私達が育てています

有限会社ばんば

農場名 有限会社ばんば
代表者 番場 睦夫
所在地 石川県
お米生産歴 40年
お米作りのモットー 土を愛し 土に生きる

お米作りへの思い

わが社の社訓は「土を愛し、土に生きる」です。
「お米の生産販売を通して社会に貢献する」をスローガンに地域社会の共存共栄をはかり、お客様に満足していただく米づくりにつとめています。

米を通じて、お客さまに健康とおいしさと満足をお届けしたいと思っています。
それがわたしたちの幸せです。

石川県エコ農業者 認定番号 第5号

ここで作っています


石川県白山市宮永町187

商品の一覧

上へ 

お客様の声

上へ 


農薬を使わないこしひかり

さとうさんのコメント 2017年7月17日

前回購入して大変美味しかった為、再度購入させて頂きました。
真空パックされているのも重宝しております。

農薬を使わないこしひかり

まさきさんのコメント 2017年4月20日

海外在住の為、お米を少し長く保存する必要があるので、真空パック対応して頂くと大変助かります。また農薬を使わない玄米がなかなかないので、ありがたいです。食べるのが楽しみです。

夢ごこち

gahandaisukiさんのコメント 2015年12月2日

食べたことのない美味しいお米はないかと探していたら、こちらに行きつきました。口コミ通りとてももちもちつやつやで美味しかっあです。
また、お願いしたいです。

農薬を使わないこしひかり

鈴木明子さんのコメント 2015年6月29日

安くはないお米ですが、自炊が増えて外食が減ったので、結果的には節約になりました。お米は産地の水系のお水で炊くと良いんですね!初めて聞きました。アドバイスありがとうございます。おすすめのミネラルウォーターの銘柄があったら教えてください。

農薬を使わないこしひかり

鈴木明子さんのコメント 2015年5月11日

勿論、米は植物の一種なのですが、この米の透明感と鮮度の良さは、生き物のようです。抜群に新鮮なイカと似た白さと輝きです。汚してはもったい無いので、ミネラルウォーター大切に炊いています。

農場だより

上へ 


30年産新米、販売開始\(^_^)/

2018年9月8日

お待たせしました。30年産夢ごこち 販売を開始いたします(^o^)
猛暑の中で育った 夢ごこち どうぞご賞味下さい。<(_ _)>

30年産新米、販売開始\(^_^)/

夢ごこち 出穂です。

2018年7月28日

今年は、好天に恵まれて、平年より4〜5日早く夢ごこちの穂が出て来ました。
順調にいけば、新米は、9月中頃にお届け出来ます。
お楽しみに(^o^)

夢ごこち 出穂です。

夢ごこちに穂肥(お米の栄養になる肥料)を撒いています。

2018年7月9日

これは夢ごこちの施肥の様子です。

 夢ごこちは、有機肥料で作るため有機100%の肥料を撒きます。
動散(肥料散布機)に30kgの肥料をいれ、畦から播きます。
とても重労働です。汗びっしょり、昼休みには全て着替えます。

 それでもおいしいお米ができるのなら、苦にはなりません。暑さに負けず、頑張って撒いています。

夢ごこちに穂肥(お米の栄養になる肥料)を撒いています。

水はけを良くする為に、溝きりを行っています(^o^)

2018年6月30日

溝きりの作業をしています。
このあたりでは、ネキかきといいいます。
この溝きりは、圃場の水はけを良くする為に行います。
圃場には、高低差があり、水はけが悪い場合があります。
溝きり作業をすることによって、水はけが良くなり、稲の生育もバランスが良く、揃ったものとなります。
また、水を入れたときに流れが良いため、短時間にまんべんなく水がはいります。
そのためこの溝きりという作業を行います。

 古くは、鍬で溝上げをしていました。
 その後は、エンジン付きの溝きり機、乗用の溝きり機(田面ライダー)などで行っていました。
その場合、圃場条件が良くないと上手く溝が切れません。すぐに埋まってしまったり、硬くて溝ができなくなったりします。
 この乗用田植機にアッタッチメント(溝きり機)を付けた場合、水が少々有ってもきちんとした溝を作ってくれます。
 前日からの大雨で水が溜まった条件で行いましたが、それでも溝はしっかりとできています。
跡もしっかりと残り、秋の稲刈り時にも溝がついています。
これで、本田の中期作業は終わりで、後期作業にはいります。

水はけを良くする為に、溝きりを行っています(^o^)

自然栽培米こしひかりの1回目の除草です(^o^)

2018年5月19日

 最初にヒエが出て来ました。ヒエ対策のために、チェーン除草をしたり、歩行型除草機での除草を行っています。
草対策が、自然栽培などにおける品質、収量にも影響を及ぼすために大事な作業となります。
草を征する者は稲を征する、と言われています。

自然栽培米こしひかりの1回目の除草です(^o^)