私達が育てています

宇佐のどん百姓

農場名 宇佐のどん百姓
代表者 堀田敦弘
所在地 大分県
お米生産歴 16年
お米作りのモットー 美味しくてミネラル豊富な米づくり!

お米作りへの思い

宇佐市は大分県北部、瀬戸内海側に位置し一年を通してわりと温暖な土地です。近くに全国八幡様の総本宮宇佐神宮、昭和の大横綱双葉山の生誕地があります。無農薬・無化学肥料にこだわり、より美味しく、より滋養のあるものを目指し試行錯誤を重ね、今年で16年になります。安心・安全で食べて美味しく、ミネラル分を多く含くむお米をできる限り安価に提供できるように努力しています。食味向上のためお米コンクールに出品し、食味の改善を図っています。

ここで作っています


大分県宇佐市出光555-2

商品の一覧

上へ 

お客様の声

上へ 


有機JAS認証米 大分 にこまる

水島 結菜さんのコメント 2018年8月3日

本日届き早速炊きました(^^)
ふっくら甘みがありお箸が止まりませんでした。
地元野菜も一緒に入っていてとっても嬉しかったです!!
またよろしくお願いします♡

有機JAS認証米 大分 にこまる

まきまきまきさんのコメント 2018年7月21日

お米が届きました、ありがとうございます!いつも元気な野菜も同封していただき、合わせて美味しくいただいております。子供の離乳食にも安心して食べられる美味しいお米で、毎回購入させていただいております。暑い季節ですがお身体に気をつけてこれからも美味しいお米を作ってくださいね。

有機JAS認証米 大分 にこまる

岩崎さんのコメント 2018年6月21日

白米が苦手で重たい物なので玄米を30kg注文しました。
とても美味しくて一緒に入っていたお野菜と美味しくいただきました( ´∀`)ありがとうございます!

有機JAS認証米 大分 にこまる

ニャガさんさんのコメント 2018年5月21日

大コメ食いの娘一家が好きな「宇佐のどん百姓」さんのお米を、共に
5月生まれの娘夫婦の誕生日プレゼントとして注文をさせて頂きました。
お財布と相談せずに済む気楽さからか玄米、精米5分付、7分付、白米
各々をこの機会に食べてみたいとの注文、また送付日時の依頼などに対応
頂き、適宜ご連絡も下さってありがとうございました。
娘が、私からの誕生日プレゼントの選択で今回のように喜んだのは初めて
かも知れず、転勤のため遠方に住む娘一家に喜んで貰えて私も嬉しいです。
この選択に味を占めてしまいそうな親〇〇な自分に苦笑いです。
本当にありがとうございました<(_ _)>

有機JAS認証米 大分 にこまる

まきまきまきさんのコメント 2017年8月21日

お米届きました、ありがとうございました!特別栽培米でオニギリにしても美味しく、いつもリピート購入させていただいています。今回も美味しく感謝していただきます。

農場だより

上へ 


光合成菌散布

2018年8月12日

食味と品質向上のため、光合成菌を反当たり80リットル動力噴霧機で散布。
炎天下の中、ホースを100m這わせ、ノズルを持って、田圃5枚分を約2時間の作業はかなりの重労働。
同様の作業があと二回、盆明けに予定しています。
稲も順調に生育し、穂孕みする時期ですが、晴天が続き水が切れるのが気になります。

光合成菌散布

土用干し

2018年8月4日

稲の根を大きく・深く張らせ、収穫量を増やすためと、台風の時、稲が倒れないようにするため行います。
まず、排水口から水を排出し、畦際の草を取り、溝切り機で畦沿いに行って帰って一往復し溝を掘り、
約一週間ぐらい完全に水を落とし田圃を乾かします。
夏の炎天下の中、水切り機を押えて100mを10往復以上するのは、とてつもなく過酷な作業です。
これを学生の時やっていたら、100mでオリンピックに出られたかも。

土用干し

OH MY GAD!

2018年7月30日

朝早く、草刈り機でない音がする、窓を開けると異様な匂いと共に、野菜ハウス横の田圃でヘリコプター防除を遣っているではないか。OH MY GAD!
明日は楽しみに準備していた軽トラ市、茄子に農薬が掛かる。風は無いが隣の田圃と10mぐらいか離れていないため、茄子は全て廃棄。百姓としてはまったく残念の一語に尽きる。

OH MY GAD!

テルテル坊主を逆さにしたい。

2018年7月24日

大雨の後、2週間以上雨が降らず、サツマイモ畑はからから、高畝マルチのため葉が枯れだしたので水路からポンプアップして水遣り。サトイモは水路が高かいので水路から水入れ。このまま日照りが続けば雨乞いするしかなさそう。

テルテル坊主を逆さにしたい。

太陽熱消毒

2018年7月20日

スイカは連作障害が出るため、スイカを作っているハウスの消毒。
米ヌカを撒き、トラクターで鋤込、用水路から水を引いて冠水、トンネルに使用しているビニールで覆い作業終了。
書けば簡単ですが、水、土、太陽光、熱と格闘すること2時間、なんとか熱中症にならずに済みました。
あとは地温を確認して、40°以上になれば多分成功でしょう。
来年も美味しいスイカが食べたいものです。

太陽熱消毒