私達が育てています

わたなべふぁーむ

農場名 わたなべふぁーむ
代表者 渡辺由美子
所在地 熊本県
お米生産歴 17年
お米作りのモットー 「安心」にこだわって作ります

お米作りへの思い

小さいお子さんにも安心して食べてもらえるお米を作ります。
食べ物や健康・環境に興味のある方、ご自分のライフスタイルを持っておられる方に食べていただきたいと思います。

ここで作っています


熊本県阿蘇郡南阿蘇村中松

商品の一覧

上へ 

お客様の声

上へ 


アイガモ農法<あいがも米>

チェルノさんのコメント 2018年8月7日

感想、遅れました…。アイガモ農法さんの玄米を始めて開けた時、ほんのり糠の良い香りがしました。私は小豆玄米にして炊いています。とても美味しいです。玄米はモノによってカナリ味が違うんだなぁと感じます。苦味のある玄米はもしかしたら農薬等の薬の味だったのかな?等思います。アイガモさんの玄米は全く苦味がありません。ほわほわと甘いです。
今年は西日本で地震や豪雨の災害が立て続けに起こりましたが、大丈夫でしたか?アイガモちゃん達も無事でしょうか。暑さも続いているので、皆さん、無事、元気でいらっしゃる様願います。私も頂いた玄米を食べ、この夏を乗り切ります。ありがとうございました。

アイガモ農法<あいがも米>

冨田昌明さんのコメント 2018年6月23日

昨年初めてアイガモ米(五分づき)を40キロ注文して、今回は同じものを20キロ注文させて頂きました。以前から無農薬ものを注文していたのですが、原発事故後の厚生労働省の調査結果によると関東近辺でもセシウムが基準をときおり超えている状況なので、九州産がいいと考えて選んだ次第です。

アイガモ農法<あいがも米>

小田康嗣さんのコメント 2018年6月21日

毎年家族で楽しみにしている場外ホームランメロン、今年も届けて頂きありがとうございます。今回のメロンも本当に美味しかったです!

アイガモ農法<あいがも米>

はなさんのコメント 2018年5月28日

子供の頃に食べた玄米の味そのもので、懐かしく美味しく頂きました。
さつまいもも美味しかったです。
また注文させて頂きました。

アイガモ農法<あいがも米>

チェルノさんのコメント 2018年4月29日

snsでオススメしている方が居て、買ってみました。無農薬と放射能の心配の為、選びました。お芋も付いててお得な感じがしました。箱の中にプリントも入っていて、親切に感じました。お米の袋も真空パックの様で、収納し易いです。実は、買い置きのお米が未だあって、そちらの方から食べているので、まだアイガモ農法のお米を食べていません。なので食べた感想がまだ書けません。薬を使わずお湯で消毒?等、とても安全、安心な作り方をされていて脱帽です。農薬使用の農業の方が多い思うので、有難い貴重な存在です。体を壊してから食に気をつける様になりました。ありがとうございました。

農場だより

上へ 


アイガモたちは順調に育っています

2018年5月23日

田んぼデビューは来月中旬頃かと思います♪

さて先日黒い噂を耳にしました。
県内のある米農家グループのこと。「無農薬栽培」と謳っているにもかかわらず農薬をバンバン撒いているのだそうです。散布しているところを目撃した人が多数!

うちは完璧に使っていませんし、例えば精米の計量していて無農薬米があと100グラム足りないという時でも最初から機械を通して(色選、精米機)おります。微農薬米を混ぜることなどしません。
高く売るならそれだけのことをするという心構えです。
もちろん無農薬ですから虫食いなどの見かけが悪いものは出てきます。それは自然です。
しかし無農薬米として売る以上看板に偽りなしで続けていきます。
よろしくお願いいたします。


アイガモをお出迎え

2018年5月10日

生まれたばかりのアイガモの雛がアイガモ屋さんから昨日届きました。
田んぼに放すまでの約1ヶ月、ある程度大きくなるまでビニールハウスの中で育てます。
一羽約500円。
既に1羽が死にました。
圧死などで毎年何羽か減るのですが、犬か何かにやられて全滅したこともあります。
なるべく多く田んぼに放したいです。

アイガモをお出迎え

種もみの消毒

2018年5月2日

無農薬栽培の種もみは農薬を使わずお湯で消毒しています。
扱いやすいようにネットに入れて、60℃に10分間。
その後水で冷やして種まきまで浸水しておきます。
今年は26日に行いました。

種もみの消毒

種まき

2018年5月2日

今年は4月30日に種まきしました。
空の苗箱に紙を敷き機械に載せます。
土が入り、水をかけ、種が入り、土が被ります。
それを軽トラに乗せてビニールハウスに運び並べます。
土から芽が出てくるまで銀色のシートで覆っておきます。

種まき

価格について

2018年2月19日

農薬うあ化学肥料を使わずアイガモを入れて米を栽培していますが、それは大変お金がかかっています。
雛で買ってきたアイガモは3週間ほど庭先のビニールハウスの中で育てます。アイガモを入れるだめに網や糸を張りキツネなどに捕られないようにする対策もします。アイガモが食べない「ヒエ」(草)は人力で何日もかけて取ります。
圃場の外でも農薬を使いませんので、種もみの消毒も手間をかけてお湯で行っています。
また、アイガモは苗を倒してプールを作る習性があるので収量も減ります。
「有機」の指定をもらえるほどの栽培を行っております。しかし指定をもらうのにはお金がかかるので、そうすればお米の値段を上げざるを得なくなりそれは本意ではありません。
今のお米の価格は決して高い設定ではありません。
ご理解いただければ幸いです。

価格について