私達が育てています

米ハウス

農場名 米ハウス
代表者 五十嵐正康
所在地 福島県
お米生産歴 26年
お米作りのモットー 大地の力を食の力に! 自給自足のおすそ分け。

お米作りへの思い

 我が家の有機栽培は除草をカミマルチという方法で行います。育苗から稲刈りまで農薬・化学薬品・化学肥料は一切使いません。ただ単に「ただの有機物を肥料として使い農薬を使わない」というだけの有機栽培ではありません。「微生物で発酵させたぼかしと呼ばれる有機肥料を100%使用し、出来るだけ作物が自分でがんばれる環境を与え、作物の持つ潜在能力を引き出してやる」というのがコメハウスのこだわりです。
 有機物を多量に含んだ粘土質の土壌とすばらしい会津の風土で、コシヒカリの北限というギリギリの環境で作物の可能性を引き出す栽培をするというのがコメハウス農法の基本です。
 お米は精米・玄米とも真空での包装での出荷をさせていただいておりますが、2020年1月より玄米については基本を「真空しない包装=通常包装」での出荷とさせていただきます。精米については今ま通り「真空包装」を基本としての出荷といたします。
 「真空」、「通常」のご指定がある場合はご注文時にご指定いただければ対応いたします。

ここで作っています


福島県坂本糠塚乙1147

商品の一覧

上へ 

お客様の声

上へ 


あいつばんげ産 コシヒカリ有機JAS 白米(真空)・玄米(発芽玄米対応のため通常包装でも対応)

佐藤由紀子さんのコメント 2020年9月30日

いつもいつも、ありがとう。本当に一粒一粒がしっかりしていておいしくて、炊き上がるのがたのしみです。糠も、おいしいのでときどきホットケーキまがいの物をつくっています。

あいつばんげ産 コシヒカリ有機JAS 白米(真空)・玄米(発芽玄米対応のため通常包装でも対応)

たろうさんのコメント 2020年9月18日

いつもおいしいお米をありがとうございます。
家族みんなで楽しくおいしく頂いています。
今回も2世帯で頂く予定です。

あいつばんげ産 コシヒカリ有機JAS 白米(真空)・玄米(発芽玄米対応のため通常包装でも対応)

橋悦さんのコメント 2020年8月24日

お世話になっています 
最近は新メニューで玄米リゾットを使ってます。
玄米一合とキノコや玉ねぎ干し椎茸などを一緒に圧力鍋にかけ
出来上がったら更に一晩鍋の中に 
玄米を膨張させます。膨張させて満腹感UP!
一合で約5食分出来上がります。
大切に育ててくださった玄米は
本当に美味しいです!
いつもありがとうございます。

あいつばんげ産 コシヒカリ有機JAS 白米(真空)・玄米(発芽玄米対応のため通常包装でも対応)

高梨美智子さんのコメント 2020年8月22日

真空パックの白米を注文しました。真空なのでいつでも新鮮で、冷めても美味しいので今回も注文しました。大自然の大地で愛情をかけて育てて下さった感じがするので感謝していただいております。食事が楽しいです。ありがとうございます。

あいつばんげ産 コシヒカリ有機JAS 白米(真空)・玄米(発芽玄米対応のため通常包装でも対応)

たろうさんのコメント 2020年8月21日

とってもおいしいお米をありがとうございます。
いつも家族みんなんでおいしく頂いています。
今回も楽しみに待っています。
よろしくお願いいたします。

農場だより

上へ 


稲刈り始めました

2020年9月30日

一昨日9月28日から稲刈りを始めました。
ただまだ水分が26%と高い状態なので、少しずつ気をもまずに進めていこうと思います。
近年会津では田植え自体が早まっていて、そのため出穂の時期も若干速くなる傾向があります。出穂(穂が出る)時期が早まると登熟期が早まり暑い最中に登熟しなければならないため、原磁路や品質の低下につながると言われております。会津はその時期がコシヒカリの場合稲刈りに間に合うギリギリの時期であるため、会津のコシヒカリが高品質であるという裏付けにおなっております。温暖化?も相まって、それが少しずつ早まっていると言うことです。早まると品質の低下だけではなく、カ虫等による食害が発生し、黒ぽつと言われる米粒や着色米が多く混入するようになり品質はさらに低下します。そのため遅ければ遅いだけ、品質は向上する傾向にあります。しかし遅くなれば寒くなるので素のギリギリの状態で栽培できる品種が北限の品種と言うことになり、そのひとつが会津ではコシヒカリと言うことになります。
そんなことも有り我が米ハウスではコシヒカリをできる限り早く栽培しない方法で有機栽培(農薬・化学肥料不使用栽培)を行っているという次第です?ちなみに会津で早生中手になるお米、例えばひとめぼれ等では1等品質での仕上げができる有機栽培は不可能であります。
 そんなこんなの理由で9月中に稲刈りを行うのは我が米ハウスでは難しいということになります。ちなみにコシヒカリだと有機でもここ数年100%1等で通っています。
一週間天気が続くだけで登熟は進みますのであと少しという処です。

稲刈り始めました

お米の包装についてのお知らせです

2020年1月14日

あけましておめでとうございます

 当店では玄米をご指定されるお客様が7割以上という確率で玄米を選んでいただいております。実は最近玄米を発芽玄米で召し上がりたいという方が多くおいでになるようになりました。玄米を真空(冬眠米)でお送りするようになってから、あるお客様から「発芽玄米にしたいので真空にしないで送って欲しい」と申し出をお受けいたしました。理由をお聞きしたところ、発芽させるに当たって真空しないものと真空にしたものでは明らかに発芽率が違う(真空の方が発芽が悪い)、とのご指摘でした。いろいろ調べてみますと確かに玄米はお米の種そのもので生きていますので、それを真空にすることで種の活性を損ねてしまうという事がおきると言うことのようです。玄米については事前にお申し出があったお客様には真空しない包装での出荷をさせていただいております。
 玄米の保管についてですが、お米は出荷の直前までは基本玄米での低温保管されておりますので、温度管理さえ注意していただければ通常包装での保管で問題ありません。
お米の保管で注意する点は温度と直射日光です。温度は30以上の温度になると急速に劣化します。また直射日光も厳禁です。お米の保管に理想なのは15度前後の温度の冷暗所で保管することです。

 精米については今ま通り「真空包装」を基本としての出荷といたします。
 「真空」、「通常」のご指定がある場合はご注文時にご指定いただければ対応させていただきます。

余談ですが精米のラインを一部改良いたします。お客様には今まで以上の品質でお米のご提供をできるのではないかと思います。よろしくお願いいたします。


稲刈りまっただ中です。

2019年10月10日

会津磐梯山を背景に稲刈り真っ最中です。
本日10月10日に1回目のお米の検査を受験いたしますので、10日以降の出荷からは新米となります。
皆様お待たせいたしました。

稲刈りまっただ中です。

早生の品種稲刈り終了

2019年9月28日

特裁ササニシキ・コシイ○キ 稲刈り終了。
今年は足場が良かったので予定通り終了です(^_^)/~
ササニシキは中手の品種なのですが、田植えが遅かったせいもあり、水分がまだ30%近くありました。
まだ早かったのでしょうか?(^-^;
コシイ○キ稲刈は、乾燥始めて二時間で23.7%なので、刈時期はまあまあでした。

早生の品種稲刈り終了

米ハウスのお米の購入時のクレジットカードでのお支払いでキャッシュレス5%ポイント還元対象となります。

2019年9月25日

10月1日から消費税増税・キャッシュレスポイント還元が始まりますが、当米ハウスもポイント還元事業者登録が済み、クレジットカードでのお支払いで10月1日から5%ポイント還元となります。実質5%引きとなります。

米ハウスのお米の購入時のクレジットカードでのお支払いでキャッシュレス5%ポイント還元対象となります。