私達が育てています

ボンブ(ウ)ガルテン

農場名 ボンブ(ウ)ガルテン
代表者 中田宏明
所在地 秋田県
お米生産歴 37年
お米作りのモットー なんもだ。さっとずづ やっていご(大丈夫、少しずつ進んでいこう)

お米作りへの思い

 秋田県の内陸南部は雪の多いところです。ここに住む多くの人たちが思わずため息してしまうほどのたくさんの雪が、実はおいしいお米の源なのです。
 まかれた種が、お日さまはもちろん、お月様や星のまたたき、かぜ、田んぼに入る水、ちいさな生きもの達、その他いろんないのちといっしょの時を過ごし、おいしいお米となります。私たちのできることは、ほんのお手伝い。
 食べてくださる方々の食卓がなごやかになりますようにと願いながら、みなさまのところへお届けします。

 ボンブ(ウ)ガルテンのボンブは凡夫。ガルテンはドイツ語で庭とか園の意です。平凡な人の園というわけで、現在4人の家族です。

ここで作っています


秋田県仙北郡美郷町金沢西根字上石町136

商品の一覧

上へ 

お客様の声

上へ 


秋田県認証 特別栽培あきたこまち(送料込)

まりんごさんのコメント 2017年8月16日

子供たちに、安全で美味しいお米を食べさせてあげたいと思い、購入させていただきました。炊いてみたところ、ツヤツヤのご飯でなんともいえない甘みとふっくらとした大変美味しいお米でした^_^
子供たちも美味しい美味しいとたくさん食べてくれます!
あと、生産者さんのお心がこもっているんだなあととても感じました。
ありがとうございました^_^

秋田県認証 特別栽培あきたこまち(送料込)

お米すきすきさんのコメント 2016年2月16日

こちらからの直ぐに送っていただきたいとの要望に対し、迅速に対応していただきありがとうございました。美味しくいただいております。

秋田県認証 特別栽培あきたこまち(送料込)

高橋さんのコメント 2016年1月20日

こちらのあきたこまちを頂く様になり、何年も経ちますが艶がありもちもちして
本当に美味しく頂いています。二人の子供が県外にいたときも中田さん所のお米を食べさしたく送ったり持って行ったり(笑)今年も帰って来た息子の車に積み持って行かせました。次は送らないと(笑)
お逢いしことはありませんが農場便りを読ませて頂いたり色々な対応していただき
人柄が分かります。お米も美味しさと信頼と安心して注文させていただいています

秋田県認証 特別栽培あきたこまち(送料込)

橋 忍さんのコメント 2016年1月6日

こちらのお米を注文するようになってからもう5年以上になりますでしょうか。
お米が美味しいのは勿論、安心して食べれます。
そしてなにより、こちらのボンブ(ウ)ガルデンの方のお人柄。
勿論お会いした事は無いのに、ちょっとした気遣いがとても感じられ、お米にも対する愛情までが伝わってきます。
今では年賀状の宛名だけで中田さんだと分かるほど(笑)
これからも美味しいお米、そして楽しいお便りを楽しみにしています。

秋田県認証 特別栽培あきたこまち(送料込)

いもけんぴさんのコメント 2015年12月7日

数年前から中田さんのお米をいただいてます。
いつも対応の早さに感心しています。

毎日口にするものなので、減農薬というのはとても有難いです。
そして、お弁当には冷めても続くもちもちとした食感が嬉しいです。

メール等々で中田さんの楽しい文面に触れ、つい親しみがわいてきます。
これからも、美味しいお米をよろしくお願いいたします。

農場だより

上へ 


29年産米のダブル検査、えがったナー

2017年10月16日

 今年産米も、放射性物質の検査をしました。昨年に続き、下限値は0.1ベクレルで、先日、セシウム134、137とも「検出せず」の結果報告をもらいました。本当はこれ以上に心配な核種があるのでしょうが、調べるすべがありません。とりあえず、良かったなーという思いです。
 多くの方にとって、お米はいちばん食べるもの。厳しい精度で検査を受けずにはいられないゆえんです。今は「内部被ばく」に関心の無い方でも、いつかどんな形かで、あっと思う日が来るかもしれません。そんな時に、過去を振り返って、少しでも安心してもらえたら何よりと思います。

 そして今日は等級検査。不順な天候続きの当地でしたが、玄米の品質は、一等米の格付けでした。収穫はいつもに比べて少なかったものの、この二つの検査の結果が、何よりの喜びとなりました。

 ボンブ(ウ)ガルテンは、ずーっと二人三脚。サイトを見た親類が、せっかくだから二人で写った写真載せれば良いのにと、アドバイスしてくれました。少しは売り上げアップにつながるでしょうか(苦笑)。

 


いよいよ29年産米の発送開始です

2017年10月5日

 稲刈りが無事終了して、玄米の発送は7日から、白米の発送は10日から開始となります。どうぞよろしくお願いします。

いよいよ29年産米の発送開始です

28年産米終売のお礼と29年産米のご案内

2017年9月25日

いよいよ9月も最終週。当地も収穫の秋を迎えました。おかげさまで、本日(25日)をもって、28年産米は終売となりました。ありがとうございました。

29年産米、新米のお届けは、作業が順調に進みますと、玄米は10月5日頃、白米は10日頃となる見込みです。
この秋10月より、宅配便料金が大幅に値上がりとなるため、お米の値段を以前のように送料と分けて表示することを検討中です。ご注文の際には、ご確認いただきますよう、よろしくお願いします。


♪ 穂々にキスして そしてさよなら〜

2017年8月6日

今年も出穂の時期となりました。
春に、あきたこまちとは違う稲の苗を二坪分くらいの場所に植えてみました。一握りの玄米を種もみと同じように播き、ちゃんとした苗に育つかどうか試してみたものです。
心もとないような幼苗は、日に日に生長を続け、周りのあきたこまちと何ら変わらないようにまでなりました。
そして、こまちより一足先に出穂を迎え…。

その稲を待っていたのは、スズメたちの集中攻撃でした。籾の中にでき始めたお米の元、乳白色の汁が、スズメの大好物で、瞬く間に食べられてしまいました。あぁ、何と言ったらよいのか。

歌詞は、水越けいこの、♪ほほにキスして、そしてさよならですが、スズメたちは一度きりではなく何度でもやってきます。愛くるしい姿のスズメが、いちばん憎らしく思えるのが、この時期です(苦笑)。

それにしても、厳しい暑さの続く当地です。

♪ 穂々にキスして そしてさよなら〜

七夕の願い

2017年7月7日

 梅雨と言いながら、好天、暑い日が続いている当地です。今日は29度でした。
 田んぼにいっぱい生えてしまった雑草…。数日前から手取りしているのですが、あまりの多さに一向にはかどりません。
 草取りは少しも苦労ではないけれど、でも仲間が誰もいないというのは少々さびしいです(笑)。というか、日を追うごとに、同じ作業がはかどらなくなるのが、キツイと言えばキツイかも。この時期は田んぼの水を無くしてしまうので、 抜いた草の根っこについた泥を落とすことができず、なおいっそうはかどらなくなるのです(^^)。無農薬でもないのに、雑草がたくさん。当園では良くあることです。なかなか思うようには行きません。

 夜、外に出てみたら、良い月の夜でした。暦を見たら旧の13日。十三夜の月ということになるのでしょうか。月が明るすぎて、なかなか星が見えてきません(苦笑)。
 みなさまそれぞれの七夕の願いが、どうかかないますように…。

 「『戦争が起きますように』、とか、『有事をあおって、武器がいっぱい売れますように』などという願いだけは、絶対にかないませんように!」
 七夕飾りは無いけれど、それがこころからの願いです。
 それと、「すべての子どもたちの願いが、ほんの少しでもかないますように!」

 明日の予想は31度! 秋田の中でも常にトップクラスの暑い地です(^^;)。