無農薬玄米等の美味しいお米を販売。農家おすすめの美味しいお米を産地直送で販売/通販する産直お米通販のお店。美味しい玄米のお米通販、有機栽培米のお米通販ならここ!
 
例)玄米 発芽玄米 無洗米 もち米 雑穀米 米粉 真空パック
ようこそ、ゲストさん

メンバー・ログイン S
- トップページ - はじめての方へ - よくある質問(FAQ)
美味しいお米をみつけよう
農場だより一覧

gensenmaiをフォローしましょう 農場だよりをFacebookで配信中 
エコファーム高橋 みやぎ米と四姉妹ものがたり
2017年 11月 22日

宮城県のPR動画のご紹介です。

全国的に宮城県のPR動画は檀蜜さんで話題になりましたが今回はお米でのPR動画です。

今回は「みやぎ米と四姉妹ものがたり」では
「ササニシキ」「ひとめぼれ」「だて正夢」「金のいぶき」をイメージした個性豊かな四姉妹の物語を描いています。動画は5構成で四姉妹の一人にスポットを当てたストーリーが展開されております。

宮城県のホームページ又はYoutubeで閲覧できますので
皆様どうぞご覧ください。
下記からでも見られます。

みやぎ米と四姉妹ものがたり。〜ささ編〜
https://www.youtube.com/embed/hcFoSOOPd3A
みやぎ米と四姉妹ものがたり。〜ひとめ編
https://www.youtube.com/embed/a8y9Uff0I0U
エコファーム高橋の農場だよりへ
万宝院ファーム 稲作機械の仲間たち 02
2017年 11月 21日

トラクター

重いものを前へ後ろへと引っ張ったり運んだり、牽引力抜群の馬力ある万能マシン。

これがないと何も始まりません。働き者です:D(こきつかっているだけのような。。。)
万宝院ファームの農場だよりへ
有機農園ファーミン 新米販売を開始しておりますが、まだ脱穀中です。
2017年 11月 20日
脱穀を待つ稲
脱穀を待つ稲
2017年産新米の「ササニシキ」、「たきたて」、「つや姫」の販売発送を開始しております。今年産もよろしくお願いいたします。

【2017年産米について】

今年は栽培期間中7月を除き低温傾向で推移し、特に8月は「やませ」に見舞われ低温寡少が続き、光合成細菌を含むEMを数回散布しました。9月には天候は回復しました。
しかし、8月の低温が後々まで響き近年無いほどに登熟に時間がかかり、収穫作業が大幅に遅れ、11月20日時点でも9反ほどの脱穀が残っております(農家になって最も遅い収穫です)。

 米の品質は平年よりも緑色米や腹白米が多めですが、検査等級は1等に仕上げております。食味的には平年産と同等〜濃いめで、甘味は低温登熟ゆえ多めです。
(弊農園の問題ではありますが)収量はかなり痛タタタです・・・。ので販売量は少な目になります。
 
 玄米の放射性物質検査ではCs-134、Cs-137、I-131とも検出下限値0.67〜0.77Bq/1kgで検出されませんでした。(主力品種のササニシキ、たきたて、ササシグレ、つや姫のミックス玄米)
有機農園ファーミンの農場だよりへ
かわなべ農園 てんとう虫
2017年 11月 20日
外葉は虫食いでも、芯はきれい!
外葉は虫食いでも、芯はきれい!
 白菜にテントウムシが、いっぱい集まっていました。
白菜の外葉は虫食いで穴だらけ、おまけに、よ-く見ると
アブラムシがいっぱいでしたが、テントウムシのおかげで
姿が見えなくなりました。冬眠もせずに、ありがとう!!
かわなべ農園の農場だよりへ
しまさき農園 決勝進出!
2017年 11月 19日

『あなたが選ぶ美味しいお米日本一コンテスト』で過去最多465出品の中から、つや姫で決勝進出しました。
決勝大会は12月2日です。
しまさき農園の農場だよりへ
佐渡・矢田農園 ダイエット継続中
2017年 11月 18日

連日の皮むき作業が続いております。

ずっと天気が悪く、正直乾くのかな???と

心配ですが、気温は低いのでおそらく大丈夫かと。

12月に入って、暖かい雨でも降られると

硫黄燻蒸していないので、一発全滅の危機もありますので

紙一重の干し柿作りです。

今年は、柿もいっぱいあるので

頑張って剥いております!

皮むきは終われば、畑に御礼作業です。
佐渡・矢田農園の農場だよりへ
小出農場 コンバインの整備しています。
2017年 11月 17日

稲刈りも終わり来年の準備が始まっています。

雪が降る前に終わらせなくてはならない仕事の一つに機械整備がありますね。

この写真はソバのコンバインです。

泥を洗浄機で洗って各部を点検・補修して来年直ぐに使えるようにして1年保管ですね。(*^_^*)
小出農場の農場だよりへ
(有)内山農産 「冬のギフトセット」の販売開始のお知らせ
2017年 11月 17日
「冬のギフトセットB」(2,500円)
「冬のギフトセットB」(2,500円)
本日より、「冬のギフトセットA」と「冬のギフトセットB」の販売を開始いたしました。
お歳暮に、年始のご挨拶に、贈り物にお使いください。


★価格改定のお知らせ★

今年度の販売より、価格を改定させていただきます。何卒ご了承の程お願い申し上げます。


★配達可能期間について★

冬のギフトセットは、配達可能な期間が限られております。

[年内] 2017年12月1日着から 12月30日着まで
[年明け] 2018年1月10日着から 1月下旬まで(売切れ次第販売終了)

希望配達日時のご指定は、この期間内でお願いいたします。
なお、お餅の賞味期限は30日間です。
(有)内山農産の農場だよりへ
天然ミネラルライス・小さな竹美人 ご飯のお供
2017年 11月 16日
自然薯
自然薯
裏山に自然薯の蔓が竹を登ってました👍
白ご飯に最高ですが、掘るのが結構キツイのが難点😅
掘るのはもう少し、育ってからにしましょう💦
天然ミネラルライス・小さな竹美人の農場だよりへ
田中ファーム 農場主の誕生日
2017年 11月 16日

誕生日には大好物
豚角梅煮...と
あきたこまち
田中ファームの農場だよりへ
東山ファーム 私たち東山ファームは、地域の農業発展に貢献します!
2017年 11月 16日

東山ファームがある早川渓谷上流は紅葉もほぼ終わり、今朝は初雪も降りました。
稲刈りも終わりが見えてきた先日のこと、地元地域で米づくりを始めている方が脱穀にやってこられました。
手植え、手刈り、はさがけまで終わって、脱穀が出来る所を探しておられました。
私たち東山ファームは、地元でがんばる、様々な形で「農」を志す方々を応援して行きたいと思っています。
小さな規模の「農」から、機械を使った大規模な「農」まで、地域の皆様にとって私たち東山ファームができるサポートをさせてください。
東山ファームの農場だよりへ
中谷農事組合法人 なかのたにのおもち、先行予約販売開始しました
2017年 11月 14日

毎年恒例の なかのたにのおもち 予約販売を開始致しました。昨年に途中で足らなくなりましたので今年は増産してご用意致します。宜しくお願い致します。
中谷農事組合法人の農場だよりへ
電気農場 電気農場日記 2017年11月14日
2017年 11月 14日
鳥海山の冠雪
鳥海山の冠雪
苦労した稲刈りが終わって、休む間もなく雑穀や豆の刈り取り。
といっても雨の日は刈り取り作業できないのでなかなか作業は進まず、最後に残った白小豆の刈り取りそして脱穀、昨日やっと終わりました。
あとは、雪が積もる頃まで収穫の続くダイコン、ニンジンが畑に残るばかりで、今年の収穫はほぼ終わりました。

今日は先延ばしにしていたコンバインの清掃。
今年はだいぶ無理を掛けました。
Vベルトはあちこちヒビが入って、金属部分はさびが目立ってきて、だいぶくたびれてきました。
出来ればあと5年くらいがんばってもらいたいが、無理かなあ。

暗く重い曇り空の下、チクチクする稲の埃にまみれながらの清掃作業。終わり間際に雨が降り出したものの、なんとか無事終了。
週間天気予報には雪のマークがチラホラ。
今年もとうとう冬が来ます。
積もる前にしなきゃならない仕事、まだいっぱいあるなあ。
電気農場の農場だよりへ
ボンブ(ウ)ガルテン 12月からの発送につきまして
2017年 11月 12日
我が家の晩ごはんを見ていた珍客さん
我が家の晩ごはんを見ていた珍客さん
当園ではこれまで、精米や発送の作業をご注文をいただいた翌日にしていましたが、12月1日より、翌々日の発送とさせていただくことにしました。
お待ちいただく日数が増え、ご不便をおかけする場合もあるかと思いますが、ご了解ご協力の程、よろしくお願いします。

なお、午前中指定、12時〜14時指定の場合は、関東、首都圏、それ以外の多くの地域で、翌々日のお届けとなるようです。上記の事情と重なり、ご注文から到着まで思いがけず長い日数を要することとなりますので、ご注意ください(日にち指定があります場合は、早めに注文いただけますよう、お願いします)。
ボンブ(ウ)ガルテンの農場だよりへ
宇佐のどん百姓 稲刈りが終わったぞ〜〜
2017年 11月 12日
食味はどうかな。
食味はどうかな。
台風、長雨で遅れに遅れていた稲刈りがやっと終わりました。一安心です。
あとは最後の籾摺りを終われば後片付けでまた忙しくなります。
宇佐のどん百姓の農場だよりへ
鈴木農園 いなばよせ
2017年 11月 11日
あともう少しで終了です
あともう少しで終了です
今年の米作りも今日の古代米の取入れで屋外作業は終了です。今日とれた古代米は美味しい餅になります。藁は神社のしめ縄や正月飾り、さいのかみに使います。貴重な好天に感謝した1日でした。
鈴木農園の農場だよりへ
ぽてと倶楽部 長崎の“にこまる” “ぴかまる”初登場です!
2017年 11月 9日

29年産特別栽培“にこまる”“ぴかまる”
そろって通常販売を開始しました。

「厳選米」参加させていただいたばかりで
要領を得ませんがよろしくお願いします。

今年は収穫の時期になって秋雨前線による長雨。
季節はずれの二つの台風の接近で遅くなりました。
ぽてと倶楽部の農場だよりへ
白井農園 キュウリの実花を取りました。
2017年 11月 9日
実花を取っています
実花を取っています
キュウリ栽培の先生から、もう少し木を太くした方が良いから、今着いている花芽は、全部欠くように指導され、小さなキュウリの実花を取っています。
収穫が少し先になりますが、良い木にすれば木の寿命も延び、良い実をつけて、収量も増えるので、キュウリを楽しみにしてくださるお客様、もう少しお待ちください
先生には、天候が悪かったけど、良く育っています。とお褒めの言葉もいただきました。
白井農園の農場だよりへ
信州茅野米沢ファーム 「信州茅野 米沢吉田米」刈り取り終了!!
2017年 11月 9日

10月末で、稲刈りが終わりました。雨に泣かされたシーズンとなり、刈り取り初めから1か月半もかかりました。
休む間もなく、来年度の土づくりの開始です。コンバインでカットした稲わらの束を広げる作業です。まだまだ作業は続きます。
信州茅野米沢ファームの農場だよりへ
ファーム佐藤 大豆の収穫
2017年 11月 8日
大豆の脱穀
大豆の脱穀
今年から大豆栽培を始めました。6月に種をまき草取りをして11月に収穫を迎えました。約10a分あるので生活クラブの人たちに手伝ってもらい、手で大豆を打ち付けて脱穀してふるいにかけ、唐箕で仕上げます。
大豆も米も農薬、肥料を使っていませんので安全な味噌を仕込むことができます。
ファーム佐藤の農場だよりへ
上伊那農民組合 新餅販売開始です
2017年 11月 7日

すみません、すっかり農場だよりの更新をさぼってて。
お待たせしました。今年も白毛餅のもち米と切り餅の販売開始です。丸餅はもう少しお待ち下さい。
上伊那農民組合の農場だよりへ
こだわり農家 孫作 新之助完売!
2017年 11月 6日

新潟の新品種「新之助」
ご好評につき完売となりました。
予想を上回る注文量があり、限定的な販売になってしまいました。
来年はより多くの方に新之助を味わって頂ける様に
今年以上の生産量を見込んでおります。
今後ともどうぞ宜しくお願い致します。
こだわり農家 孫作の農場だよりへ
内山ライスフィールド カモ卵産み始めました。
2017年 11月 5日
カモの卵
カモの卵
合鴨農法のカモですが今、家の裏のハウスを囲って飼育していましたが10月中旬から産み初めました。

例年より1ヶ月以上早いです。

ニワトリに比べれば大きさは一回り小さく
黄身はうすい黄色(レモンイェロー)です。

朝見に行くのが楽しみになりました。

カモはクリスマス頃に鴨鍋の予定です。
内山ライスフィールドの農場だよりへ
斉藤さん家のお米 斉藤さん家のお米 紹介動画
2017年 10月 29日

斉藤さん家のお米 紹介動画
千葉県九十九里町
創業から200年続くお米農家

日本人の食生活の中心にある【お米】
だからこそ皆様の健やかな食生活を目指し
よりおいしく、より安心・安全なお米を
お届けするため、一切の妥協を捨て
まごころ込めて育てております。
斉藤さん家のお米の農場だよりへ
(有)江原農産 29年産 新米 「江原さん家のお米ヒノヒカリ」の販売開始です。
2017年 10月 26日

大変お待たせ致しました。

29年産 新米 「江原さん家のお米ヒノヒカリ」
の販売を開始いたします。
(有)江原農産の農場だよりへ
フォレストファーム 台風直撃!稲刈中断です。
2017年 10月 23日

台風が来る前に稲刈を終わらせたかったのですが、仕事が間に合わず、台風直撃です。

田んぼに水が溜まったり、稲が倒されたりして作業が難しくなってしまいます。

余り荒れないで欲しいところですが、大雨ですね〜。

参ったな〜。

稲刈に息子も参戦してくれましたが、寒くて早々に撤退です。

いつもより2週間ぐらい遅れての稲刈になってしまいましたので、やはり寒いですね。
フォレストファームの農場だよりへ
鶏卵と米の農家鈴木 29年産新米の出荷を開始しました
2017年 10月 23日

大変お待たせしておりました新米の全品種で出荷が始まりました。今年は例年より稲刈りは遅れましたが、等級検査では無事に一等米になりました。どうぞ香りの良い新米をご賞味ください。
鶏卵と米の農家鈴木の農場だよりへ
おいらの田んぼ お米の選別をしています。
2017年 10月 22日

斑点米や着色米などのお米の選別をしています。
色彩選別機による作業はふつうは乾燥・もみ摺りをして袋に詰める前にするのですが、その場合は選別機の能力も作業もまわりにあわせる必要があるが、うちでは袋詰めが終わったあとでゆっくり行います。これだと手間はかかるが機械もコンパクトなもので良いし、作業も他の仕事にあわせる必要がないので、時間を気にせずにお米の状態をみながらすることができます。
ところで、写真は不良品としてはじかれたお米です。
斑点米や被害粒のほかに良いお米も混じっています。今の機械はお米の状態に合わせてこまめにしかも簡単に設定することができます。しかし設定を上げれば不良品を多く取り除くことができますが、その分良いお米もはじかれます。
お米をつくっている者としてはもったいないような、でもお米を買っていただいている者にとってはもっと設定を上げたいようなちょっと複雑な心境です(^^;)
おいらの田んぼの農場だよりへ
自作農家の米屋 佐々木米穀店 「金のいぶき」発売決定!
2017年 10月 18日
「金のいぶき」発売決定!
「金のいぶき」発売決定!
新米予約いただいておりましたお客様、大変お待たせいたしました。

昨日稲刈り作業が無事終了し、

◆十三代目のこだわり!特別栽培米「金のいぶき」
◆農薬・化学肥料不使用!特別栽培米「金のいぶき」

を10月20日(金)に初出荷させていただくこととなりました。

昨年よりご好評いただいておりました玄米食専用米「金のいぶき」を、今年はよりたくさんのお客様に食べてみていただきたいと考え、減農薬ではありますが、栽培面積を増やしました。
減農薬の「金のいぶき」は農薬・化学肥料不使用の「金のいぶき」に比べ、お求め易い価格設定となっております。

長年米作りに携わっている私共でも驚く程胚芽が大きく、栄養をたくさん含んだ品種です。

まだご注文いただいていないお客様も、是非一度お試し下さい。
自作農家の米屋 佐々木米穀店の農場だよりへ
朝日農友農場 新米タンチョウモチの販売が、スタートしました!
2017年 10月 13日

新米タンチョウモチのご注文を本日13日からお受けいたします。
当農場のモチ米は、通常皆さんがご覧になっている
真っ白なモチ米には仕上げておりません。
真っ白な理由は、普通のお米が混じっていないことを証明するためで、この方が検査をする公的検査員も判断しやすいためです。一方で真っ白にするには、乾燥の度合いを強めて、モチ米に含まれる水分を14%以下にしますが、このことがもち米のしっとりさ、みずみずしさ、仕上がりの輝きを失わせています。餅にするとわかりにくいですが、おはぎやモチ菓子にすると、仕上げたあとに硬くなりにくくその違いがよくわかります。農場では水分を15%以上にしています。是非お試しください。
朝日農友農場の農場だよりへ
いのファーム コンバインで稲の刈取り開始
2017年 10月 9日

稲穂も黄色く色づき始めました
コンバインの運転中は、刈取りの甲高い音と脱穀の振動で周りの音が聞こえないので、体感に慣れると意外と心地よくなります。
いのファームの農場だよりへ
佐藤農場 新米出荷ちう!
2017年 10月 3日
魚沼産コシヒカリ・棚田米
魚沼産コシヒカリ・棚田米
夏の長雨で性おい区が遅れ、稲刈りと出荷もずれこんでしまいました。
お待ちかねの「魚沼産コシヒカリ・棚田米」のあ出荷を開始しました。
ご家庭だけでなく、贈答にもご利用ください!
佐藤農場の農場だよりへ
東町自然有機農法 料金改定のお知らせ
2017年 10月 2日

いつも私たちのお米をご愛顧頂きまして誠にありがとうございます。
この度のお知らせでは、お客様には大変に心苦しいお願いとなります。
契約しております運送会社より10月から送料の大幅な値上げとの通達がありました。
私たち組合では可能な限りお客様への送料負担軽減のため、送料込のお値段でやらせていただいておりいましたが今回の送料の値上げにより、現状価格でのご提供が大変困難な状況となってしまいました。
 つきましては、お客様には大変申し訳ございませんが、10月2日(17時)より料金を改定させて頂きたいと思います。
 今回の改定でお客様のご負担が大きくなってしまいます事を心よりお詫び申し上げますとともに、料金値上げに関しましてご理解頂き、今後とも変わらぬご愛顧のほど賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

東町自然有機農法組合員一同
東町自然有機農法の農場だよりへ
木津みずほ生産組合 稲刈り真っ最中!
2017年 9月 29日

タイムラプスという機能を使って撮影しました
コシヒカリの刈り取りを終え、8月下旬から始まった稲刈りも残り2品種となり残り僅かとなりました。

今年度は8月の日照不足などの影響から収量は昨年と比べてやや少ないですが、各品種で1等米を獲得し品質的には昨年と変わらないようなのでほっとしています。

先週からコシヒカリの新米も販売開始しておりますので、ぜひ一度木津みずほ生産組合のお米を味わってみてください。
木津みずほ生産組合の農場だよりへ
笠木農園 はざかけ完了
2017年 9月 29日

一つめの田んぼの刈り取り、はざかけが完了しました。
あとは天気次第で乾燥して行きます。
笠木農園の農場だよりへ
木村農園 おばあちゃんと一緒に
2017年 9月 27日
大きくなったらお手伝いしてくれるかな?
大きくなったらお手伝いしてくれるかな?
稲刈りの時期は、お母さんも大忙しなので、一番下の息子はおばあちゃんと過ごす時間が多いです。
でも、わがままもあまり言わずに、お利口に過ごせています。
先日の保育園の運動会では、しっかりと頑張れていました。子供の成長にびっくり、そして感動しました。
忙しい時期で、なかなか一緒に過ごす時間はありませんが、子供たちの笑顔を見ると本当に元気が出ます。
木村農園の農場だよりへ
有限会社ばんば 自然栽培米こしひかりの刈り取りが終わりました\(^_^)/
2017年 9月 17日
台風の前に刈り取っている自然栽培米こしひかり
台風の前に刈り取っている自然栽培米こしひかり
自然栽培米コシヒカリの刈り取りを、台風の来る前に刈り取りました。
台風の接近で少しでも刈り取りをしようと言うことで、籾摺りよりも刈り取り優先で、自然栽培コシヒカリまで刈り取ることができました。

ちょうど刈り終わって、籾を搬入しようとしたときに雨が降ってきて、ぎりぎりセーフ\(^_^)/。

乾燥調整が終わりましたら、新米としてお届けいたしますので、よろしくお願いいたします。
有限会社ばんばの農場だよりへ
加賀農園 栗の季節ですね
2017年 9月 14日

栗の出荷が本格的に始まりました。山江村では9月24日に栗まつりが開催されます。栗スイーツがたくさん並びますよ。わが家では栗ご飯が定番化してます
加賀農園の農場だよりへ
柴山農園 29年産・新米の販売を始めました。
2017年 9月 8日
29年産の新米です。
29年産の新米です。
29年産の新米です。新米特有のツヤツヤした食感と新米の香りを堪能してください。
柴山農園の農場だよりへ
百笑のたなか お待たせしました!
2017年 8月 29日
平成29年の稲刈り
平成29年の稲刈り
平成29年産の稲刈りを昨日行いました。
今は赤外線などを使って乾燥中です。

今夜には出来上がります、
明日8/30には玄米から精米として出来てきます。

天候も良かったたので艶のある美味しいお米に
出来上がると確信しています。

発送は8/31から順次行っていきます。
兵庫県丹波産のお米を味わってください。
百笑のたなかの農場だよりへ
岡野農園 稲刈りの準備(コンバインの整備)
2017年 8月 28日

岡野農園では、9月上旬から始まる稲刈りの準備作業を連日行っています。写真はコンバインの整備を行っている所です。コンバインは1シーズン使用すると色々なところが摩耗します。摩耗した部品を確認しながら交換作業を行っている所です。今年は冬が忙しく、例年ですと農閑期の冬に整備をするのですが今年は稲刈り間際まで整備作業をしています。これから頑張ってもらうコンバインを総点検です!!
岡野農園の農場だよりへ
辻農産 新米収穫しました。
2017年 8月 24日

今年も例年通り、8月下旬に稲刈りを
始めました。今年のお米はカメムシや
イナゴと言った虫の被害が少なかった
おかげで一つ一つの粒が大きく、籾殻
の綺麗なお米でした。
また、味についても昨年よりも旨み
(お米の甘味)を感じて頂けるお米
になりました。今年も丹精込めて作り
ました辻農産特選米をご賞味下さいませ。
辻農産の農場だよりへ
農事組合法人 第四生産組合 【送料改定のお知らせ】
2017年 8月 21日

拝啓

 皆様におかれましてはますますご清祥のこととお慶び申し上げます。また、平素は、弊社のお米をご愛顧頂きましてまことにありがとうございます。
 さて、お客様には大変に心苦しいお願いとなりますが、昨年度末より当社が利用している運送会社より送料値上げの要請があり、当社の送料を改定させて頂くこととなりました。
 これまでは、当社ではお客様にご負担がかからないように、これまでなんとか自社でコストを吸収し、できる限り価格の維持に努めて参りましたが、当社の企業努力のみでコストを吸収し、現状維持でご提供していくことが大変困難な状況となってしまいました。
 つきましてはお客様には大変申し訳ございませんが、2017年産新米出荷分より送料を改定させて頂きたいと思います。
 今回の改定でお客様のご負担が大きくなってしまいます事を心よりお詫び申し上げますとともに、送料値上げに関しましてご理解頂き、今後とも変わらぬご愛顧のほど賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

敬具
農事組合法人 第四生産組合の農場だよりへ
百笑米 大嶋農場 夏季休業のお知らせ
2017年 8月 12日

夏季休業のお知らせ
誠に勝手ながら8月13日〜8月16日におきまして、発送業務を休業致します。
当期間に頂きましたご注文は8月17日の発送となりますのでご了承下さい。
百笑米 大嶋農場の農場だよりへ
登米ライス 【金のいぶき】のお知らせ ※販売中です!
2017年 8月 3日

【お詫び】 
昨日の夕方から今朝ほどまで「金のいぶき」が販売完了で「新米予約待ち」になっておりましたが、在庫調整いたしまして今しばらく販売が可能となりました。
ご迷惑をお掛けいたしました。申し訳ございません。

通常通りご注文お待ちしておりますのでよろしくお願いいたします!!
登米ライスの農場だよりへ
わたなべふぁーむ アイガモ待機中
2017年 6月 10日
アイガモ
アイガモ
田んぼに入れる予定のアイガモ君たちはビニールハウスの中で待機中です。
彼らもイネももう少し大きくなったら勤務開始です。
わたなべふぁーむの農場だよりへ
ささき農園 《ひとめぼれ》順調に育っています
2017年 4月 22日
4月13日の種まきから10日目です
4月13日の種まきから10日目です
種まきから10日目です。順調に育っています。毎年思います。こんな小さな命からたくさんの実(米)がなぜできるんだろうかと。今年も私たちの命を支えてくれます。感謝です。
ささき農園の農場だよりへ
マルヘイ農園 いよいよ米作り開始!
2017年 4月 12日
種の芽出し
種の芽出し
4月に入りましたが米沢はまだまだ寒く、お花見はしばらくお預けのようです。
さて、今年度も米作りが始まりました。まずは、温湯処理(殺虫剤、殺菌剤等未使用)をした種もみを水に着けています。この後、保温器に入れ芽を出します。
マルヘイ農園の農場だよりへ
アグリファーム相馬 うぐいすの初鳴きが聴けました。
2017年 4月 7日
種籾の浸漬中です。
種籾の浸漬中です。
 裏の里山でうぐいすの初鳴きが聴こえました。昨年より2日遅いようです。 忙しくなりそうです。
アグリファーム相馬の農場だよりへ
米ハウス 平成28年産有機コシヒカリの食味検査値アップします
2017年 3月 23日

平成28年の食味値検査、今年初めに届いていたのですが、改めてアップします
食味値の見方は以下を参考にしてください。

<食味測定値の見方>

●食味値
 食味値は、赤外線分析器でアミローズ、タンパク質、水分、脂肪の酸化度を測定し、食味方程式により値を算出します。実際に食べて判定する官能検査を基本としており、官能検査の判定と同様の結果が数値で表されます。

 85以上 極上米
 80〜85 良質米
 75〜80 やや良
 70〜75 普通米
 65〜70 やや劣
 65以下 劣る米

●水分(米の中の水分含有率)
標準値 14%〜16% (水分が多すぎると保存性が悪くなる)

●タンパク(米の中のタンパク質含有率)
 数値が低いほどふっくらと炊きあがり「おいしい」とされています。
 7.0%以下    ふっくら米(優良米)
 7.1〜7.9%  普通米
 8.0%以上    劣る米

●アミロース(米の中のアミロース含有率)
アミロースとは?・米の中のデンプンに含まれる粘りを構成する成分
 数値が低いほど粘りが強いことを表す
 17〜19%   粘りが強い(優良米)
 19〜20%   粘りがある(普通米)
 20〜21%   劣る米

●脂肪酸度
数値が高いほど酸化(古米化)が進んでいるとされています。
 10以下  良質米
 10〜20 普通
 20    酸化米(古米)
米ハウスの農場だよりへ
黒川農場 春祭り
2017年 3月 22日

五穀豊穣を祈願しての春祭り。今年も豊作の年にしてください。美味しいお米もお願いします。
黒川農場の農場だよりへ
万願寺あきたこまち生産組合 ダイヤモンドダスト
2017年 1月 16日
久しぶりのダイヤモンド
久しぶりのダイヤモンド
朝の気温が氷点下13℃となった昨日、降り積もる雪空から久しぶりの青空が広がり、ダイヤモンドダストが舞い上がりました。
春の苗を作るパイプハウスも雪がくっつき、トンネルみたいになっています。
降り積もる雪が、春の田んぼの貴重な水となります。
除雪は大変ですが、春をめざして頑張りたいと思います。
万願寺あきたこまち生産組合の農場だよりへ
農業耕房 西岡 寒の入りの耕転
2017年 1月 7日

あけましておめでとうございます。
寒の入りとなり、地中の土を凍らせ地中の酸素を多くするため、昨日より田圃の2回目の耕転(田圃を掘り起こす作業)を行っています。秋に入れたボカシがよく活動してくれて艶のある黒い土になっており、良い土になってると喜んでおります。
農業耕房 西岡の農場だよりへ
オリザ&里山 齋藤農場 新年明けましておめでとうございます
2017年 1月 5日

新年明けましておめでとうございます。
今年もどうぞ宜しくお願いします。
オリザ&里山 齋藤農場の農場だよりへ
中村農園 年末年始の営業日のお知らせ
2016年 12月 26日

12月28日〜1月8日まで、発送業務をお休み致します。
この期間中にいただきましたご注文は、1月9日の出荷となります。
中村農園の農場だよりへ
山田ファミリーファーム お餅のセット販売 開始です。
2016年 12月 10日
切餅
切餅
搗きたてお餅 か 切餅 をお選び頂けます。
山田ファミリーファームの農場だよりへ
なかがわ野菊の里 祝!伝統黒米 弥生紫がフードアクションジャパンアワード2016受賞しました!
2016年 11月 7日
トランジットジェネラルオフィス様選定品に『伝統黒米 弥生紫』が選ばれました!
トランジットジェネラルオフィス様選定品に『伝統黒米 弥生紫』が選ばれました!
農林水産省主催のコンテストで、生産者・事業者等の優れた取り組みを表彰する『フードアクションニッポンアワード2016』が行われました。今年は、地域の食材や食文化を活かした1,008産品の応募の中から最終審査会にて究極の逸品10産品が選ばれ、その一つとして『伝統黒米 弥生紫』が選ばれましたよ。トランジットジェネラルオフィス様の逸品として選んでいただき、今後、面白い色々な取り組みにつながっていく事を楽しみにしています。
なかがわ野菊の里の農場だよりへ
四季彩菜工房  新米が出来ました。
2016年 10月 15日
羽釜ご飯を炊いています。
羽釜ご飯を炊いています。
羽釜ご飯を炊いています。
おこげが最高に香ばしく、美味しいですよー

今年の稲作は、台風に被害にも会いませんでした。
四季彩菜工房 の農場だよりへ
こうざきゆうき 28年産 ササニシキ 販売開始いたします
2016年 8月 28日

〜千葉 発酵の里こうざき より〜

28年産新米ササニシキの販売を開始致します。
関東で作る自然栽培のササニシキは稀少です。
ササニシキは千葉県では銘柄米に指定されておりません
ので品種名は「うるちその他」となります事ご了承
願います。
昨年産は早々と売切れとなってしまいましたが今年は
作付けを増やしました。
今年の新米もどうぞ宜しくお願い致しますm(_ _)m
こうざきゆうきの農場だよりへ
暮坪農場 カルガモ親子
2016年 7月 31日
アイガモの田んぼに紛れ込んだ野生のカモ親子
アイガモの田んぼに紛れ込んだ野生のカモ親子
ヒナ6羽を連れたカルガモの親子がアイガモたちと一緒に住んでいます。
暮坪農場の農場だよりへ
はまだ農園 田植えが終わりました!
2016年 5月 26日
田植え風景
田植え風景
無事に今年の田植えも終わりました!
取り敢えずはひと段落きました。
無事美味しいお米になりますように
はまだ農園の農場だよりへ
上嶋農園 トラクタにバックミラーを付けてみた!(笑)
2016年 5月 10日

ユーチューブの動画でみたトラクターのバックカメラに影響されて、我が家のトラクターにも設置してみた。後部左右ともあっちあて、こっちあてにお傷だらけなもので、今後は、慎重な運転に気を配ろう・・・(笑)^^;
上嶋農園の農場だよりへ
金森農場 冬季湛水の田んぼの様子
2016年 1月 3日

冬季湛水(刈取り後ずーと水を貯めている)の田んぼです刈り株から出た2番穂が冬季湛水をしない田んぼは11月には枯れて茶色になってしまいます。冬季湛水をした田んぼは青々と茂っています             
なぜこんなに違うのか研究中です(1/1撮影)
金森農場の農場だよりへ
ヒノケンファーム 秋場所稲刈り千秋楽
2015年 10月 14日
好天に恵まれて最後の稲刈りです。
好天に恵まれて最後の稲刈りです。
暑い夏でしたが、秋になり雨続きでした。
ヒノケンファームの農場だよりへ
吉田農場 今年度の稲刈りは終了
2015年 10月 11日
稲刈り最中
稲刈り最中
今年度の稲刈りは終了しました。写真は稲刈り最中のものです。
吉田農場の農場だよりへ
井田真樹ファーム ミルキークイーン、ヤマヒカリ販売再開します
2015年 8月 21日
大豆の無農薬栽培
大豆の無農薬栽培
いつもありがとうございます!

26年産、ミルキークイーン、ヤマヒカリにつきまして、在庫に若干のゆとりが出来ました。
よろしかったらご注文くださいませ。

写真は無農薬栽培の大豆畑です。
蛾のなかまが食害しないように、緑色のダイオードを夜間に点灯します。
井田真樹ファームの農場だよりへ
(有)ファーム・イン・ビレッジ さくらんぼの花が満開です!
2015年 4月 22日
さくらんぼの花
さくらんぼの花
そろそろ桜が散り始め、たすきをもらったように
サクランボの花が8分ほどさきました!!
例年はゴールデンウイーク前後に満開ですが、
今年は少し早いですね〜
(有)ファーム・イン・ビレッジの農場だよりへ
(有)横田農場 とても冷えました。
2014年 12月 28日
12月28日 −6度
12月28日 −6度
こんにちは。
横田農場、平田です。

今朝はとても寒かったですね。

横田農場では田んぼで気象観測をしていますが、その温度計が-6℃でした。
今シーズン、最も寒い日でした。

みなさん、風邪などひかぬよう気を付けてくださいね。
(有)横田農場の農場だよりへ
農事組合法人 河谷営農組合 赤とんぼ(アキアカネ)が増えている。
2014年 11月 9日
朝日新聞の記事
朝日新聞の記事
先日の朝日新聞に、赤とんぼが全国的に減って来ているとの記事があり、
その原因として、
●一部の農薬が羽化に影響
●減反政策で、幼虫のヤゴが暮らす水田が減少
などが挙げられていた。
その中で一番の原因は、農薬の影響だろう。
記事の中ではネオニコチノイド系成分の中で「イミダクロプリド」を含む農薬や、浸透性農薬「フィプロニル」が問題視されていた。

赤とんぼのアキアカネは、10月に山から平地に下りて水田の水たまりなどに産卵する。
春になって田植えの準備が始まる田んぼで孵化、幼虫ヤゴとなって水が張られた水田で育つ。
5月中旬、田植えが始まると、田植機に苗箱を乗せる直前に、苗箱に農薬を散布する。
この農薬を「箱施用剤」と言う。
箱施用剤の一つ「アドマイヤー」にネオニコチノイド系成分「イミダクロプリド」が含まれている。

「箱施用剤」の農薬は、田植機によって苗と一緒に水田に移される。

水田のヤゴは、稲と共に生育し、6月終わりから7月中旬に水田で羽化する。(当地豊岡)
羽化すると直ぐに高い山まで飛んでいき、そこで夏を過ごし、秋になって平地に下り、産卵して一生を終える。

水田がネオニコチノイド系農薬で汚染され、羽化が出来なくなって赤とんぼが減少したというのだ。

私たち(河谷営農組合)も、「無農薬栽培」でない一部水田では箱施用剤を使用していた。
私たちが使用していた箱施用剤「スタークル」の成分は「イミダクロプリド」ではないが、
ネオニコチノイド系成分「ジノテフラン」を含んでいる。

数年前、ネオニコチノイド系農薬が、ミツバチ減少の原因であったり、人体にも影響が出ている事を知って思案していた。

箱施用剤「スタークル」の使用量を極力抑える方策として、水田の外周部のみに施用する工夫をして、通常の5分の1に抑えてきた。

今年26年産からはネオニコチノイド系ではない農薬「フェルテラ」(有効性分:クラントラニリプロール)に変更し、且つ使用量も抑えた。

来年は箱施用剤を全廃するので、水田の殺虫剤は全廃することになる。

私たち田んぼでは、「コウノトリを育む農法」を始めて以来、アキアカネの羽化は確実に増えており、今年も10月下旬にはおびただしい数のアキアカネが、集落や田んぼに現れた。

アキアカネが増えた原因は、農薬を使わなくなったことの他に、水田で育っているヤゴの羽化が終わる7月初旬(当地)まで田んぼを乾かさない「中干し延期」をしていることの効果が大きいと認識している。
農事組合法人 河谷営農組合の農場だよりへ
米処 雪輝屋 『表参道ごはんフェス』に参加
2014年 10月 26日
食味官能試験に楽しく参加
食味官能試験に楽しく参加
今回で2回目の参加をしました。
都心のど真ん中でお米のイベントが行われています。
ごはんに関する知識や食べ比べ・食味官能・米リリース作りなど楽しみがいっぱいでした。ちなみに『雪輝屋』は有機米の宣伝とあま酒の試飲販売。
大勢の若者がお米に関心がありびっくりしました。
みんなごはんに、恋する第一歩。
米処 雪輝屋の農場だよりへ
あづみ野天恵楽園 冬季湛水不耕起移植栽培 順調です!
2014年 7月 4日
前年の切り株が残る間に今年の稲が力強く伸長
前年の切り株が残る間に今年の稲が力強く伸長
 田植え1か月後の田んぼです。
 普通にも見えますが、分かりますか?稲の株元になにやら黒いものが見えますね。
 この黒っぽい物体は、前年の稲株なのです。コンバインで収穫した後の稲株です。

 前年の切り株がそのまま残っている状態で今年の苗が植えられている?・・・・この取組が、究極の栽培法として確立したい「冬季湛水不耕起移植栽培」なのです。

 通常の稲栽培は「稲刈り−.肇薀ターで秋起し−施肥−▲肇薀ターで春起し−トラクターで荒代かき−ぅ肇薀ターで仕上げ代かき−田植え」となります。

 この工程の目的は、 Дぅ溶里諒解促進・土を空気に触れさせ肥料効果(乾土効果といいます)、◆肥料と土の混合、:1回目の代掻きで水と土を混合、ぁВ臆麑椶梁總澆で土の表面を均平化し苗を植えやすくする、という目的で行います。

 冬季湛水不耕起移植栽培はどのようになるかというと「稲刈−米ぬか散布(イトミミズの餌)−田植えまで湛水−有機肥料−田植え」となりますが、意味としては大変重要な意味があります。

 先ず、最も重要なポイントは、土を耕耘しないのではなく・・・正確に申し上げると、トラクターで物理的な土の破壊をするのではなく、イトミミズなどの水中微生物・小生物の働きを活発化させることで、「生物的に起こす」ということなのです。
「生物的に起こす・・って?」というイメージですよね!

 その結果が上の写真なのです。実は、前年の稲の切り株は土の表面から8〜10センチほどで刈り取るのですが、上の写真は数センチでているだけにしか見えませんよね!?
 これこそが、生物的に起こせているという現象なのです。

 除草剤を使わずに、生命力を最大限発揮させ、独自の技術力により無農薬・無化学肥料栽培を実践し、うまい米づくりにつなげます。
あづみ野天恵楽園の農場だよりへ
百姓一徹 中道農園 今日は良い天気!
2013年 9月 9日
ガンガン刈たってます。
ガンガン刈たってます。
雨の続きでしたが、最高の天気です。
稲も満足してるようです。^ - ^
百姓一徹 中道農園の農場だよりへ
おいしいファーム のうかごはん・・・降雪・・・
2013年 2月 15日
ウルイ
ウルイ
二月も後半。
春の訪れも感じるような…
まだ遠いような…f^_^;

新庄の累積降雪量は、昨日現在で680cmを超えました。
もうすぐ7m‼
すごいですね。
青物が少なく時期ですが、促成栽培のウルイをいただきました。
白だし和えにして、食卓へ。
味も見た目も、ちょっと春に近づいた感じです(^_^)
おいしいファームの農場だよりへ
越前「田んぼの天使」有機の会 有機米100%お米ぱんのプレゼントのお知らせ
2013年 2月 9日
有機コシヒカリ「田んぼの天使」で作った山高食パン、あんぱん、 ロ−ルパン
有機コシヒカリ「田んぼの天使」で作った山高食パン、あんぱん、 ロ−ルパン
昨夜から黙って静かに降った雪。朝起きたらまたまた一面真っ白の景色にほーっと一息。立春を過ぎたとはいえ、降り積もる雪に消えては降り、また消えては降り積もる内に、春の兆しが少しづつ感じられてくるのだろうとこの時期毎年思います。

昨年暮れに年間ご予約をいただいた方々にささやかなお礼として、私共の作っている有機米コシヒカリ100%で作ったお米ぱんをお送りしたところ、モチモチしてとても美味しいと沢山のお声をいただきました。
そこで、30k玄米をお求めいただくお客様、これから年間ご予約いただくお客様限定になりますが、
   山高食パン   2個
   こしあんぱん  2個
   ロールパン   1個
をプレゼントさせていただくことにしました。

有機コシヒカリ「田んぼの天使」を福井名産「羽二重もち」の粉を引く粉屋さんにお願いし微細粉にしていただき、学校給食に納入されているパン屋さんに試作を重ねていただいて、6年前にこの米ぱんが誕生しました。
最近米ぱんはそう珍しくなくなりましたが、小麦粉を使わず有機米100%の米ぱんはあまり見ないようです。
地元だけで販売しておりますが、美味しいと評判で、遠くから求めに来る方や、この甘みと食感が大好きな方が多くなられました。
今回は4月一杯までのご予約の方にさせていただきたいと思います。

家の前の50aの湖のような有機冬水田んぼの上に、ちらちらちらと舞い落ちる雪、本当にしんしんと静かです。
春待ち遠しいこの頃です。 
越前「田んぼの天使」有機の会の農場だよりへ
田伝むし お待たせしました!新米の出荷開始します。
2011年 11月 3日

お待たせしました!無農薬ササニシキの新米の出荷を開始します。今年は震災がありお米の作付が出来るか分からないという不安もありましたが何とか収穫を迎えることができました。私達の地域は幸い放射能の値も低く、お米の検査でも検出されませんでした。例年通り?草取りには難儀させれましたが、逞しい稲が育ってくれました。完熟した無農薬ササニシキをどうぞご賞味下さい!
田伝むしの農場だよりへ
北風浪漫 23年産新米販売開始
2011年 11月 1日

23年度産新米販売開始いたします。
北海道名寄産はくちょうもちをどうぞよろしくお願いいたします。
北風浪漫の農場だよりへ
松下農園 稲刈が終わりました。
2011年 10月 7日
この稲木が完成した後に倒れました。
この稲木が完成した後に倒れました。
毎年、稲木を建て天日干しのお米を収穫していましたが、台風12号と15号で稲木が倒れ稲刈が遅くなるのでコンバインで稲刈しました。「天日干し」でないお米を販売するのは初めてです。これが普通なのでしょうが私にとっては一大事です。野菜に使う稲わらも取れませんでした。でも、稲木に稲を掛ける前だったのでお米は大丈夫でしたが、とても残念でした。来年は、どんな年になるか分かりませんが今までのような稲木を建て「天日干し」を食べて頂けるように頑張ります。今年は普通のお米でよろしくお願いします。
松下農園の農場だよりへ
うじいえ農場 大地震から2週間
2008年 6月 29日

14日岩手宮城内陸地震発生!!怖かった!!その時私と主人は自宅から5キロ程離れた転作田の大豆の種まきをしていました。主人はトラクターで播種作業中、私は軽トラックの中、上下に強く揺れたかと思うと、今度はひっくり返りそうな位に横に揺れ 回りは何もかもが大きく動いていました。 目の前の家の門がバタンと一瞬の間に倒壊するのを目にした時は、どれだけ大きな被害になるか恐怖で震えが止まりませんでした。 幸い、我が家の家族全員無事、建物は少々の被害ですみました。テレビで放映される駒の湯は家から直線でわずか30キロの所にあります。 
 今回の大地震に際し皆様からお見舞いや、励ましのお電話・ファックス等を頂きまして本当にありがとうございました。
うじいえ農場の農場だよりへ
風土ファーム はじめまして!北海道 風土ファームです
2006年 11月 22日
今年9月の風景です。
今年9月の風景です。
はじめまして。北海道の北、美深町でもち米を栽培しています、風土ファームの加川です。
このたび、厳選米ドットコムさんでもち米と黒米を販売させていただくことになりました。
美深町は冷涼な気候を活かした減農薬栽培に取り組んでおり、全面積が北のクリーン農産物表示制度「YES!clean」の認定を受けています。
北海道の今年の作況指数は105と、よい作柄に恵まれました。品質のほうも大変良い物に仕上がっております。是非一度ご賞味いただいきますよう、お願いいたします。

これから北海道は深い雪の季節を迎えます。
今日は、今年最初の大荒れの吹雪となっています。
ひと夏頑張って恵みを生んでくれた田んぼも、真っ白なお布団をかぶって、しばしの休息に入ります…。
風土ファームの農場だよりへ
米の太田屋 全自動炊飯器 ”ヌカガマ”
2006年 11月 7日
もみがらを燃料にして炊くカマドです。
もみがらを燃料にして炊くカマドです。
毎年出来秋に ”ササシグレ”の新米を ”ぬかがま”で
炊飯しています。今年は秋の天気に恵まれとても良い出来
です。画像から香をお届けできないのが残念です。
米の太田屋の農場だよりへ
もんでん農場 有機ひとめぼれのセール開催(7/1〜)予告
2006年 6月 27日
有機栽培の機械除草、一日15〜20km歩きます。
有機栽培の機械除草、一日15〜20km歩きます。
いつもご愛顧ありがとうございます。

7月1日〜31日の1ヶ月間、有機ひとめぼれ(玄米30kgのみ)のセールを開催いたします。(お一人様1個限定)

どうぞこの機会に「有機栽培」のお米を体感してください。
もんでん農場の農場だよりへ
お米を探す(お米の特徴から)
有機JAS認証のお米 有機JAS認証米
特別栽培米の基準を満たしたお米 特別栽培米

無農薬栽培のお米 農薬:使用なし
減農薬栽培のお米 農薬:5割以下
無化学肥料栽培のお米 化学肥料:使用なし
減化学肥料栽培のお米 化学肥料:5割以下

29年産 新米予約 受付中new
29年産 新米 販売中new

玄米 分づき米 胚芽米 発芽玄米 無洗米 米粉 もち米 おもち 雑穀米 天日干し 真空パック ギフト対応商品 プレミアム割引対象商品

お客さまの声

お米を探す(予算から)







お米を探す(生産者・産地から)

産地マップからお米を探す



お米を探す(品種リストから)


厳選米ドットコムは「FOOD ACTION NIPPON 食料自給率1%アップ運動」に参加しています。

「厳選米ドットコム」は、シマンテックのセキュア・サーバIDを取得しています。
ご注文情報はSSL暗号化通信により保護されます。
ご安心してショッピングをお楽しみください。


はじめての方へ  -  よくある質問  -  出店するには(生産者の方へ)  -  お問い合わせ先
お友達紹介プログラム - プライバシーの考え方 - 利用規約 - サイトマップ
安全で美味しいお米の産直販売サイト