私達が育てています

しまさき農園

農場名 しまさき農園
代表者 島崎 真人
所在地 山形県
お米生産歴 12年
お米作りのモットー 付加価値よりも最高の品質を

お米作りへの思い

 山形県の置賜盆地にある南陽市で専業農家を営んでいます。
東に奥羽山脈、西に飯豊山系と多くの山々に囲まれています。
冬はメートル級の雪に囲まれ、夏は厳しい暑さが続きます。
豪雪地帯ならではの豊富なミネラルを含んだ雪解け水と環境で、日本有数の高品質なお米が生産される地域です。

稲自体の力を引き出し、農薬になるべく頼らない農業を目指しています。
※田植え時の除草剤、殺虫剤散布以降は稲刈りまで農薬は原則使用しません。

 地元畜産農家と提携して、良質なもみ殻たい肥を毎年田んぼにいれています。その他、3種類の有機質肥料や米ぬか肥料も田んぼにすきこみます。
出穂前にはミネラル類を散布し、うま味を引き出します。
新しい技術も積極的に取り入れていますが、機械に頼らない天日乾燥も少しずつ増やしています。

また収穫したお米は、等級検査後に全量低温倉庫にて保管。一部は籾で保管します。
お米は品種だけでなく、田んぼごとに管理し、生産者ならではの精米を目指しています。
温度の他にも湿度も一定に保ち、1年中美味しいお米を発送することを心掛けています。

最高の品質を目指して、日々の小さな積み重ねを大切にしながら田んぼに向かっています。

ここで作っています


山形県南陽市砂塚1893-1

商品の一覧

上へ 

農場だより

上へ 


決勝進出!

2017年11月19日

『あなたが選ぶ美味しいお米日本一コンテスト』で過去最多465出品の中から、つや姫で決勝進出しました。
決勝大会は12月2日です。

決勝進出!

籾摺り

2017年9月28日

ようやく登熟も進み今週から稲刈りを始めました(^^)
今日は初の籾摺り作業。
まずは特別栽培はえぬきからです。
低温で刈り取りは遅れましたが、品質は良好です。
これから等級検査を受けていよいよ販売です。

籾摺り

猛暑日から連日の雨

2017年8月19日

連日の猛暑日から一転、連日の雨と曇りで出穂は遅れぎみです。
日照時間も少ないので、今後の天気もどうなるか心配ですが、水管理等田んぼに足を運びたいと思います。

猛暑日から連日の雨

連日の猛暑日

2017年7月13日

山形は連日の猛暑で田んぼの水もお湯の様です。
なるべく冷たい水に入れ替えています。
中干しの時期ですが、少し遅らせようと思います。
今年から挑戦している37株植え。
今のところ順調に生育しています。

連日の猛暑日

苗代に苗並べ

2017年4月26日

種籾の温湯処理(お湯で殺菌)→温度をかけて芽出し→苗並べと、ここまできました。
苗半作という言葉がある通り、コメ作りにおいて苗を育てるのは一番神経を使います。
1枚1枚並べるのでもちろん体力も使います。
路地のプール育苗なので霜対策や高温対策も必要ですが、丈夫な苗に育ってくれる事を祈ります。

苗代に苗並べ