私達が育てています

フォレストファーム

農場名 フォレストファーム
代表者 佐藤 力
所在地 秋田県
お米生産歴 17年
お米作りのモットー 土に生きることは尊いことである

お米作りへの思い

 フォレストファームは、秋田県南端、奥羽山脈の真っ只中にある自然豊かな農場です。山間地にある農場は段々田んぼの棚田(たなだ)で、人間にとって都合の良い農地ではありません。しかし、自然環境は素晴しいです。

 良い水、良い空気に恵まれ、山間地の昼と夜の温度差が大きい気候環境は美味しいお米を育んでくれます。

 「稲は水で育てる。」という格言があるくらい、稲にとって水は大切な存在です。お米づくりに欠かせない水は、田んぼに隣接する豊かな森林が育んだ生まれたてのミネラル豊富な山水です。

 この地域のお祭りでは、春「山の神様」が田んぼに来て「田の神様」となり、稲刈り後は山に帰って「山の神様」となります。

 これは、山に積もった雪が融けて田んぼを潤し、また雪となって山に帰る水の循環そのものです。大きな水の循環を意識しながら、自然と人間にとって、良い循環の一つになる田んぼにしたいと思っています。

 「水」と同じく、大切なのは「土」です。
 
 私は、「土」=「人」と考えています。

 土に育つ稲の種(お米)を人間が食べて生きる。 

 「人」は、「土」で作った泥人形のようなものです。「土」の性質が、その泥人形の性質となります。農薬や化学肥料に頼らずとも、元気な稲を育てられる「土」を育む事が、「人」の健康維持に役立つと考えています。食べ物は、単なるモノではなく、人の命をつなぐ他者の命です。

 私は、「土」本来の力、「稲」本来の力を発揮し、自然の力がギュット詰まったお米を目指しています。農薬や化学肥料を使用しないのは勿論のこと、有機質肥料の使用量も出来るだけ抑え、または、全く使用しない栽培方法で生命力の強い稲を育てています。

 お米でも、品種や栽培方法の違いでアレルギー反応に違いがあります。農薬使用の有無、化学肥料使用の有無だけでなく、有機質肥料使用の有無に反応する方もおります。農産物に残留する農薬の危険性を認識する方は多いのですが、農産物に残留する肥料分の危険性を意識する方は少ないです。これは、化学肥料に限らず有機質肥料でも同じです。
 

ここで作っています


秋田県湯沢市皆瀬字貝沼162

商品の一覧

上へ 

お客様の声

上へ 


フォレストファームの自然栽培ササニシキです。(無農薬、無肥料)

uranさんのコメント 2017年10月25日

今年も待ちに待った新米を、家族そろって美味しくいただくことができました。
今年はお米の生育に、いつも以上に大変なご苦労があったのですね。
フォレストファ−ムさんのササニシキのお蔭で、毎日を健康に暮らすことが出来ます。
ありがとうございました。 

フォレストファームの自然栽培ササニシキです。(無農薬、無肥料)

uranさんのコメント 2017年7月25日

この夏の猛暑で身体がまいってしまいそうです。
でもそんな時にこそ、美味しい自然栽培ササニシキの力で体調管理ができています。
暑い中の農作業、本当に感謝です。
ありがとうございます!

フォレストファームの自然栽培ササニシキです。(無農薬、無肥料)

uranさんのコメント 2017年4月26日

いつも美味しいお米をつくるために、日々ご苦労されていることが
伝わってまいります。

自然栽培ササニシキは本当に美味しくて体調もとても良いです。

お身体に気を付けて今後も宜しくお願い致します。

フォレストファームの自然栽培ササニシキです。(無農薬、無肥料)

janeiroさんのコメント 2017年4月3日

いつもありがとうございます。時々外食もしますが、家で食べるご飯が一番美味しいです。今回も美味しくいただきます!また宜しくお願いします。

フォレストファームの自然栽培ササニシキです。(無農薬、無肥料)

Kさんのコメント 2017年3月14日

いつも美味しいお米を届けて頂き、ありがとうございます。
従来の麺、パンなどの小麦を中心とした食事から、ササニシキの玄米を
中心とした食事に変更してから、体が軽くなりました。
これからも続けて行こうと思います。

農場だより

上へ 


台風直撃!稲刈中断です。

2017年10月23日

台風が来る前に稲刈を終わらせたかったのですが、仕事が間に合わず、台風直撃です。

田んぼに水が溜まったり、稲が倒されたりして作業が難しくなってしまいます。

余り荒れないで欲しいところですが、大雨ですね〜。

参ったな〜。

稲刈に息子も参戦してくれましたが、寒くて早々に撤退です。

いつもより2週間ぐらい遅れての稲刈になってしまいましたので、やはり寒いですね。

台風直撃!稲刈中断です。

稲刈再スタートです。

2017年10月17日

あきたこまちの稲刈は終わり、ササニシキの収穫適期になった田んぼだけ少し刈っていました。

ササニシキの残りの田んぼが収穫適期になりましたので、稲刈再スタートです。

昨年からすると、2週間ぐらい遅れてしまいました。

良いお天気が続いて、順調に稲刈が進むことを願うばかりです。

ササニシキの発送再スタートは、10月19日からの予定です。

大変お待たせして申し訳ございません。

発送まで、もう少々お時間下さい。

稲刈再スタートです。

スズメのご馳走です。

2017年9月13日

稲穂です。

スズメに食べられてスッカスッカです。

こんなに食べてしまうなんて、凄い美味しかったんだろうな〜。

スズメの為に稲を育てているようなものです。

人間の取り分は有るのかな。

スズメのご馳走です。

田植えが終わりました。

2017年6月2日

無事、田植えが終わりました。

田植えと、1回目の除草作業はセット作業です。

除草作業をしていたら、今シーズン初のトンボを発見。

この田んぼの除草作業中、私の周りを飛び回ってくれたフレンドリーなトンボたちでした。

稔良い秋を迎えられますように。

田植えが終わりました。

種まきをしました。

2017年4月19日

今日種まきをしました。

種まき後、育苗箱をビニールハウスに並べる予定でしたが、暴風雨となったので、その作業は明日に延期しました。

今年の春は風の強い日が多く、ビニールハウスの管理も大変です。

種まきは、種まき機で行います。

我が家の種まき機は、床土を入れた育苗箱を機械に乗せると水を散布し、種を蒔き、覆土を掛けるタイプです。

空の育苗箱を載せてすべて出来る機械もあります。

もっと大型だと、自動で育苗箱をラインに乗せ、出来た育苗箱を自動で積み重ねる機械もあります。
土の補給も自動です。

我が家では、父親が覆土と種もみを補給する担当ですが、種もみの補給を忘れ、種を蒔かないで覆土した育苗箱が2〜3箱ほどある見込みです。

床土を育苗箱に詰める作業は、息子も手伝ってくれました。

もっぱら、土の山に登って遊び、ほうきで土を散らかして邪魔をするだけですが、息子が居ると作業が飽きません。