私達が育てています

電気農場

農場名 電気農場
代表者 渡部 陽一
所在地 山形県
お米生産歴 33年
お米作りのモットー 毎日ご飯!

お米作りへの思い

お米を食べよう!もっとご飯を食べよう!
毎日食べても飽きずに美味しく食べられる。そんなお米を作ろうとがんばっています。

◎分づき米は精米と同じ価格です。

※お客様からいただいたメールには1.2日中にお返事をお出ししています。
3.4日経ってもこちらからの返事がない場合はこちらにメールが届いていない可能性がありますので、お電話でお知らせ下さい。

ここで作っています


山形県新庄市昭和908

商品の一覧

上へ 

お客様の声

上へ 


雑穀各種

kaochan☆さんのコメント 2017年3月27日

素早く発送して頂きありがとうございました。

雑穀美味しく頂いています。

市販品とは違いやはり無農薬の雑穀は美味しいと実感しています。

雑穀甘酒にも入れてみました。

また注文させて頂きますね。

有機栽培さわのはな(転換期間中)

ちびママさんのコメント 2017年3月8日

子どもの健康のために前月初めてさわのはな玄米を購入。成長盛りの子どもにより安全なものを食べさせたくてJAS認定のものにしました。白米から玄米食に変え、子どもが食べてくれるか心配でしたが、おかわりが止まらずあっというまになくなってしまい今回リピート購入です。とても美味しくて米びつがすぐに空になってしまうので今回は転換期間中でリーズナブルなこちらを30kg注文させていただきました。

特別栽培コシヒカリ 有機肥料100%

8人家族さんのコメント 2016年10月29日

初めて注文させて頂きました!

炊き立てのお米は一粒一粒艶々に輝いて、ふっくらとして甘みもあり、

その美味しさは、子供たちの笑顔がものがたっておりました。

これからもよろしくお願いいたします。

有機栽培ササニシキ

mamaさんのコメント 2016年10月25日

電気農場 渡部さま

この度、初めてササニシキを購入しました。

約50年の自然農法のお米を食べていましたが、購入先が無農薬でなくなってしまい、食べているうちに、お米のアレルギーがでてしまいました。

ササニシキは玄米で炊いていただいております。

とてもおいしく甘みのあるお米です。

アレルギーもでることなく、家族からも好評です。

また購入したいと思っております。

有機栽培ササニシキ

janeiroさんのコメント 2016年6月28日

身体の事を考え、さっぱり系の雄、ササニシキを注文。放射能の数値も詳細に記載され、安心して美味しく頂くことができました!

農場だより

上へ 


『つや姫』の玄米はいかがでしょう。

2017年12月11日

山形県が10年かけて作り上げた期待の新品種『つや姫』。
白米で食べることを前提として作られたのだろうけれども、玄米ではどう?
ということで玄米炊いてみました。

しっとりもっちり炊き上がり、食感はふっくらプチプチ、食べやすく香り豊かでなかなか美味でした。
一度お試しあれ。

『つや姫』の玄米はいかがでしょう。

電気農場日記 2017年11月29日

2017年11月29日

大地は一面白に覆われました。
積もる前になんとかダイコンとニンジンの収穫を終わらせ、無事今年の収穫を終えることが出来ました。

一度軽く積もって、それから雨が降って全部融けて、12月にまた降って根雪になるのが冬に向かっていくパターンなのですが、今年は融けきる前にまた雪が積もりました。
週間天気予報を見るとどうやらこのまま融けずに根雪になってしまう予感がします。
融けたら畑を耕すつもりと言っていた知人も、あきらめてトラクターに除雪の機械を取り付けていました。

雪が積もって、外の仕事が終わると、今度はビニールハウスで秋に収穫した黒米・赤米の脱穀、豆や雑穀の調製作業に入ります。

まずは雑穀の脱穀調製から始めていますが、今年はお米同様収穫量はが少なめな上、スズメの食害も多くて踏んだり蹴ったりです。

本格的な冬に入ると脱穀調製作業の他に除雪作業もしなければならず、忙しくなりますが、収穫量が少なくて忙しくないのも寂しいものです。
今年の積雪はどの程度でしょうか。もし雪が少なく、除雪作業も余りしなくていいのならば、余った時間で何か新しいことでも考えましょうかね。

電気農場日記 2017年11月29日

電気農場日記 2017年11月14日

2017年11月14日

苦労した稲刈りが終わって、休む間もなく雑穀や豆の刈り取り。
といっても雨の日は刈り取り作業できないのでなかなか作業は進まず、最後に残った白小豆の刈り取りそして脱穀、昨日やっと終わりました。
あとは、雪が積もる頃まで収穫の続くダイコン、ニンジンが畑に残るばかりで、今年の収穫はほぼ終わりました。

今日は先延ばしにしていたコンバインの清掃。
今年はだいぶ無理を掛けました。
Vベルトはあちこちヒビが入って、金属部分はさびが目立ってきて、だいぶくたびれてきました。
出来ればあと5年くらいがんばってもらいたいが、無理かなあ。

暗く重い曇り空の下、チクチクする稲の埃にまみれながらの清掃作業。終わり間際に雨が降り出したものの、なんとか無事終了。
週間天気予報には雪のマークがチラホラ。
今年もとうとう冬が来ます。
積もる前にしなきゃならない仕事、まだいっぱいあるなあ。

電気農場日記 2017年11月14日

特別栽培コシヒカリの販売を開始しました。

2017年10月28日

29年産特別栽培コシヒカリの販売を開始しました。
化学肥料不使用、農薬8割削減の特別栽培。山形県の認証を取得しています。

今年のお米、全部出揃いました。
よろしくおねがいします。

特別栽培コシヒカリの販売を開始しました。

電気農場日記 2017年10月25日

2017年10月25日

もう10月も残り一週間になってしまいましたね。
今年はほんとに稲刈りに手こずりました。
まんべんなく雨が降るものだから、なかなか稲刈りがはかどらないし、田んぼはドロドロでコンバインにもかなり無理を掛けたし、あぜ道まで柔らかくなって、刈り取った籾を運ぶダンプのタイヤが土に埋まり立ち往生して大騒ぎしたり。
いつもの年より一週間以上遅れて、なんとか稲刈り終わりました。
籾を剥いて玄米に仕上げる籾すり作業も、天候の影響か、未熟なくず米が例年以上に多く手間が掛かりましたが、無事終わりました。
青米は多めですが、食味的には悪くない出来だと思います。

さて、田んぼの仕事が終わって、これから雪が降り始めるまでに、収穫や調整に使った機械の整備収納、雑穀や豆の刈り取り、秋冬野菜の収穫と、やるべき仕事が山ほどあります。
特に収穫作業は雨に濡れると具合が悪いので、晴れることを望むばかりです。

いつもの年だと10月前半に稲刈りを終え、毎週末目白押しのイベントごとに顔を出したりするのですが、今年は無理でしたね。
11月に入ると雨ばっかりで晴れの日は貴重です。
今年は雪が降るまで、遊んでいるヒマ無いかなあ。

電気農場日記 2017年10月25日