私達が育てています

木津みずほ生産組合

農場名 木津みずほ生産組合
代表者 坪谷 利之
所在地 新潟県
お米生産歴 31年
お米作りのモットー 美味しい新潟米を作り続ける。

お米作りへの思い

木津みずほ生産組合(以下、みずほ)の超絶おススメ
 = いつもの安心新潟コシヒカリ + お得な年間予約(年に3回の注文でOKです)

改めて生産者直送の新潟産コシヒカリをお試しください!
そして、お得で便利な年間予約もお試し下さい−変更解約はいつでもOK!

 新潟県産コシヒカリの特徴は、粘りとふっくらした柔らかさ、そして甘みです。
これらの特徴が感じられるのは、単純に「新潟県産」「コシヒカリ」という天の恵みの部分と「特別栽培」という栽培方法の部分によって実現されると考えています。
 単純に「天の恵み」8割、「栽培方法」2割で美味しい米を作っています。この分かり易い基準(基本)がある「いつもの安心新潟コシヒカリ」をまず強くお勧めします。
 スペースの都合上、「いつもの安心新潟コシヒカリ」の商品ページで詳しくお話しますね m(__)m。

 みずほは新潟県の旧横越村木津地内の米作り農家が1986年に設立した農業生産組織です(新潟県認定生産組織 第63−8号)。
 10件の農家が寄せ集まって、一緒に効率良く米を作ろうぜと始めた組合です。

 木津みずほ生産組合の特徴は3つ。
・米を効率良く作って頑張る
・周りの農家やJA、行政とも協力して、農業を営む
・冬場が暇だとまずいので、餅を作って売る

 すでにみずほ設立から30年が経過したので、これだけだとちょっと先行き不安ですね。
ということで、西洋梨を作ってみたり、米の輸出や太陽光発電を始めてみたり、地域を巻き込んで田んぼを集約したりと、現在は試行錯誤の最中です。
 
 でも、基本はまずこの国の主食を美味しく作って、お客様に喜んでもらうこと。そしてこれをいつまでも続けるべく努力することだと考えています。
 もっともっと喜びの輪が大きくなるように努力して参りますので、どうか末永いお付き合いをお願いいたします。

ここで作っています


新潟県新潟市江南区木津 3-8-11

商品の一覧

上へ 

お客様の声

上へ 


新米!新潟産こしいぶき 5kg/25kg

若山 かおりさんのコメント 2017年8月21日

いつも美味しいお米をありがとうございます。
いつもの通常米でお願いします。
連絡ありがとうございました。

新米!いつもの安心新潟コシヒカリ 5kg/2kg

hisamiさんのコメント 2016年9月29日

いつもお世話になります。
今回、本当に勝手なお願いばかりで申し訳なく思っております。
チューリップの球根ありがとうございます。
新米やっぱりおいしいです。早く食べたくて前のお米残っていたのですが、たいちゃいました。ふたを開けたときの感動 香りとつや食べたときのもちもち感
本当においしかったです。
これからも、よろしくお願いします。

新米!いつもの安心新潟コシヒカリ 5kg/2kg

平池 勲さんのコメント 2016年1月13日

何時も美味しいお米有難うございます。正月にはおもちも少量ながら有難うございました。僕も今年は一人暮らしとなりました。真空パックのお米の保存期間は何カ月位ですか。TPPも米国の議決待ちとか今後は大規模な農場での大量生産とか言われていますが、値段は下がるかも知れませんが品質に疑問が残ります。
良い商品は価格が多少高くても購入されれるのではと思います。日本の食品は海外でも評判が良いと聞いてます。魚沼産コシヒカリが値崩れを防止するために家畜のえさとして使用しているとの情報がありましてが????日本のメディアは肝心のことは報道しない昨今です。農業は大事なので頑張って下さい。

28年度 冬季限定販売!生こがねもち

ドクターさんのコメント 2015年12月26日

軟らかさ・食べやすさ(食感)・丁度良い大きさの三拍子揃ったお餅で大変美味しくいただきました、また次回購入時も宜しくお願いいたします。

28年度 冬季限定販売!生こがねもち

ひろさんのコメント 2015年12月16日

さっそくお餅いただいてみました。焼いてみると、つき立ての感じで美味しかったです。スーパーで買うお餅とは一線を隔てています。 美味しいお餅に出会えて良かった、ありがとうございます。

農場だより

上へ 


稲刈り真っ最中!

2017年9月29日

コシヒカリの刈り取りを終え、8月下旬から始まった稲刈りも残り2品種となり残り僅かとなりました。

今年度は8月の日照不足などの影響から収量は昨年と比べてやや少ないですが、各品種で1等米を獲得し品質的には昨年と変わらないようなのでほっとしています。

先週からコシヒカリの新米も販売開始しておりますので、ぜひ一度木津みずほ生産組合のお米を味わってみてください。


播種作業が始まりました

2017年4月14日

当組合も6日から播種作業が始まりました。

1日で約4000枚播種し、2日間加温室に入れて出芽させてからハウスに並べます。
一旦播種した苗箱を加温室に入れることで、均等に出芽させることができます。

この工程を4回行いますので、全部で約16000枚ほど播種をします。

播種作業を行うと、いよいよ春だなという気持ちになります。
皆さまに美味しいお米を届けられるように、米づくりの土台となる、苗づくりをしっかりと行いたいと思います。

播種作業が始まりました

あっという間に

2017年3月31日

前回の農場だよりから1ヶ月が経ちました。
この2週間で、ハウスにビニールが掛かり、種もみの温湯消毒や浸種など春作業が本格的に始まりました。
来週にも芽だしを行い、6日から播種が始まります。
忙しい時期がやってきますが、体調に気をつけて頑張りたいです。

あっという間に

春作業開始!

2017年2月22日

約2年ぶりの更新となります。
今年からはしっかりと作業内容などをお伝えしたいと思います!
新潟市近郊は雪もすっかり無くなり、いよいよ春作業がスタートしました!
まずは苗箱消毒から始まります。
約15000枚の苗箱を消毒するので結構手間のかかる作業ですが、病気の発生を防ぐために行う大事な作業です。
雪は無くなってもまだまだ新潟は寒いですが頑張ります!
また、生産者写真も更新いたしました。

春作業開始!

鏡餅作り。

2014年12月21日

早いもので今年も鏡餅作りの時期になりました。
一個一個手作りで作っております。
熱々のお餅を手早く丸く整えないと良い鏡餅が出来ません。
手早く形成しないと凸凹した表面の鏡餅になってしまいます。
出来た鏡餅は一日乾かし、次の日にサイズごとに合わせてパック詰め。
今年もツヤツヤの良い鏡餅が出来ました。

鏡餅作り。