雰囲気です。
家族アンケートにてまたご注文させていただくかもしれません。
今度はギリギリではないようにしますね。
本当に美味しいお米をありがとうございました。

山形県認証 減農薬減肥・特別栽培米 はえぬき【送料込】

さんのコメント 2017年7月10日

お世話になります。
この度は早急にお米を送っていただきましてありがとうございました。助かりました。
はえぬきという種類のお米は、はじめて注文させていただきましたが、大変美味しくいただきました。
あっさりしていて食べやすく、一粒一粒がしっかりしている印象を受けました。
これからも美味しく安全なお米を作り続けていただければと思います。
今後ともよろしくお願いいたします。

山形県認証 減農薬減肥・特別栽培米 はえぬき【送料込】

田中 達也さんのコメント 2015年12月4日

いつもお世話になってます。今回のお米も食べ始めてますが、やはり
美味しいです。特にお弁当に入っているおにぎりを食べてみると、冷めても美味しいというのがわかります。これからも美味しいお米をたくさん作って下さい。よろしくお願いします。

農場だより

上へ 


白銀の世界へと様変わり

2017年12月18日

飯豊町はすっかり雪に覆われました。

世界でも有数な豪雪地帯。ほんの2ヶ月前までは朗らかな陽気のもと、収穫に精を出していましたが、あっというまに白銀の世界へ豹変です。これほど四季がはっきりした地域は世界でも稀です。

この豪雪が春にはミネラル豊富な雪解け水へとかわり、田んぼに滲み入り、美味しいお米に必衰の豊かな土壌と育みます。

お米を貯蔵している作業小屋の周りも雪に覆われ、天然の低温保存庫として、いつでも新鮮な新米の味をお届けすることができます。

春はまだまだ先ですね。次シーズンのお米作りへ向け、冬の間は英気を養います。

白銀の世界へと様変わり

稲作機械の仲間たち 04

2017年12月11日

今はなき輸送機器メーカーTCM製フォークリフト。

TCMマークが入ったフォークリフトの所有率、近隣農家さんでも高いんですよね:)

見た目はサビサビの年代物ですが、油さして毎年元気にシーズン通してフル稼働。国産の農機器は本当に耐久性ハンパでないです。

米袋も苗箱も本当に重いので、フォークリフトを上手く乗りこなすことが作業効率アップに繋がります。

稲作機械の仲間たち 04

稲作機械の仲間たち 03

2017年12月4日

当ファームの田植え機は8列同時に植えることができます。

真っ直ぐ植えていくのは意外と難しく、植えたての田んぼをみるとひと目でその生産者の腕の良し悪しがわかってしまいます。

最近はGPS付きの田植え機もあり、手を離しても自動で真っ直ぐ植えてくれ、目からウロコです!

いずれAIで遠隔操作も可能になるんでしょう:)

稲作機械の仲間たち 03

田園風景と米坂線

2017年11月30日

置賜の豊かな田園地帯を駆ける単線、米坂線。米沢と新潟県村上市の坂町を結びます。

田んぼの中で農作業をしていると、どこからともなくガタンゴトンと田園を駆け抜けていく光景は日常の一コマです。
1両編成と2両編成の便があり、田んぼの中を駆けゆく姿は風情ありまくりです。きっと昭和初期の光景から何も変わっていないのでしょう。

万宝院ファームは萩生駅と羽前椿駅の中間あたりに位置し、どちらの駅からも徒歩20分ほど。

田舎は車社会、電車に乗ることはそれほど多くはないですが、ファームのそばに駅があるのは何かと便利です。

全線通して走る便は一日5本ほど。利用客も地元の高校生が主と、典型的な地方ローカル線ですが、いつまでも現役であってほしいです。

田園風景と米坂線

稲作機械の仲間たち 02

2017年11月21日

トラクター

重いものを前へ後ろへと引っ張ったり運んだり、牽引力抜群の馬力ある万能マシン。

これがないと何も始まりません。働き者です:D(こきつかっているだけのような。。。)

稲作機械の仲間たち 02