私達が育てています

宇佐のどん百姓

農場名 宇佐のどん百姓
代表者 堀田敦弘
所在地 大分県
お米生産歴 17年
お米作りのモットー 美味しくてミネラル豊富な米づくり!

お米作りへの思い

大分県宇佐市で無農薬・無化学肥料にこだわり、より美味しく、より滋養のあるものを  目指し試行錯誤を重ね、今年で16年になります。

安心・安全で食べて美味しく、ミネラル分を多く含くむお米をできる限り安価に提供でき るように努力しています。

食味向上のためお米コンクールに出品し、食味の改善を図っています。

*平成21年に有機JAS認定を受けました(認定機関:一般社団法人オーガニック認証
 センター 認定番号:114−048)

*動物性堆肥は一切使わず、米ヌカの光合成菌ボカシと貝化石(ミネラル補給)を使用し、 食味改善のため光合成菌を適宜、圃場に散布しています。

*乾燥は乾燥機のモードを種子乾燥に設定して低温でゆっくり乾燥させています。更に食  味改善と発芽率100%を目指し、プログラムを変更して、乾燥温度が35℃以上、   上がらないようにしています。

ここで作っています


大分県宇佐市出光555-2

商品の一覧

上へ 

お客様の声

上へ 


有機JAS認証米 大分 にこまる

むつみさんのコメント 2019年11月26日

お米が届きました。ありがとうございます。
また野菜も入れていただき感謝です。晩ご飯は早速さつまいもご飯にしました。
甘くてとても美味しかったです。これからもよろしくお願いします。

有機JAS認証米 大分 にこまる

ポピ子さんのコメント 2019年11月22日

2度目の注文でした。前回の時もそうだったんですが、お米を変えたことをすっかり忘れてご飯を食べているときに「あれっ?美味しい。。あっそうだお米変えたんだった!」と思う事が何度もありました。もし「今までと違うお米どうかな?」と思いながらなら「うん、美味しいかも。」って思うかもしれませんが、まったく忘れていたので純粋に美味しさに気づいたのでした。
今回も同じ物をお願いしましたが、精米したての新米の美味しさにはやはり無意識だったのにもかかわらず気づきました。
1人で5キロを食べきるのには時間もかかりあまりこまめに注文できませんが、またお願いしたいと思います。
一緒に送ってくださるお野菜も同じぐらい楽しみにしています。今回もとても美味しかったです。ありがとうございました

有機JAS認証米 大分 にこまる

ねずみ先生さんのコメント 2019年10月13日

今回こちらでは初めて購入。
玄米食用に購入しました。
お米の保管方法については、温度管理されているのかわからず不安もありましたが、届いたお米は発芽もしっかりでき、美味しくいただいております。
また、お野菜を同封していただき、たくさんだったので最初ビックリして、他の方の注文が間違えて届いたのかと思いました。すごくきれいなのでお野菜は無農薬ではないのかな?わかりませんが、大変うれしかったです。本当にありがとうございます!!

有機JAS認証米 大分 にこまる

むつみさんのコメント 2019年9月26日

「にこまる」早速いただきました!見た目がふっくら、つやつやで、噛むと甘みがありとても美味しいお米でした。
食べ応えがありお腹いっぱいになりました。野菜もたくさん入れて頂き嬉しかったです。
ありがとうございました。

有機JAS認証米 大分 にこまる

トコさんさんのコメント 2019年7月23日

とても迅速に対応して頂きありがとうございました。お米と一緒にお野菜も入れて頂きうれしかったです。しばらく水につけて発芽させて食べようと思っています。ありがとうございました。

農場だより

上へ 


田圃の横にある畑の様子です。

2019年12月12日

ごぼう、ブロッコリー、大根、ニンジン、さといもが植わっています。
来年の春用にマルチをして、スナップエンドウ、チンゲンサイ、小松菜を植えました。
ごぼうは掘り易くする為、土を盛って高畝にしています。ブロッコリーは青虫を取るのに毎回、2時間位かかります。大根はマルチ穴に種を撒くとき、一度に大きくなり過ぎない用に、1粒と2粒を半々位に撒いています。ニンジンは水分が不足すると発芽しないので気を使います。
さといもは種芋を植えるとき、余分な芽を切って芋が大きくなるように植えます。

田圃の横にある畑の様子です。

里芋掘り

2019年12月4日

12月に入り、これから里芋の需要期になるので、本格的に芋掘り開始。
今年は芽を切って植えたためか、雨が多かったせいか全般的に去年より粒が揃っているようです。
約1反の田圃の赤芽、白芽 合わせて1000本以上を手掘りします。
これから来年3月末まで、まさに芋掘り三昧です。

里芋掘り

サツマイモの収穫

2019年11月23日

12月になると、芋が割れたり、大きくなり過ぎたりするので、少し遅れたが芋掘り作業をしました。
安納芋、紅はるか、シルクスィートなど約1反を人力だけで掘り起こすのに2人で約3日掛かりました。
掘った芋はビニールハウスで12月の中旬位まで天日乾燥させ、気温が7〜8℃を切るようになると、保冷庫に移し3月頃まで保管します。芋を掘った後はニンニクとタマネギを植えました。

サツマイモの収穫

やっと稲刈りが終わりました。

2019年11月9日

10月16日から始めて、11月5日の最後の籾摺りで収穫作業は終了。
今年は8月下旬の長雨、出穂後の高温、台風の影響による強風、ウンカ被害と大変な年でした。
高温障害でシラタが多かったのですが食味値は、今までで最高の値でした。静岡精機の食味計(TM-3500P)で最低80、最高88でした。(70台後半の値で美味しいとされる)
イャー疲れました。

やっと稲刈りが終わりました。

自前の防塵システム完成。

2019年10月19日

周辺に家があるので防塵対策に毎年苦労しています。 乾燥機のダクトホースには市販のトップクリーンを使用。
排気ダクトには敷地が狹くて市販の排塵機が置けないため、使い古しの遮光ネット・ブルーシート・ビニールハウス用の直管を 使って灰塵室を設置。
籾すり機にはエントツの先にスプリンクラーを設置して対応。 全て設置するのに丸一日かかりました。
今年は台風、8月下旬の長雨、ウンカ被害と散々でしたが、やっと明日から本格的に稲刈りができそうです。

自前の防塵システム完成。