私達が育てています

万宝院ファーム

農場名 万宝院ファーム
代表者 小松新一
所在地 山形県
お米生産歴 50年
お米作りのモットー なせば成る 為さねば成らぬ何事も 成らぬは人の為さぬなりけり

お米作りへの思い

米沢平野の一角に位置する山形県西置賜郡飯豊町椿にて、江戸期を通し先祖代々お米を作っております。

屋号の「万宝院」は、”まんぽういん”と呼びます。英訳すると「Millions Treasures Farm」

遠い先祖はきっと幾多の宝物、美味しいお米を生み出す農家という気持ちを込めて名付けたのでしょうか。

飯豊町は田園散居集落の広がるのどかな町として、日本で最も美しい村連合(http://utsukushii-mura.jp/iide/)に加盟しており、当ファームが属す水田地帯は粘着性の高い肥沃な土壌を持ち、水源は最上川の源流白川に発しミネラル分の多い清らかな水を利用し、昼夜の寒暖の差が大きい、おいしいお米を作るのに最適な条件が備わった理想的な土地です。また世界でも指折りの豪雪地帯のため冬季は白銀の世界へと一変し、日本の中でも四季が最もはっきりしており、そのメリハリの効いた季節の移り変わり、そして昼夜の寒暖差が美味しいお米を育て上げます。

明治11年(1878年)東北地方を廻ったイギリスの女性旅行家イザベラ・バードは、現在の飯豊町椿~川西町へ至る道中の諏訪峠から米沢平野全体を見渡し、その著「日本奥地紀行」にこのように表現しております。
”米沢平野は鋤で耕したというより鉛筆で描いたように美しい。実り豊かに微笑する大地であり、アジアのアルカディア(桃源郷)である”

深い歴史が刻まれた、自然の恵み豊かな土地柄で育んだ農家自慢のお米を、ぜひ一度味わってみてください。

ここで作っています


山形県西置賜郡飯豊町椿438番地

商品の一覧

上へ 

お客様の声

上へ 


山形県認証 減農薬減肥・特別栽培米 つや姫【送料込】

どらねこさんのコメント 2018年9月19日

いつも美味しいお米をありがとうございます。
玄米食に変えてから、色々なお米を試していたのですが、このお米に落ち着いてしまいました。安心していただける美味しいお米です。これからもよろしくお願いいたします。

山形県認証 減農薬減肥・特別栽培米 はえぬき【送料込】

ニャガさんさんのコメント 2018年8月16日

いつも美味しい「はえぬき」をお届け頂きありがとうございます。
厳しい暑さと不順な天候が年を重ねるに従い増しているように
思えて不安が募る今日この頃、新米の話題にホッとさせられます。
生産者の皆様のご苦労に思いを巡らせつつ「はえぬき新米」を
楽しみにしております。

山形県認証 減農薬減肥・特別栽培米 はえぬき【送料込】

藤野里美さんのコメント 2018年7月30日

猛暑の中、沖縄までお送り頂き有り難うございました。とても美味しく頂きました。家族の一員であるインコも喜んで美味しそうに頂きました。やはり「はえぬき」の風味は忘れられない特別な味だと家族で大事に頂いております。貴重なお米を有り難うございます。またお願いする際には宜しくお願い致します。作業中の熱中症にはお気を付け下さいませ。

山形県認証 減農薬減肥・特別栽培米 はえぬき【送料込】

ニャガさんさんのコメント 2018年7月3日

いつもの「はえぬき」美味しく頂いています。
万宝院ファームさんに「山形県民の常食米」と伺い、わが意を得たり(*^^)v
納得のパフォーマンス!! 毎日ごちそうさまです(@^^)/~~~

山形県認証 減農薬減肥・特別栽培米 はえぬき【送料込】

ルミネンコさんのコメント 2018年6月22日

初めて購入しました。半日程、水に浸けた後で炊飯器の玄米モードで炊きました。全くパサパサしておらず美味しい玄米が炊けました。ありがとうございました。

農場だより

上へ 


米沢牛の飼料米刈り入れ

2018年9月7日

一足先に近所の農家さんが飼育する米沢牛の飼料米を刈り取りました。


美味しいお米、”はえぬき”の稲を食べているので、あの柔らかな上品な味の米沢牛が育つのかな。

刈り取り後のガランとした田んぼは晩秋を思わせます。

あっという間に秋ですね。

米沢牛の飼料米刈り入れ

首を垂れる稲穂

2018年9月1日

田んぼの稲穂も垂れ、置賜もすっかり秋模様です。

田園風景も夏の濃い緑から黄金色へと変化。

あと20日間ほどで収穫。時が経つのが早いです。

首を垂れる稲穂

収穫前の草刈り

2018年8月29日

昨日から収穫前最後の草刈りを開始です。

燦々と降り注ぐ真夏の太陽のもと、雑草の勢いがすごいことに。

3週間ほどで軽トラも通れないほど、道が草で覆われてます。

置賜地方はお盆を過ぎる頃から朝晩は20℃前後まで下がり、日中も30℃を下回り、過ごしやすい日々が続いております。

今までは早朝と日没前のみ作業が可能でしたが、昼間も快適に草刈りできるので捗ります。

山形へ戻るたびにいつも感じるのですが、福島県と山形県の県境の栗子峠を越えると気候が一変します。

福島は東京と同じ太平洋側の気候で、冬は雪が降らず、カラッとした晴天が続きます。もちろん積雪もないです。

それが栗子峠(吾妻連峰)を越えると様相は一変。新幹線で米沢へ入ると真冬は辺り一面銀世界、そして空は曇天。ここ飯豊は県内でも屈指の豪雪地帯で、米沢よりもさらに雪深い。

夏でも栗子を越えると気候に変化があることを感じます。置賜は盆地なので日中は蒸し暑いですが、朝晩は熱帯夜になることもなく、涼しく快適。

真夏でも朝昼晩と7~8℃の寒暖差があり、この特徴的な気候が美味しいお米作りに一役も二役も買っているのでしょう。

もう秋ですね。日が暮れるのが早くなりました。草刈りも暗くなる前に切り上げ。

心地良い疲労感。夜はもちろんぐっすり眠れます。

今週中には終わるかな。

収穫前の草刈り

ファームの撮影

2018年8月26日

飯豊町のプロモーションの一貫として、万宝院ファームで撮影が行われました。


撮影当日は東北芸術工科大学の学生の方々も多数起こしくださり、早朝5時前から撮影開始。

晴天のなか早朝は空気も冷んやり澄みきって、絶好の撮影日和。

妻の父、2歳の息子と妻、ファミリーが全員勢揃いし、8時ごろ無事終了。

撮影クルーの方々は数日間飯豊に滞在し、飯豊連峰麓の中津川地区、萩生諏訪大社黒獅子祭りなど、飯豊の魅力溢れるシーンを撮影。

美しい景色の一コマに、下椿地区に広がる田園散居のワンシーンが加わるのは本当にうれしいです。

どんな映像が出来上がるのか、楽しみです!

CMディレクター、撮影クルー、そして飯豊町役場の皆様、素晴らしい機会をくださり、ありがとうございました!!

ファームの撮影

夏の稲穂

2018年8月24日

真夏の青々とした水田も美しいですね。

あと半月もすると辺り一面黄金色の稲穂へと変化を遂げます。


置賜で稲を育てていると、本当に時の移り変わりの速さを肌で感じ取ることができます。

感覚的にはついこの間、残雪の中、種まきの準備をし、慌ただしく田植えを終わらせ、雑草刈りを何度か終わらせたと思ったら、まもなく収穫の時期を迎えます。

本当に一年があっという間です。

夏の稲穂