私達が育てています

佐渡・矢田農園

農場名 佐渡・矢田農園
代表者 矢田徹夫
所在地 新潟県
お米生産歴 34年
お米作りのモットー 元気なれる!おこめ

お米作りへの思い

朱鷺で知られる佐渡島で、34年も前から従来農業を反省して、安全を第一に農薬を減らした栽培に取り組んできました。今では、息子の私とオヤジで、農薬を一切使わない農薬無使用と化学肥料無使用で栽培して来ました。
 当園の栽培方法は、稲に元々備わっている生命力を最大限引き出して行く『栄養周期説農法』と炭素により田圃へ集約して植物を活性化させる『電子農法』です。
 土作りに対しても、微生物をおからと米ぬか・自家鶏糞等を使って増殖発酵させて、年に3〜4回も田圃に補給しています。お陰で、田圃の土もどろどろ状態で雑草も出にくくなっていますが、やっぱり草取り作業はとっても大変なんですよ!
田んぼには、最低限なものしか入れておりません。ぼかしと豆。 元肥も穂肥もなし。
稲わらも数年かけて分解されるので、最低限の有機物で、根を深く深く伸ばして行きます。収量はあまり期待できませんが、美味しいお米に育て上げます!皆さん、健康の為にも玄米食をお勧めします。

古代米以外は、籾貯蔵しています。籾は生きていますから、殻付きが新鮮です!梅雨入り前には、冷蔵庫保管にします。
 玄米には、先入観で食べにくいものと思われますが、当園の玄米は、ふつうの炊飯器でも充分柔らかく食べられますので、ご安心ください。(一日水に浸してから炊いてみてください)古代米と一緒ならさらに栄養面・免疫力ともかなりのレベルで体内に補給できてお薦めです。古代米と一緒に炊くときは、古代米だけ一日多く水に浸けて炊いてください。

 皆さんとの距離が遠いため、わが家との「顔のみえる関係」は、まだ充分とは言えませんが、信頼の上にたったおつきあいをお願いするものです。かねて申し上げてきたように、わが家は、<まごころ=誠>を商い(強いて言えば)する考えです。そのために、今年を最大ピークに生産規模を縮小し、より良心に添った、良品を作る考えです。

私は年賀状に「オタマジャクシも生産のうち」と書きました。生態系農業は文字通り、国土の保全も目的であり、持続可能性のある農業を目指しております!
朱鷺が田んぼの上を、飛んでいくことがあります。
田んぼでは、朱鷺の餌となるサドガエルも、ドジョウも当然生産しているような
そんな田んぼでお米を育てて行きます

ここで作っています


新潟県佐渡市長江1109

商品の一覧

上へ 

お客様の声

上へ 


30年以上同じ田んぼで農薬不使用米 こしひかり

梶浦久美子さんのコメント 2017年7月9日

無農薬・トキというう言葉に惹かれ購入いたしました。佐渡は昔から一度いきたくぃところでしたので、そこのお米が食べれることが幸せでもありました。皆さんの心が生かされているようでうれしかったです。

30年以上同じ田んぼで農薬不使用米 こしひかり

しろわんこさんのコメント 2017年6月13日

玄米を発芽させて、炊いています。色々な玄米を注文しましたが、私はここのが一番美味しいです。甘みもありますし、発芽玄米にすると、外側のヌカ層が柔らかく、発芽玄米や玄米特有の、ザラザラした食感がほとんど気になりません。100%発芽玄米でも、もちもちと美味しいです。

30年以上同じ田んぼで農薬不使用米 こしひかり

寺田 弥佐子さんのコメント 2017年4月26日

矢田農園からの玄米、到着し早速炊き上げました。
今回は、炊き上がり寸前に、桜の葉の塩漬けとちりめんじゃこを合わせ、香りを閉じ込めました。
桜の良い香りと、程よい塩味が玄米の旨味を引き立て、大好きな組み合わせです。(白米で炊くときはほんの少々桜色に染めて)

田植えや、草取りと、自然相手の大変なお仕事ですが、気付いたら、トキがすくそばに居てお互いビックリと、良い刺激の日々の矢田さんの日常をブログで拝見させていただきました。末娘さんのデザインで一新のパッケージも拝見しました。

30年以上同じ田んぼで農薬不使用米 こしひかり

武藤さんのコメント 2017年4月15日

今回初めて矢田さんのお米を食べました。ポイントは農薬不使用で玄米を食べてみたいと思ったことでした。佐渡に行った時の懐かしい味です。矢田さんの日々のご苦労に感謝です。

<農薬不使用> 古代米 

かなんさんのコメント 2017年3月30日

玄米に混ぜると、玄米が凄く凄くたべやすくなります。玄米のパサパサな感じが和らぎ、もちもちです。食感いいです。

農場だより

上へ 


柿モードへ

2017年10月12日

いよいよ本格的に柿もぎに入りました。

田んぼの片付けも終わり

柿の色づきも始まってきました!


思ったより渋抜けに時間がかかるのが

ちょっと難点ですが

必ず渋は、積算温度で抜けますので

すこし放置して頂いて

弾力のあるものから召し上がって頂ければ大丈夫です!

週末から気温も下がるようなので

本格的に柿もぎになりそうです


ご注文お待ちしておりますm(_ _)m

柿モードへ

休む隙無く

2017年10月7日

稲刈りが終わったと書きましたが

実は、黒米がまだ。

二台あるコンバインの一台を掃除して格納して

黒米の稲刈り前に、色づき始めた 柿もぎに入りました!

本と休む隙無く、来月いっぱいの柿モードです。

農薬不使用の柿園は、とても良い出来なのですが

農薬を減らした8割減の方が、病気の発生と

思ったようにはいきませんが

それでも、収穫も始まり

同時進行で進みます。

お米には、柿が数個入ります!

休む隙無く

もうちょっとなんですが

2017年10月2日

10月に突入ですね!

稲刈りも、いよいよ大詰めです。

今日も1日持つかなと思いましたが

残念ながら、お昼前からポツポツしてしまい

稲刈りも断念。

今年は、天気に恵まれず

予報も外れるし

レーダーでさえ、突然雨雲が現れる感じで

どうにも予定通りに行かない秋です。

コシヒカリの稲刈りもあと一日あれば終わるという所ですが

思うようには行きませんでした。

もうちょっとなんですが

自然の驚異を感じます。

2017年9月24日

最初に断っておきますが

この写真は、我が家ではありません!

この写真は、先日 農業共済組合の評価員として

田んぼの見回りに行ったときの写真です。

干害の田んぼの評価で、おそらく10アール当たり 10キロも取れない程の

被害でした。

同じ佐渡でも、こんなに酷い田んぼを三見たのは、初めてで

改めて自然の怖さを感じました。
同業としては、何とも言えない言葉もありませんでした。

しかしながら、この秋

私だけで無く、辺り近所の農家も口々に

収量が無い! といいます。
来週にも、作況指数も発表になるそうですが

かなりの不作の状況のようです。
新潟も含め東北までかなりの収量減とか・・・・

干害と比べれば、たいしたことはありませんが

この夏の影響がじわじわ現れだしている予感が。。。

自然の驚異を感じます。

予定通りに行きません・・・

2017年9月21日

先週の台風から天気に恵まれず

稲刈りが全く進んでおりません。

神様が、早刈りするなと言っているのか

今日も、午前中に雨が・・・・

予定通りに刈り取りも出来ずに

まあ、無理するなとのお告げなのか

4枚の予定が 3枚で終了!


体は楽でしたが

後半にずれ込むだけなんだよね〜〜〜

ご注文お待ちしております。
ただ稲刈り優先させて頂きますので
2〜3日の猶予をお願いします。

しかも、思ったより収量も少なめという現実。。。

予定通りに行きません・・・