私達が育てています

ファーム佐藤

農場名 ファーム佐藤
代表者 佐藤健一
所在地 岩手県
お米生産歴 8年
お米作りのモットー 自然を大切に、食べる人を大切にした米作り

お米作りへの思い

私の米生産歴は慣行栽培では12年以上になりますが、不耕起移植栽培という農薬も肥料も使わない農法を始めて8年目になります。稲刈り後田んぼに水をため(冬期湛水)いっさい耕さず、昨年の古株の間に専用の田植え機で田植えをします。固い田んぼに植えることによって、稲が丈夫になり病気にも強くなります。一年中水を張ることによって生き物がたくさん増え、特にイトミミズによってフンが堆積して肥料がいらなくなります。生き物いっぱいの自然の力を借りて人にも環境にもやさしい農法で育てたお米を、健康に気を配る方に食べていただきたいと思います。

ここで作っています


岩手県北上市相去町下成沢15-5

商品の一覧

上へ 

お客様の声

上へ 


農薬、肥料不使用の不耕起栽培で育てたひとめぼれ 健燦米【真空パック】

工藤さんのコメント 2019年8月14日

初めて注文します。
不耕起栽培の玄米。
色々検討してこちらにたどり着きました。
今から楽しみにしています。
よろしくお願い致します。

農薬、肥料不使用の不耕起栽培で育てたひとめぼれ 健燦米【真空パック】

久保田毬巴さんのコメント 2017年3月11日

前回購入させて頂き、化学物質過敏症の私でも食べられて感激しました!さらに美味しかったので、再注文させて頂きました!

農薬、肥料不使用の不耕起栽培で育てたひとめぼれ 健燦米【真空パック】

さるとびさんのコメント 2016年3月5日

お米をありがとうございます。それに、いつもおまけをありがとうございます。
こちらのお米は無農薬で安心して食べられるのが嬉しいです。特に玄米で食べるには無農薬なのがポイントですから。
真空パックは保管に向くので少人数の家庭には助かります。

農薬、肥料不使用の不耕起栽培で育てたひとめぼれ 健燦米【真空パック】

さるとびさんのコメント 2015年11月2日

今年も新米ありがとうございます。 それにおまけの里芋もありがとうございました。
地元では有名な里芋ですよね。岩手出身なのでよく知っています。おいしかったです!
精米は7分づきでお願いしてますが、ちょっと5分づきに近い感じがしてます。
もうちょっと精米してる方が好みです。 また宜しくお願いします。

農薬、肥料不使用の不耕起栽培で育てたひとめぼれ 健燦米【真空パック】

さるとびさんのコメント 2015年6月30日

 先日はお米をありがとうございました。おまけの野菜もありがとうございました。きゅうりは不揃いながらも、瑞々しくてておいしかったです!
お米は相変わらず弾力があって食べ応えがあり、おいしいお米だなと思います。
今年のお米作りもがんばってください。

農場だより

上へ 


稲刈り終盤

2019年9月29日

今年の稲刈りは天候に恵まれ田んぼの状態もよく例年よりもいくらか早い稲刈りです。しかし稲刈り終盤に来て稲の間の雑草が多く、これが悪さしてコンバインが詰まるという最悪の状態になりました。現在ひどいところは手で雑草を取り除き奮闘中です。残りあと少し頑張ります。

稲刈り終盤

除草奮闘中

2019年6月12日

現在機械除草奮闘中。6月は除草月間です。
今は2回目の除草になりますが予定では3回除草しようと思っています。

除草奮闘中

2018年度産米完売

2019年6月2日

思いのほか売れ行きが良く2018年度産の米が売り切れました。お買い求めいただいたお客様ありがとうございました。次は10月下旬の2019年度産米となりますので宜しくお願いいたします。


田植えスタート

2019年5月19日

不耕起の田植えがスタートしました。今年からは不耕起専用の田植え機が廃車になったため中古の田植え機を購入しました。よって代掻きのドライブハローで表面を耕し田植えとなります。半不耕起になります。そのほかは今まで通りですが表面を耕すことによってイトミミズなどの微生物が減り収量減になるのが懸念されます。しかしながらやってみないと分かりません。

田植えスタート

今年も始まりです

2019年3月14日

今年も稲づくり作業開始です。
最初は種もみの脱芒(自家採取のため芒を落とします)次に塩水選をして(比重1.15になるように塩を入れて浮いた種もみを取り除き状態のいい種もみだけを使います)次に浸種ですが発芽率を上げるために最初に13℃に設定して24H、その後は冷水で3日に一回水交換して20日位が目安です。

今年も始まりです