私達が育てています

電気農場

農場名 電気農場
代表者 渡部 陽一
所在地 山形県
お米生産歴 33年
お米作りのモットー 毎日ご飯!

お米作りへの思い

お米を食べよう!もっとご飯を食べよう!
毎日食べても飽きずに美味しく食べられる。そんなお米を作ろうとがんばっています。

◎分づき米は精米と同じ価格です。

※お客様からいただいたメールには1.2日中にお返事をお出ししています。
3.4日経ってもこちらからの返事がない場合はこちらにメールが届いていない可能性がありますので、お電話でお知らせ下さい。

ここで作っています


山形県新庄市昭和908

商品の一覧

上へ 

お客様の声

上へ 


雑穀各種

kaochan☆さんのコメント 2017年3月27日

素早く発送して頂きありがとうございました。

雑穀美味しく頂いています。

市販品とは違いやはり無農薬の雑穀は美味しいと実感しています。

雑穀甘酒にも入れてみました。

また注文させて頂きますね。

有機栽培さわのはな(転換期間中)

ちびママさんのコメント 2017年3月8日

子どもの健康のために前月初めてさわのはな玄米を購入。成長盛りの子どもにより安全なものを食べさせたくてJAS認定のものにしました。白米から玄米食に変え、子どもが食べてくれるか心配でしたが、おかわりが止まらずあっというまになくなってしまい今回リピート購入です。とても美味しくて米びつがすぐに空になってしまうので今回は転換期間中でリーズナブルなこちらを30kg注文させていただきました。

特別栽培コシヒカリ 有機肥料100%

8人家族さんのコメント 2016年10月29日

初めて注文させて頂きました!

炊き立てのお米は一粒一粒艶々に輝いて、ふっくらとして甘みもあり、

その美味しさは、子供たちの笑顔がものがたっておりました。

これからもよろしくお願いいたします。

有機栽培ササニシキ

mamaさんのコメント 2016年10月25日

電気農場 渡部さま

この度、初めてササニシキを購入しました。

約50年の自然農法のお米を食べていましたが、購入先が無農薬でなくなってしまい、食べているうちに、お米のアレルギーがでてしまいました。

ササニシキは玄米で炊いていただいております。

とてもおいしく甘みのあるお米です。

アレルギーもでることなく、家族からも好評です。

また購入したいと思っております。

有機栽培ササニシキ

janeiroさんのコメント 2016年6月28日

身体の事を考え、さっぱり系の雄、ササニシキを注文。放射能の数値も詳細に記載され、安心して美味しく頂くことができました!

農場だより

上へ 


電気農場日記 2017年10月7日

2017年10月7日

寒いです!10月に入った途端、冬か!って思うほど冷え込んできました。
10月に入って一週間。いつもの年ならもうぼちぼち稲刈りの終わった農家も出てくる時期ですが、今年はまだだいぶ田んぼに稲が残っています。
この寒さじゃあ、登熟も進まないようです。

家も稲刈りが後半戦に入りましたが、雨の日が多いので田んぼは予想以上に土が軟らかくなっていて、刈り取り作業は泥にまみれてかなり難儀しています。

刈り取った籾を剥いて玄米にする籾すり作業、ササニシキは恐ろしいくらい空の籾やくず米が出ます。今年は収穫が少ないだろうとは思っていましたが、予想以上の減収です。
なので、ご予約の受け付けは終了させていただきました。

今日もまた雨。稲刈りはあと三日分。また泥にまみれながらの作業になるかと思うと、気が滅入ります。
稲刈り前に出た腰痛は、やっと落ち着き小康状態です。今度は疲れが出たのか、風邪っぽくてちょっと咽が痛みます。
体調と折り合いを付けながら、なんとか来週中には稲刈りを終えたいと思っています。

電気農場日記 2017年10月7日

電気農場日記 2017年9月26日

2017年9月26日

稲刈りはじめました。夏が涼しかったせいか、やはり今年はどこの家もスタートが遅いですね。

始めは黒米の手刈りからスタート。
稲刈りの一週間くらい前から腰痛が出だして、腰を曲げての作業はなかなかキツイです。
一週間も湯治に行ければ治るんでしょうが、そんなゼイタクが出来るご身分ではありません。せめて日帰りで近場の温泉にでも行ければいいのですが、毎日目が回るほど忙しいので、なかなか時間が取れません。
次に雨が降ったら行こうかと思案中です。

黒米の刈り取りが終わると、今度はコンバインの出動です。
中干しの時期にしっかり水を抜いて、田んぼの土をガッチリ締めたつもりだったのですが、8月の雨のせい?いつも柔らかめの田んぼは今年もドロドロにぬかるんで、コンバインも立ち往生寸前になりながらの悪戦苦闘が続きます。

ササニシキの刈り取りが終わって、さわのはなの刈り取りに入っています。
稲刈りも明日でちょうど半分くらい終わる予定ですが、夕方から雨マークが付いています。もう一日がんばって、温泉へ〜。

電気農場日記 2017年9月26日

電気農場日記 2017年8月14日

2017年9月14日

夏らしくない夏が終わり、あ〜もう秋だなあなんて黄昏れていたら、いつの間にかもう9月も真ん中にさしかかっています。
今年は稲の出穂もずいぶん遅くて、稲刈りもまだまだ先だなんて、のんびりと畔の草刈りをしたり、野菜畑の草むしりをしたりして過ごしていたけれど、そろそろ稲刈りの準備に取りかからなければならない時期になってきました。

しかし、夏は暑くなかったし、穂が出るのも一週間くらい遅かったし、あんまり収穫量は期待できないかなあなんて思うと、なかなか重い腰が上がりません。
それでもちょっとずつ、準備を始めています。
テンションが上がりません。
仕事がはかどりません。
冷たい風が気持ちいいです。
どっか遊びに行きたいです。

電気農場日記 2017年8月14日

電気農場日記 2017年8月15日

2017年8月15日

なんか、8月に入った途端に過ごしやすくなりました。
もちろん日中はダラダラと汗が流れ落ちる天気ですが、それでも7月中のめまいがするほどの暑さじゃ無くなりました。
っていうか、ちょっと涼しすぎな感じもします。
稲の実入りは大丈夫かなあと、ちょっと心配にもなります。

8月っていうのはお墓参りがあったり、地域のお祭りがあったり、何かと忙しいのですが、時間を見つけて恒例の味噌の仕込みをしました。
今までは一回20kgくらいを冬と夏一樽ずつ仕込んでいたのですが、子供らが大きくなっていっぱい食べるようになったせいか、それではちょっと足りなくなり、今年の冬は二樽仕込みました。
でもって、この夏も大豆の量を少々増やして、ほんのちょっと多めに仕込みました。
原料の大豆と糀を仕込むお米は家で穫れた無農薬のもの。農家の特権ですね。
塩は天日塩。麹菌はネットで注文。
5分づきくらいのお米で麹を仕込んでから、大豆を煮てつぶし、塩、麹、大豆を練って樽に仕込みます。
木樽に仕込みたいところですが、さすがにそこまで予算が廻りません。
夏休み中のムスメたちのお手伝いがなかなか・・・ありがたいというか何というか、倍時間がかかって、倍散らかりますが、まあ、楽しいです。

お盆になったら、本格的に涼しくなってきました。
今年の秋はかなり早く訪れるようです。

電気農場日記 2017年8月15日

電気農場日記 2017年8月6日

2017年8月6日

倒れるほど暑かった7月が過ぎ、8月になりました。
日中の暑さは変わらないけれども、朝晩がめっきり涼しくなりました。
いつのも年なら稲の穂がどんどん伸びている時期なのですが、今年はやっと最後の葉っぱが開いたくらいで、まだ穂が出る気配がありません。
このまま涼しくなってしまうと、ちょっと心配です。
農作業としては畑の作業がメインです。
夏野菜の収穫、秋冬野菜の種まき、そしてなんといっても雑草との格闘。
涼しい早朝に仕事を開始しても、作業を終えて帰ってくる頃には汗にまみれています。
午前中なんとか暑さに耐えて作業しますが、昼食を終えて一休みするともうダメですね。
日が傾いて涼しい風が吹いてこないと、作業に向かう気がしません。
ボサノバとかハワイアンとか聴いて過ごしています。
こうして今年も8月は過ぎていきます。

電気農場日記 2017年8月6日