私達が育てています

電気農場

農場名 電気農場
代表者 渡部 陽一
所在地 山形県
お米生産歴 33年
お米作りのモットー 毎日ご飯!

お米作りへの思い

お米を食べよう!もっとご飯を食べよう!
毎日食べても飽きずに美味しく食べられる。そんなお米を作ろうとがんばっています。

◎分づき米は精米と同じ価格です。

※お客様からいただいたメールには1.2日中にお返事をお出ししています。
3.4日経ってもこちらからの返事がない場合はこちらにメールが届いていない可能性がありますので、お電話でお知らせ下さい。

ここで作っています


山形県新庄市昭和908

商品の一覧

上へ 

お客様の声

上へ 


有機栽培さわのはな

コメスキーさんのコメント 2018年1月18日

厳選米ドットコムさんで初めて知った銘柄でした。
サッパリ・しっかりとしたお米だなぁと感じました。
圧力鍋で炊くと、コシヒカリなどは通常の水加減だと柔らかくなりがちだったのですが、
このお米は通常の水加減でも丁度良く炊けたので。
おいしくいただきました。ごちそうさまでした

雑穀各種

kaochan☆さんのコメント 2017年3月27日

素早く発送して頂きありがとうございました。

雑穀美味しく頂いています。

市販品とは違いやはり無農薬の雑穀は美味しいと実感しています。

雑穀甘酒にも入れてみました。

また注文させて頂きますね。

有機栽培さわのはな(転換期間中)

ちびママさんのコメント 2017年3月8日

子どもの健康のために前月初めてさわのはな玄米を購入。成長盛りの子どもにより安全なものを食べさせたくてJAS認定のものにしました。白米から玄米食に変え、子どもが食べてくれるか心配でしたが、おかわりが止まらずあっというまになくなってしまい今回リピート購入です。とても美味しくて米びつがすぐに空になってしまうので今回は転換期間中でリーズナブルなこちらを30kg注文させていただきました。

特別栽培コシヒカリ 有機肥料100%

8人家族さんのコメント 2016年10月29日

初めて注文させて頂きました!

炊き立てのお米は一粒一粒艶々に輝いて、ふっくらとして甘みもあり、

その美味しさは、子供たちの笑顔がものがたっておりました。

これからもよろしくお願いいたします。

有機栽培ササニシキ

mamaさんのコメント 2016年10月25日

電気農場 渡部さま

この度、初めてササニシキを購入しました。

約50年の自然農法のお米を食べていましたが、購入先が無農薬でなくなってしまい、食べているうちに、お米のアレルギーがでてしまいました。

ササニシキは玄米で炊いていただいております。

とてもおいしく甘みのあるお米です。

アレルギーもでることなく、家族からも好評です。

また購入したいと思っております。

農場だより

上へ 


有機栽培ササニシキ販売終了しました。

2018年2月13日

有機栽培ササニシキは一般販売分の在庫がなくなりましたので、販売終了します。
予約分キャンセルなど、在庫に余剰が出れば販売再開します。

さわのはな、つや姫、コシヒカリ販売継続中です。どうぞご利用下さい。

有機栽培ササニシキ販売終了しました。

電気農場日記 2018年2月13日

2018年2月13日

一月前にはまさかこれほど大雪になるとは夢にも思っていませんでした。
だってねえ、1月には雨が降って雪が融けるほどだったのですよ。
1月後半、いきなりドカッと積もったときも、まあ、やっぱりこれくらい降らなきゃあね、なんて、体はキツイながらも笑顔で除雪に励んでいたものですが・・・・。
2月に入り、やっと大雪も終わったかと思ったら、それも束の間、いやはや降り続くことといったら、一晩で膝くらいまで積もる雪が、毎日毎日降り続くといった具合です。
今年はすること無いと思っていた納屋の屋根の雪下ろし。胸のあたりまで積もりました。上半分の雪はふわふわ、下半分はガチガチ。一度も下ろしていなかったのでほんとにガチガチ。もうすぐ軒下の雪が屋根にとどきます。
米保管庫の屋根はもう周りに積もった雪の方が屋根より高くなってしまいました。
籾殻小屋の屋根はトタンが錆びて雪が滑り落ちていかない状態。さらに所々穴が空き足元を確かめながらおそるおそるの雪下ろし。

ビニールを張っていない育苗ハウスの骨組みは雪の重みで曲がってしまうのでスコップで掘り出します。こちらも周りの雪が高く積もって、掘った雪を投げ上げるのがキツイ。

そうこうしているうちに、またまた除雪機トラブル。
除雪分の油圧が動かなくなってしまって、あえなく入院。
復帰にはあと数日かかる模様。
母屋の周りの除雪はジーチャン担当なのだけれども、除雪機無しでは無理。なので仕事を中断して家の周りの除雪に出動。スコップとスノーダンプを手に飽きもせず降り続く雪を、手作業で掘り出し捨てる毎日。

脱穀作業をしているビニールハウスの周りはもう雪を捨てるところがありません。
ああ、あと何日降り続くのだろう。
でも、もう2月も半分過ぎる頃だから、いくら何でももう終わりでしょ。
希望を持って、明日も雪と格闘です。

電気農場日記 2018年2月13日

電気農場日記 2018年2月13日

2018年2月13日

一月前にはまさかこれほど大雪になるとは夢にも思っていませんでした。
だってねえ、1月には雨が降って雪が融けるほどだったのですよ。
1月後半、いきなりドカッと積もったときも、まあ、やっぱりこれくらい降らなきゃあね、なんて、体はキツイながらも笑顔で除雪に励んでいたものですが・・・・。
2月に入り、やっと大雪も終わったかと思ったら、それも束の間、いやはや降り続くことといったら、一晩で膝くらいまで積もる雪が、毎日毎日降り続くといった具合です。
今年はすること無いと思っていた納屋の除雪。胸のあたりまで積もりました。上半分の雪はふわふわ、下半分はガチガチ。もうすぐ軒下の雪が屋根にとどきます。
米保管庫の屋根はもう周りに積もった雪の方が屋根より高くなってしまいました。
籾殻小屋の屋根はトタンが錆びて雪が滑り落ちていかない状態。さらに所々穴が空き足元を確かめながらおそるおそるの雪下ろし。

ビニールを張っていない育苗ハウスの骨組みは雪の重みで曲がってしまうのでスコップで掘り出します。こちらも周りの雪が高く積もって、掘った雪を投げ上げるのがキツイ。

そうこうしているうちに、またまた除雪機トラブル。
除雪分の油圧が動かなくなってしまって、あえなく入院。
復帰にはあと数日かかる模様。
母屋の周りの除雪はジーチャン担当なのだけれども、除雪機無しでは無理。仕事を中断して、スコップとスノーダンプを手に飽きもせず降り続く雪を、手作業で掘り出し捨てる毎日。

脱穀作業をしているビニールハウスの周りはもう雪を捨てるところがありません。
ああ、あと何日降り続くのだろう。
でも、もう2月も半分過ぎる頃だから、いくら何でももう終わりでしょ。
希望を持って、明日も雪と格闘です。

電気農場日記 2018年2月13日

こんにちは、『電気農場』です。

2018年2月1日

先日の東京・上野でのマルシェは、有機農産物を探して注文してくれる人ではなく、たまたま通りかかった人が相手だったので、とても新鮮な体験でした。そこで一番多く聞かれたのが、「なんで電気農場なんですか?」といった質問。
それほど深い意味は無いけれど、一言では説明できないので、曖昧にこたえていたのですが・・・・。

そういえばネットでの産直を始めてもうすぐ20年です。当初はちゃんと説明していたのですが、いつからか存在が日常になってしまって、特に説明することはなくなっていました。
あらためて説明すると、『電気農場』は我が家の農場に付けた名前ではなく、ホームページを作るときに、何かタイトルを付けようと考えた名前です。
コンピューター管理されたオートメーション的なイメージを持たれる方もいるようですが、そうではありません。
当時はまだ有機農業も取り組み始めたばかりで、右も左もわからない状態でした。そこで自分の耕している田畑の状況や、作業の様子を当時はやり始めたバーチャルリアリティ感覚で体験してもらおうというのがコンセプトでした。
バーチャルリアリティといっても、パソコンを覚え始めたばかりの田舎の農家が作るのだから、敷居の低い、スケッチブックにエンピツ書きのような手作り感のあるページにしようということで「バーチャル」とか「サイバー」とかではなく、もっとレトロな感じで「電気」としました。『電気ブラン』とか、『電気羊』『電気栗鼠』みたいなイメージです。
 まあ、ディックの『電気羊』とオーウェルの『動物農場』からいただいたといったうわさも・・・・。


長く続けていると、単なるホームページのタイトルだったものが現実の農業の現場にも少しずつ浸食してきています。
マルシェや産直施設の販売では『電気農場』で出店することもあります。
はたしてこれから『電気農場』がどう変化していくのか楽しみでもあります。

こんにちは、『電気農場』です。

精米450g入り販売開始しました。

2018年1月9日

精米のお試しサイズ450g(三合)販売開始しました。
玄米のお試しサイズも450gに変更しました。

たまには他の品種もいかがでしょうか?

精米450g入り販売開始しました。