私達が育てています

信州茅野米沢ファーム

農場名 信州茅野米沢ファーム
代表者 吉田 秀史
所在地 長野県
お米生産歴 15年
お米作りのモットー 努力無限・・・!

お米作りへの思い

1、「信州茅野 米沢吉田米」とは?
 「信州茅野 米沢吉田米」は、長野県産コシヒカリです。
 八ヶ岳の麓・澄んだ空気に加え、霧ヶ峰高原から流れ出る伏流水・ 「大清水」湧水と有機質多い茅野市米沢の土壌が、美味しいお米を育んでくれます。
 特に当ファームは、米沢地区の中でも古くから、良質米伝統の地。「茅野市米沢吉田」の地を中心に減農薬栽培「信州の環境にやさしい農産物認証」基準栽培にて、稲作を続けています。

2、「信州の環境にやさしい農産物認証」とは・・・
 地域の一般的な栽培方法と比較して、化学肥料及び化学合成農薬を50%(一部30%以上)以上削減した方法で生産された農産物を長野県知事が認証する制度です。

3、この地のお米の由来!!
 その昔、この地で取れたお米は、諏訪高島藩主 お殿様の御膳米とされ、献上されていました。諏訪高島藩主へ献上していた「米沢御膳米」は、一粒選りをしたから、美味であるとされていたようです。また、諏訪大社の神田として献上していたと「千鹿頭神社御由緒書写」にも記事があります。この地でのお米が古代より良質米として評価されていたことがわかり、先人が伝えてきた、歴史ある稲作が引き継がれている土地です。
「参考:米澤村村史・米沢地区コミュニティ推進会議」

4、コメ作りは、土づくりから・・・。
 美味しいお米は「土づくり」からと言われるくらい重要です。当ファームでは、有機質豊富な土壌を維持する努力を惜しみません。土壌分析を基に、有機質肥料(鶏糞)等を使用します。
 また、圃場ごとに、収穫・乾燥作業を行い、食味値もできる限り圃場ごとに管理しており、お米の美味しさを示す食味値ですが、当ファームのお米は、玄米にて85〜90POINTとなります。(圃場により若干異なります)

ここで作っています


長野県茅野市米沢5708

商品の一覧

上へ 

農場だより

上へ 


除草作業 進行中!!

2017年7月5日

農場だよりの更新をしばらく怠っていました。
申し訳ございません。

今年は気候のせいか?ヒエの発生が多いです。
こうなると、即効性のあるテデトールを使うしかないです。
写真右側が、テデトール実施済です。綺麗でしょう!!
テデトールとは、手で雑草を抜き取ることです。おやじギャグですいません。
多く発生した圃場はこうするしかにです。頑張ります。

除草作業 進行中!!

苗 順調です!!

2017年5月5日

苗間が茶色から緑色に変わりました。
苗自体も全体的に出揃い、田植えまでもう一息です。

苗 順調です!!

「信州茅野米沢吉田米」播種終了!!

2017年4月26日

「信州茅野 米沢吉田米」今年度の播種が終わり、育苗段階に入りました。
予定数量より育苗箱が増えたこともあり、急遽ハウスの増築もありました。何とか苗間を仕上げ、種まきには約5日間かかりましたが、上々の仕上がりではないでしょうか?
今年も立派に大きな稲に育ってほしいです・・・。
まずは芽出しが上手くいきますように・・・!!

「信州茅野米沢吉田米」播種終了!!

苗間作り

2017年3月2日

平成29年度 信州茅野米沢吉田米、始動です。
まずは苗間作り、苗床をなるべく水平にするため、育苗ハウスに水を入れ、シロカキします。均してから再度苗床を一定にするため、土を動かします。
いよいよ、始りましたよ!!

苗間作り

粉挽き唐辛子 できました!!

2017年2月23日

毎年ご好評いただいております。
当ファームの「粉挽き唐辛子」、出来上がりました。
純国産の天然乾燥で作りました。
今年は、かなり辛めにできましたよ!!

粉挽き唐辛子 できました!!